2005/5/7

三十路ーず集合!!  お楽しみ

今日も広島でのお話を、、、
5月5日こどもの日でありながら、われら三十路ーずはメンバーの一人が購入した広島の中心地にある2LDKのマンションに集合。
各自の得意料理を作り、昼真っから「宴」です。
私が作ったのは、「ベトナム風生春巻き」と「ベトナム風揚げ春巻き」。大好きなんですこの2品。ライスペーパーをさっと水に通し、広げたラップフィルムの上に。さらにラップフィルムをかぶせ、水を通したライスペーパーを。これを必要な枚数分だけ繰り返し、最後の一枚を載せ、ラップフィルムをかぶせたら、さかさまにします。そうすると、最初のライスペーパーはやわらかく戻っています。
「生春巻き」の具には、豚肉の薄切りを湯がき千切りにしたもの、サニーレタスの千切り、緑豆春雨の戻したもの、根と芽をとったもやしを混ぜ合わせ、塩・こしょう・ニョクマム・ごま油で味付け。別にむきえびの湯がいたものとニラを15cmくらいに切ったものを用意し、巻いたときにえびが透けて見え、ニラが両端からはみ出すように具を載せて巻いていきます。
「揚げ春巻き」の具には、むきえびの粗みじん、豚挽き肉、緑豆春雨、干ししいたけ、ニラを混ぜ合わせ、塩・こしょう・ニョクマムで味付け、つなぎに卵黄を入れよく混ぜます。戻しておいたライスペーパーを半分に切り具をのせ巻き、170℃くらいの油で揚げます。
もどしたライスペーパーは引っ付きやすいので、巻き終わりの接着には何も塗る必要はありません。その代わり、ラップからはがすときに注意しましょう。
「揚げ春巻き」は、レタスと好みでミントの葉に包んでいただきます。
今回用意したソースは市販の「スイートチリソース」
その他に、「トマトとバジルのブルスケッタ」「おからのコロッケ」「アサリとシソのパスタ」「かにのトマトクリームパスタ」「かぼちゃのサラダ」「グリーンサラダ」とゴージャスなメニューでした。
昼過ぎから食事をはじめ、おなかいっぱいになったら昼寝をし、起きたらまた食べと延々8時間あまり。幸せな一日でした。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ