2005/10/19

la figue de Barbarie  グルメ

クリックすると元のサイズで表示します
これ、なんだかわかりますか?わかった人は、かなりの果物通!!
実は、サボテンの実で、フランス名la figue de Barbarie(ラ・フィグ・ドゥ・ババリ)と言います。以前から、市場でよく見かけていたので、気になっていたのですが、この外見に手に取る勇気がなかったのです、、、が、昨晩、夕食前に役所への用事で出かけていたモーリスが、袋を提げてご帰還。何が入ってるのかと思うと、このfigue de Barbarieが二つゴロンと入ってました。
夕食後、食べ方のわからない私のために、モーリスが見本を、、、
まず持ち方ですが、黒いぶつぶつの部分には、小さなとげがあるので、それが指に刺さるととっても痛いので、とげに逆らわないように、細いほうを上にして軸の部分を持ちます。その後、その周りに上下2箇所切り込みを入れ、それを結ぶように、たて二位本切り込みを。良く熟れている場合は、簡単に、皮をむくことが出来ます。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、皮がむけた中身は、真っ赤か!!小さな種がありますが、これも木にせずに食べてしまえるそうです。味は、少し熟れてやわらかくなり始めた柿に似てるでしょうか。
最近の果物かと思ったら、地中海地方では、昔から良く食べてるものだそうです。
このfigue Barbarie、実際にサボテンからもぎ取り、太陽の熱で少し温まった(生ぬるいぐらいだと思うのですが)ものが、とってもおいしいとか、、、たいていの果物を冷やして食べる私達日本人とは、また違った味覚なのかもしれませんね。
まだまだ、未知の果物はたくさんあるようで、これからの開拓が楽しみだな!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ