2006/4/16

再びBaccarat  グルメ

昨日は、再び16区にあるCristale Room Baccaratへ。日本から、いらっしゃった100年来の知人とご一緒しました。
前回訪れたのが2月。それから比べると、メニューはかなり春らしい、お野菜ふんだんなものに変わっていました。
突き出しは小さなグラスに入ったカプチーノ仕立ての甲殻類のスープ。上には、紫シソの若葉がのってました。続いて、前菜。クリックすると元のサイズで表示します私が選んだのは、グリーンアスパラとクレソンのサラダ(トリュフエッセンスがたっぷりかかってました)、ホワイトアスパラをうすーくスライスしたものに熟成されたコンテチーズが。グラスには、少し酸味のあるゼリーが入っていて、そこに温かい魚介類のスープを注いでいただきます。バランスもよく、アスパラの火通し具合も絶妙でした。続いてメイン料理。クリックすると元のサイズで表示しますオマール海老に海草をのせて火を通したものと、鴨のフォワのソテー、クレソンのサラダにジャガイモのピューレ、甲殻類のスープカプチーノ仕立て。一種類ずつの味はよかったのですが、全体的なハーモニーはいまいち。それぞれが独立した料理に感じました。さあ、最後はデザートです。
クリックすると元のサイズで表示しますこちら、アロエ風味のムースに、アロエゼリーにライチリキュールで香り付けしたミルクのカプチーノ仕立てを注いだもの(グラスに入ってます)、角切りのマンゴに、こちらもライチリキュール入りのシロップが。ライチと、アロエの組み合わせはとってもバランスがよく、すっきりといただけました。しいて言えば、ムースにかぶされていた飴のドームが固くて食べにくかったことでしょうか。
実は、このレストランで驚きの出会いが!!12月のウィーン旅行で知り合った、フランス人のphilippe。ここ2ヶ月ほど、彼らのお仕事が忙しく、連絡もままなら無い状態でしたが、先日久々にメールで、「近い内に会おうねぇ!!」といっていたとこだったのですが、、、な、なんと私達の斜め後方から聞こえてくる聞き覚えのある声に振り向くと、、、philippeとjerome、そして彼らのアメリカからの友人ご夫婦が!!こんな偶然ってあるんですねぇ!!世間って狭い!!と感じた夜でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ