2005/12/13

la citrouille(ラ・シィトゥルイユ:かぼちゃ)  パリ

先日、いつものように日曜の買い物にrue LEPICに出かけたところ、偶然「フランス郷土市」が開かれていました。そんな中でひときわ目を惹いたのがこのお店。クリックすると元のサイズで表示しますそう、かぼちゃ専門店です!!世の中に、こんなにたくさんの種類のかぼちゃがあろうとは、夢にも思ってませんでした。日本では、地域や人によって、「かぼちゃ」って言う人と、「ナンキン」って言う人がいるように、フランスでは一般的に「la citrouille:ラ・シィトゥルイユ」と呼ばれますが、「le potiron:ル・ポティロン」と言っても通じます。(同じものを指し示すのに、どうして女性名詞と男性名詞なんだろう、、、フランス語って不思議だわ)
クリックすると元のサイズで表示します日本でおなじみの色や形とは全く違った、どちらかと言うと「装飾用?」と思わせるものがズラリ。クリックすると元のサイズで表示しますフランス人にとっても珍しいものが多いらしく、それぞれのかぼちゃの名前に料理法、味の特徴が親切に示されていました。クリックすると元のサイズで表示しますそしてなんともフランスらしいのがこれ。ミニかぼちゃ盛り合わせのラッピング。とっても素敵だけど、これを頂いた人はどうするのかしら?飾るのかしら、それとも食べちゃうのかしら、、、?これからの季節、こんなかぼちゃ達で作った、あったかあいポタージュが恋しくなりますね。クリックすると元のサイズで表示します最後におまけのひょうたんさん。これもかぼちゃの仲間だったのね
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ