2005/7/31

連日の、、、  グルメ

パルマ産の生ハムとメロン。絶妙の組み合わせです。
食いしん坊振りを発揮です。
まず、昨晩は、友人二人を我が家にお招きし、ワインパーティーでした。
以前に頂いた、北海道の白ワインをアペリティフに、ロゼ、赤と頂きました。
お料理は、と言うと、前菜に、生ハムメロン、エスニック風焼き鳥、えび・トマト・アボカドのサラダ、夏野菜のポークカレーに、チーズ、パン。
いやあ、どれもおいしかったあ。それだけでなく、女三人集まれば、、、おしゃべりがとまらず、終電手前まで花が咲きましたが、それでもしゃべり足りなーい!!と、なりました。
そして、本日は、数年前の卒業生4名とその中の一人が働いていたお店にランチに行きました。場所は、天王寺からJR大和路線に乗って王子まで行き、その後バスで数駅の住宅街にある、老舗フレンチ「楡の木」。
お料理は、スタンダードコースを注文。メインは4種類から選べるのですが、ここは、ちょっとわがままを言って、シェフにお任せしました。
まず、前菜の盛り合わせ。ホタテの香草焼き、ツナのフラン、かぼちゃの冷たいスープカリフラワーのムース添え、サーモンのたたきのサラダ、かにのリゾットのコロッケと、盛りだくさん。ボリュームも合って、どれもこれもおいしい!!
メインは、全部で6種類。ポークカレー、子羊のロースト、かものロースト、真鯛のポワレ、車海老のフライ、ビーフストロガノフ。本当に、お世辞抜きで、どれもこれもおいしく、ソースもすべてパンで食べちゃいました!!
そしてデザートが2皿。グレープフルーツを使ったさっぱりの1品と、チョコレートケーキ、レアチーズケーキ、クレーム・ブリュレの盛り合わせ。
もう、お腹いっぱいです!!
マスター、シェフはもちろんのこと、お店で働く皆さんとっても親切で感じがよく、地域に根付いたお店と言う感じでした。
少し、中心地から離れてますが、機会があればぜひどうぞ!!
「楡の木 にれのき」 http://www7a.biglobe.ne.jp/~nirenoki-chef/クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/28

マカロン  お楽しみ

最近、家でお菓子を作ることが多くなってきました。もちろん、必要に駆られてのことなのですが、、、シュークリームにタルト、ロールケーキ、プリン、シフォンケーキなどなど。
ボウルがひとつもない台所で、大き目のサラダボウルや、どんぶりを使ってます。
材料も、少しは「製菓材料店」なるところから買いましたが、もっぱら「近所のスーパーで手に入る材料」で、出来るお菓子が中心。
そんな中でも、数年前から日本でも大人気となり、今じゃあ、どんなお菓子屋さんに行っても見ることの出来るこのお菓子「マカロン」には、あえて手を出しませんでした。
というのも、あまり得意なほうじゃないんですよねえ。「マカロン」は、卵白にお砂糖を加えてあわ立てた「メレンゲ」に、粉砂糖とアーモンドパウダーを加え、丸く絞って焼く、ただそれだけのものなんですが、メレンゲの泡立て具合、粉類を入れてからの混ぜ具合、絞りのバランス、オーブンに入れる前の生地の乾燥具合、オーブンの温度などなど、細部にわたって神経を集中しないと、「表面パリッと、中ネチッと」の食感がえられず、また、特徴でもある表面のつややかさと、周りにはみ出した「ピエ」が出来上がらないのです。
そう思いながら、「よしっ!!」と気合を入れて出来上がったのがこの写真のマカロン。中々のできばえに、思わず記念撮影してしまいました。
食用色素や、エッセンスが何もなかったので、これは、本当のプレーン。中にはアプリコットジャムを挟みました。
さあ、次回はゴマ風味に挑戦だあ!!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/27

台風一過  

台風7号が過ぎていきました。といっても、まだ東北のほうは影響が残っているかと思います。
みなさん、お怪我も被害もなく、無事に過ごせたでしょうか?
台風の超当たり年だった昨年。今年は、今のところ少しおとなしめ。ありがたいことです。大阪は、進路からずれていたので、風邪は強かったですが、被害はなく、風邪のおかげで、昨晩は涼しく、久々にぐっすり眠ることが出来ました。
ところで、今日の題名の「台風一過」。こんな漢字を書くってご存知でしたあ?
この言葉は、天気予報やニュースでよく耳にするのですが、つい、ほんの数年前まで、私の頭の中には、「台風一家」と漢字が浮かび、大小さまざまの台風の家族が日本から離れていく姿を想像し、「うーん、台風ってい1個で来るものなのになあ」と?????。『あったま悪いんじゃねぇのぉ〜』なんて思わないでください!!
耳から入った言葉が、勝手に頭の中で文字に変換される時、間違いだってありますよね、人間なんだから、、、(いやいや、PCの方が、もっと面白いことやってくれます)
みなさんも、台風が通り過ぎた時には、台風の家族に手を振ってくださいねぇ!!
0

2005/7/26

さすが大阪!!  グルメ

「大阪」と聞いて想像するものは人それぞれ。でも、「お好み焼き」とか「たこ焼き」といった「食べ物」をイメージする人は結構多いはず。いつの頃からか「粉もん文化」という言葉が生まれたぐらい、大阪には「粉」を使った食べ物が多く、また好まれています。もちろん生粋の大阪人である私も大好き!!小さな頃から、日曜日にはお家でたこ焼きをしたものです。そう、大阪の家庭には、かなりの確立でたこ焼きの機械があります。それもそのはず、大阪ガスの取り扱い機器の中に、たこ焼き機があるんですから。
そんな、「粉もん文化」を誇る大阪の中心地、梅田の阪神百貨店の地下、食料品売り場の一角に「スナックパーク」なるものがあります。
ここは、「行列の出来るイカ焼き屋さん」のあるところ。平日でもこのイカ焼き屋さんは本当に並んでます。
そこ以外にも、たこ焼きにお好み焼き、うどんにオムライスと、何でもあります。そして、何よりうれしいのがその価格!!
たこ焼きの原型とも言われる「ちょぼ焼き」(これは、たこ焼きの種を12cm四方ぐらいに流し、天カス(関東で言う揚げ玉)や紅しょうが、ねぎなどを入れ焼き上げたもの。ポン酢しょうゆやお好みソースでいただきます)の、プレーンが105円。ねぎ入りで140円という安さ。買い物の途中で小腹のすいた時に助かります。また、オムライスも400円以下なので、お昼ご飯にもばっちり。着席することは出来ず、立ち食いで、セルフで水も飲めます。
お昼時は、OLさんやサラリーマンが、そして買い物途中の主婦も一人で気軽に楽しめます。
ばんざーい、食い倒れの街大阪!!
0

2005/7/24

恒例の  お楽しみ

ワイン会でした。大阪市内にある友人のおうちに、15時に集合。
先日のフランス旅行で購入してきたロゼワイン、我が家3年ほど寝かせていたブルゴーニュの赤ワイン、そして、友人が用意してくれた、マコンの白ワイン。
お料理は、クスクスのサラダ「タブーレ」、生春巻き、野菜たっぷりのスペイン風オムレツ、小芋のころころ揚げ、スモークサーモン、フォアグラのテリーヌに、チーズなどなど。
「おいしいもの食べ過ぎぃ!!」との声が聞こえてきそう、、、
デザートは、近くの「La Plageラ・プラージュ」と言う、関西人気のお菓子屋さん間で足を運びました。
ワインもお料理もどれもおいしく、話題は、仕事のこと、先日行ったフランス旅行のこと、おいしいレストランのことなどなど、尽きません。
ふと気付くと、時計の針は22時30分!!
次回は、レストランでの再会を約束して、最終電車がなくなる前に帰路につきました。クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/22

街中に、、、  

昨晩は、梅田でご飯。帰りに、あっと驚く光景を目にしました。それは大きな水槽!!全部で4つぐらいあるでしょうか。それぞれ、違う種類の魚が入っています。
一つ目の水槽には、あの「ニモちゃん」が!!まあ、かわいい。
お隣の水槽は、、、なまずやピラルク(同行した友人が名前を知っていました)などの大型魚が水槽の中で窮屈そう
次は、また大きなお魚達。鮫がいました!!水槽の壁面にはコバンザメまで、、、
そしてまた小型魚が、何百匹いるでしょう!!
最後は、また「ニモちゃん」がいました。
歩行者にとっては、話題性が合って、特にお子様は大喜びのはず!!でも、魚さんたちは、ちょっと窮屈な環境で、かわいそうに見えてしまいました、、、
場所は、阪急かっぱ横丁のすぐ近くです。
それにしても、水槽のお手入れも大変だろうなあ。
0

2005/7/21

le pilier  グルメ

友人達の非難の言葉を感じながら、昨夜もおいしいもの食べに行ってしまいました!!
言い訳のようですが、名古屋から友人がわざわざ出てきてくれたので、「おいしいもの食べに行こう!!」ってことになったんです。
場所は玉造。このレストランに行く以外では、下車したことのない駅です。詳しくは、STUDIO Jun’s食べ歩記を参照ください。
このお店の女性シェフが料理を作っている時は、声をかけるのをためらうほど、周りから「おいしいもの作るぞオーラ」が出ていますが、一歩厨房を出ると、ホワッとした柔らカーい雰囲気の女性に代わります。
そんな雰囲気がここのお料理にも現れているのではないでしょうか?
自家製のオリーブ(絶品!!)、自家製の野菜のマリネ(レンコンやみょうがが入っていて、健康になりそう)、フォアグラとブルーチーズ、イチジクを合わせたお料理(正式名を忘れてしまいました)、仔羊のローストとメルゲーズ(しっかりした味付け)に、デザートをいただきました。一番のお気に入りは、フォアグラの1品。以前、同じお料理を、la tourtougaでいただき、私の中でフォアグラ料理の3本の指に入るおいしさでした。le pilierでも、同じお料理なんですが、微妙に違う!!味付けもバランスも、より女性らしい1品になっていました。お皿に残ったソースを持ち帰りたいぐらい!!3本の指に入ったことは、間違いありません。ぜひ、試してみてください。
そんな、幸せなひと時を過ごしたのでした。クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/7/20

明日から  

わーい!!
と言う声が聞こえてきそう!明日から夏休み、、、のようです。
今朝は、お隣の小学校、運動場で終業式。校長先生のお話が聞こえてきます。
夏休み中に事故に遭わないように気をつけましょう、と言う簡単な一言ですが、相手は、幼稚園から来たばかりの1年生から、もうすっかり大人びた6年生まで。一緒に並んでお話を聞いているんです。6年生にはすぐに理解できる話方でも、1年生にとっては「はーっ!?」って感じ。なので、校長先生は、例え話で、みんなにわかりやすく注意を与えてました。
白い車=救急車、黒い車=パトカー、赤い車=消防車と例えて、休み中にそれらの色の車に会う事のないように楽しく過ごしてくださいね、と。
思わず、「座布団1枚!!」と言いたくなるようなわかりやすいお話でした。
明日からながーい夏休み。みんな楽しく素敵な夏休みになりますように!!
人生の夏休み中のharuyoのお願いです。
0

2005/7/19

みなさんは、どう思いますか?  

一週間ほど前のニュースです。東京都知事の昨年10月の発言が事の発端。何でも、「フランス語は、数の数えられない言葉。国際的な言語としてむべなるかな」と公共の席で発言しました。それに対し、日本でフランス語学校校長のフランス人や日本人を含む21名が謝罪広告の掲載と、慰謝料を東京地裁に提訴しました。それに対して、石原都知事は、定例の記者会見で、フランス語の数字の数え方を記者に向かって質問。70=60+10、80=4×20、90=4×20+10と言った数え方を例に挙げ、その不合理性を指摘。その反面、「学生時代からフランス文学に興味があり、フランスの文化派尊敬している」などと、フランスが好きだとの発言も。しかし、「何でも訴えればいいもんじゃない。フランスの政府に文句を言ったらいいじゃないか」とあまりにもちんぷんかんぷんな答え。普通の政治家なら口にしないことをサラッと言いのける石原都知事ですが、今回ばかりは、ちょっと子供の言い訳のようで、がっかりしました。
確かに、フランス語の数字を覚えるのには一苦労しましたし、いまだに、スラすらっとは出てこないし、数字を早口で言われた時には、かなり気をつけないと、聞き逃してしまいます。
でも、こういった数字の数え方、おつりを渡す時に、足し算をしていく独特の方法、こういったものが、フランスの文化を作ってきた物事のひとつような気がします。
その国の言葉を否定するともとれる発言は、やはり、注目度の高い公人がすべきことではないことなのではないのでしょうか、、、?
皆さんはどう思われましたか?
注:本文中の石原都知事の発言は、原文のままではありませんので、ご了承ください。
0

2005/7/18

ミーンミンミン  

みなさん、最近騒音で悩まされてませんか?騒音と言っても、自然のものなので、車のエンジン音や工事の音などに比べると、ずーっと気持ちのいいものですが、この鳴き声を聞くと「夏到来!!」って感じですよね。私の家の周りには、結構緑がたくさんあって、そのおかげで、せみの生息度はかなり高い。木の周りには、たくさんの穴が開いていて、その木を見上げると、たくさんの抜け殻が、、、この写真では、8個ぐらいしか写ってませんが、よーく見ると、16個の抜け殻を発見。すごい数です。その周りの木にも、たくさんの抜け殻があり、朝のせみの鳴き声の理由がわかります。今は、クマゼミが主流。まだまだこれから夏本番、ツクツクボウシの鳴き声が待ち遠しいクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ