2005/12/21

vienne(ヴィエンヌ:ウィーン)  お楽しみ

久しぶりの日記更新です。先週の金曜日(16日)で語学学校は終了。2週間の冬休みに。そこで、日本からヨーロッパに来ているMちゃん達が、土曜からウィーンに行くと聞きつけ同行することに決めました。2泊3日と言う短期間でしたが、しっかり堪能してきました!!クリックすると元のサイズで表示しますこれは、ウィンの中心にあるStephansdom(シュテファン大聖堂)。長年蓄積された汚れを落とす為、常にある一部分が覆われているようです。ウィーンは、パリから飛行機で2時間余り。ウィーンの空港から町の中心地までは、国鉄で20分ほどとっても便利。そして何よりも、ウィーンの中心地はパリと違ってとってもこじんまりとしてるので、観光・食べ歩きもとっても楽チン。
ウィーンで研修経験のあるMちゃんのアドバイスに従い、3日間地下鉄・市電乗り放題のチケットを空港駅で購入し、準備万全。
クリックすると元のサイズで表示しますちょうどお昼過ぎに到着したので、お腹はぺこぺこ。さらに、パリに比べて確実に3〜5℃は気温が低い!!体を温めるため、Gulasch(グーラッシュ)という、ビーフシチューに似たスープとパンで昼食。ふと外を見ると、な、なんと雪が舞ってるではありませんか!!
もう少し、街中を散策するつもりでしたが、寒さに負けホテルへ。夜は、文化人が集まったカフェとして有名なCafe Central(カフェ・ツェントラル)へ。クリックすると元のサイズで表示しますここでは、ウィーン名物のWiner Schnitzel(ヴィナー・シュニッツェル)に大満足!!クリックすると元のサイズで表示します画像が暗くてわかりにくいですが、お皿からはみ出んばかりの大きさの仔牛のカツレツ。こんなに大きいんですが、なぜかペロッと平らげれるんですねぇ。もう一皿いけたかも、、、
その後は、場所を変え、有名なSacher Hotel(ザッハ・ホテル)のカフェへ。クリックすると元のサイズで表示しますお土産用の木箱に詰められたSacher Torteは、ショップで購入することが出来ます。
ウィーン初日は、小雪の舞い散るとってもロマンチックな(いや、それより顔が凍りそうな位寒い!!)一日でした。2日目の様子はまた明日のお楽しみです!!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ