2005/10/28

la muse vin  グルメ

クリックすると元のサイズで表示します
LE MUSE VINの外観
やはり、食べ物のお話になってしまいますねぇ、、、いやいや、人間にとって食べることはとっても大切なことだから、、、
昨晩は、10年来で家族ぐるみで付き合っている友人とお母さんと彼女の友人達と一緒にお食事に。友人のお母さんは、お仕事がら、おいしいものを出すレストランにとっても詳しい!!今晩も彼女の選択で、最近とっても注目度の高い、rue de Charonneにある、ワインバー兼ビストロへ。ワインバーと言うと、余り食べ物に期待できないことが多いのですが、ここは違います。お料理にもこだわりを持っていて、フレンチとイタリアンを混ぜたような、でも、やはりベースはフランスの家庭料理。
前菜とメインか、メインとデザートの2皿で25ユーロ、前菜、メイン、デザートの3サラダと30ユーロと、妥当なお値段構成。それぞれ、5〜6種類の選択があります。
ワインは、このお店のオーナーと従業員が自ら、ワインの生産地に出向き、味を見、納得したものだけを生産者から直接仕入れているそうです。
私達の選んだ料理と、私達のワインの好みを伝えると、デキャンテした赤ワインを持ってきてくれました。「どこのワインか当ててみて!」とうれしそうな顔、、、ボルドーでもブルゴーニュでもない味わいに首をかしげていると、「les beaux de Provencesのなんだよ。とってもこの味が気に入ってるんだ。」クリックすると元のサイズで表示します彼の言うとおり、飲みやすく、フルーツの香りが漂う、でもしっかり目のワインでした。
クリックすると元のサイズで表示します前菜には、スモークサーモンとフロマージュ・ブランのロール、ロケット菜のサラダ。
クリックすると元のサイズで表示します
これは、友人が選んだメイン料理。子羊の煮込み。彼女は翌日に日本に帰るため、日本では余り食べることの出来ない、子羊を選びました。これには、紫色のジャガイモが一緒に煮込まれてあって、お肉もとっても柔らかく、ジャガイモもホクホクでした。
クリックすると元のサイズで表示します
メインを食べ終え、すでに全員お腹いっぱい!!でも食いしん坊ばかりが集まったので、5人で2種類のデザートを注文しました。これはその内の一皿、チョコレートケーキですが、中身がとろとろです。横に添えてるクリームは、ココナッツ風味です。
どれも、とってもおいしく、味付けも私にはぴったり。自然の味を生かしたものでした。もちろん、勧めてくれたワインもあっという間においしくいただきました。
ボージョレー・ヌーヴォー解禁の日の再会を近い、楽しい夜は幕を閉じました、、、
お店の情報は、Read Moreで、、、
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ