2006/5/3

Les Nympheas  パリ

きゃあ!!とうとう待ちに待った日がやってきたあ!!
6年間の改修工事期間を経て5月17日、Musee de l'Orangerie(オランジュリー美術館)が再オープンします!!
ご存知の方も、首をながーくして待ってられた方も多いかと思いますが、この美術館には、かの有名なClaude Monet(クロード・モネ氏)の「Les Nympheas:睡蓮」の連作があるんです!!特に、この美術館の地下の「睡蓮部屋」には、幅2m、長さ100mはある作品が壁一面に飾られており、別世界に迷い込んだ気分になれます。
Claude Monet氏は私の一番好きな画家さん。そして、このオランジュリー美術館で睡蓮の大作に出会ったのはかれこれ十数年前のこと。今でも、そのときの感動がよみがえってきます。その後、機会があって、モネが晩年をすごしたGiverny(ジヴェルニー)に行った時には、美術館で見た絵と同じ光景が目の前に広がっていたことに感動を覚えたものでした。
今回の改装工事により、自然光を程よくさえぎり、より自然の色合いの「睡蓮」を楽しむことが出来るそうです。ちなみに、5月17日から21日は再オープンを記念して入場料「無料」!!だそうです!!いそげぇ〜!!
詳しくは、下記のサイトで確認してくださいね!!
Musee de l'Orangerie http://www.musee-orangerie.fr/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ