2005/12/30

Le Pave  グルメ

昨日は、まずお昼に、今回のVienne旅行の行きの飛行機で、偶然隣り合わせになったフランス人Philippeと、友人Ayakoさん主催のFeteで知り合ったパリ在住のKeikoさんとお昼をご一緒に。
Philippeは、フランス南西Carcassonne出身で、現在はパリ在住。妹さんが2005年3月より東京でフランス語教師として滞在しており、Philippeもすでに今年2回も東京に行き、日本の大ファン!!そんなことから会話は始まり、パリ=ウィーン間ずーっとおしゃべりを楽しみ(と言っても90%はPhilippeがおしゃべり)、パリでの再会を約束して別れたのでした。そして、Keikoさんは、私のキャラやパリに来た目的などを知っているAyakoさんが「絶対にお話が合うはず!!」と紹介してくれ、まさにその通り!!とっても生き生きとパリでの生活を楽しんでいるKeikoさん。年齢も近いことも手伝い、すっかり意気投合し、今回の3人でのお食事となりました。日本好きのPhilippeの案内で、Opera近くにある和食屋さんへ。久々にうな丼を頂きました。ごちそうさまでした、Philippe!!Keikoさん、楽しかったねぇ!!
そして夜は、日本からお仕事のお休みを利用してフランスに来ているK・Mちゃんと、彼であるM・Yくんとお食事。
Cちゃんと再会したときもそうでしたが、ありがたいことに、インターネットが発達しているこの世の中。Cちゃんとも、K・Mちゃんとも、メールの交換をしたり、私の日記を読んでもらったりしていたので、実際に会うのは約3ヶ月ぶりでありながら、情報を共有出来ているので、距離を全く感じませんでした。
K・Mちゃんと、M・Yくんとのお食事に私が選んだのは、前回Mちゃんたちと行った「LE PAVE」。場所はメトロChateletの近くにあるとってもパリらしいお店。もちろんお値段も手ごろ。前菜とメインを数種類からチョイスできるmenuは、12,50ユーロのものと、16,20ユーロの2種類。小雪の舞い散る、とってもさむーい一日だったので、前菜には、Oignon gratine(オニョン・グラティネ)と言われる、あめ色になるまでじっくりいためた玉ねぎをベースにしたスープに、baguette(バゲット:フランスパン)の薄切りを浮かせ、グリュイエルチーズをたっぷりとのせてこんがり狐色になるまでオーブンで焼いたものを注文。クリックすると元のサイズで表示します表面のチーズとスープを吸ってふやけたパンに玉ねぎをスプーンですくい、ふうふう言いながら頂きました。そしてメインは、大好きなConfit de Canard(コンフィ・ド・キャナー:鴨のコンフィ)。クリックすると元のサイズで表示しますconfit(コンフィ)とは、脂漬けにしたり、脂で煮込んだお肉のこと。お菓子では、濃度の濃いシロップで炊いたフルーツのことですが、両方とも、じっくりと中まで火を通すイメージですね。なので、少し脂っこいイメージがありますが、Confit de Canardはお肉がほろほろと柔らかく、しかも脂で煮込んでるのでパサパサしていない!!絶妙な塩加減も私はお気に入りで、メニューで見つけるとついつい注文してしまいます。K・Mちゃん、M・Yくんは
、Pave de Boeuf(パヴェ・ド・ブフ:牛肉のステーキ)を選びましたが、こちらは3種類のソース(poivre:胡椒、roquefort:ロックフォール(ブルーチーズ)、beurre:バター)からお好みのものを選べました。私達が食事を楽しんでる間にも、どんどんお客さまが入ってきて、いつの間にか、カウンターでapero(aperitif:食前酒の略語、話し言葉としてよく使われます)片手にテーブルが空くのを待ってる人たちが!!
まだまだ私達のおしゃべりはつきませんが、レストランを後にし、メトロでお別れ。翌日にはSaint-Maloに行くお二人さん。年越しはMt.St.Michelだとか!!気をつけていってらっしゃあい!!
LE PAVE 7, rue des Lombords 75004 Paris
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ