2006/5/31

初!!Moulin Rouge!!  パリ

クリックすると元のサイズで表示します行ってきましたあ!!フレンチカンカンで有名なMoulin Rougeへ!!お気に入りのFromagerie(チーズ屋さん)のある通りのすぐ近くなので、何度となく前を通り、入り口にありポスターを眺めたことはありましたが、実際に中に入って、「スペクタクル」を観劇するのは初体験!!
私達の予約したのは、19時からのディナー付きの観劇。18時15分ごろに建物の前に着きましたが、中に入れるのは18時45分から。せっかくなので、Moulin Rougeから歩いて5分ほどのところにある、映画アメリ・プーランの舞台になったカフェでお茶。
時間になったので、ワクワクしながら、入場の為の列につきました。
真っ赤な絨毯が敷き詰められた、入り口ホールで、大きな荷物をコートを預け、パンフレットを購入し(1冊8ユーロ、日本語もあります)、座席まで案内してもらいます。
前方中央の舞台をぐるっと扇形に囲むように並べられたテーブルのひとつに着き、メニューを選びます。メニューは飲み物(ハーフボトルのワインかシャンパン)のセットで、140ユーロから。この金額に、入場料も含まれています。メニューを選んでいると、舞台のカーテンが上がり、まず前座とでも言ったらいいのでしょうか、歌のショーが始まりました。このショーが約2時間あまり。日本人のお客さんを意識してか、なんとフランス人女性の歌手の方、日本語でテレサテンの「ときの流れに身をまかせ」を熱唱して下しました!!食事を終えたお客様の中には、舞台前の小さなスペースでダンスを楽しみ方々も!!
デザートも終わり、お腹がいっぱいになったところで、いよいよお待ちかねのスペクタクルの始まりです。このスペクタクル開始から入場できる、飲み物(ハーフボトルのワインかシャンパン)のみで97ユーロのパターンもあります。
皆さんは、Moulin Rougeのショーと言うと、どんなものを想像なさるでしょうか?やはり、なんと言っても「フレンチカンカン」?それとも、胸をあらわにした女性達の踊り?
両方あります。ダンサーの女性達は、皆さんすらっと長い足に、贅肉が1gたりともついていないようなスーパーボディ!!胸をあらわにした衣装で踊ることもあれば、町娘のような衣装も。流れる曲に合わせて踊るだけでなく、歌を歌いながら踊ったり、その歌もフランス語だけでなく、英語の歌もあり、とってもバラエティに富んだショーでした。もちろん、ショーの後半に差し掛かったところで、かの有名な「フレンチカンカン」もあり、大満足!!の夜となりました。あんなにナイス・ボディの女性ばかりを見ていると、自分の姿を鏡に映したくなくなっちゃいます!!そうそう、ほぼ99%が白人のダンサーでしたが、お一人だけ、黒人の方が。フランスの国を主張しているような気がしました。
残念ながら、館内での撮影が禁止されておりましたので、素敵な女性達をお見せすることは出来ませんが、ご興味のある方は、どうぞ、公式HPまで!!
http://www.moulin-rouge.com
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ