2006/8/18

Alet les Bains  フランス

さて、私のヴァカンス話の続きを。
Cちゃんとパリ散策の翌日は、夕方にToulouseの空港で日本から来るKちゃんと待ち合わせ。彼女が、フランス校勤務時代から仲良くしているフランス人ご夫婦Janine&Robertのセカンドハウスへ。クリックすると元のサイズで表示します場所はCarcassonneから南に40kmほどのAlet les Bainsという人口400人の小さな町。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
11世紀に建築されたAbbayeとCathedrale、14世紀に建築されたEglise、クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
そしておいしいお水が湧き出る町として保養地として発展した町です。Robert曰く、私達が滞在した4日間、Aletの人口は402人になったとか、、、いやいや、小さな町と侮るなかれ、観光客が意外と多く、しかも、インターナショナル!!特にキャンプ場はComplet(満員)。クリックすると元のサイズで表示します町中を流れるAude川では、カヌー教室が開かれてました。毎夏のようにこの町を訪れるKちゃんはすでに住人たちともお知りあい。皆さん、「ああ、よく来たね。」と温かく迎えてくださいます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
そんな小さな町の八百屋さんはこんなに可愛い入り口。お肉屋さんは近くの町から車でやってきます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ご近所さんの飼い犬。とってもおりこうさん。Janine&Robert宅の猫ちゃん。ミニーはすでに18歳。最近気まぐれで、野外で毎晩寝ている不良(?)さん。
クリックすると元のサイズで表示しますAletのお水をたっぷり使った町の公営プール。クリックすると元のサイズで表示しますホテルの庭にある昔の城壁跡にて記念撮影。 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
町の中心広場にある歴史あるお家。「ノストラダムス」のマークが刻まれています。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますこんなかわいい通りがたくさん。クリックすると元のサイズで表示します
古い建物には、この地方独特の半球状の飾りが施されています。
パリに比べると、7〜8度は気温が高いでしょうか。まだ「夏」って感じの日差しが気持ちのいい日々でした。夏の期間は、コンサートや短編野外映画が開催されたりと、とっても活気のある町となります。車がないと、周りの街を訪れることが出来ませんが、ゆったりするヴァカンスにはピッタリの町でしょう!!
Janine、Robert、Kちゃんと周った近場の街々についてはまた明日のお楽しみに
0

2006/8/17

parisにて  パリ

携帯電話とカメラが到着しましたぁ!!これを発送してくださった知人、とっても丁寧に梱包してくださってました。ありがとうございますぅ!!
ということで、Cちゃんとご一緒したパリ再発見ツアー(というほど大げさなものではありませんが)
まずchicにFauchon前で待ち合わせ。ショーウィンドウのお菓子をチェック。クリックすると元のサイズで表示しますまあ、なんて派手なエクレアでしょう!!クリックすると元のサイズで表示します緑以外にも、こんな色のパターンが、、、ねじねじのキャンディのようです。ちょっとこの色合い、残念ながら私は食べたい!!とは思えませんでした。カラフルで可愛いんですけどね。気を取り直し、1er etageのサロンへ、、、と思ったら、なんと改装中で閉鎖!!セキュリティのおじ様がさりげなあく、「向かいにもサロンがありますよ」とライバルであるHediardへ目配せするではありませんか!!「あらあら、そんなライバルをおすすめしてもいいのぉ」なんて笑いながらFauchonを後にし、せっかく勧めてくださったのでHediardへ。くーっ、こちらもレストラン閉鎖中、、、じゃあ!!ということですぐ近くのLadureeへ。ここは行列が、、、さらに気を取り直し、サントノーレ通りのJean-Paul Hevinへ。やはり、chocolaterie、、、お休みでした。散々振られた私たちは、Cちゃんの提案で、Louvreのテラスにあるカフェにようやく落ち着きました。それにしても、観光ハイシーズンである8月であるにもかかわらず、なんとまあ「夏休み」をとっているお店の多いこと!!さらに、街中は工事だらけ。地元住民であるParisiensが少なくなり、交通量が少なくなる時を狙っての工事のようです。観光客にとってはマイナスイメージだと思うのですが、、、どうなんでしょうね
さあ、お次は、Paris Plageを眺めクリックすると元のサイズで表示します(こんなお子様向けのescarade、大人気でした)、サンルイ島の雑貨屋さんを覗き、その後お隣のカフェで念願のBertillonのアイス!!クリックすると元のサイズで表示します私の選んだのはpeche vigneのglace。フルーツの味がしっかりとして美味でしたCちゃんの選んだAgen産のプラムの入ったglaceも美味!!日本人にも有名なアイス専門店Bertillonの本店はこのサンルイ島にあるのですが、夏が稼ぎ時であるアイス専門店でありながら、8月は毎年お休み。何とか近くのカフェ(8, rue Jean du Bellay 4eme)でいただくことが出来ます。これもフランスの不思議ですねぇ。
そうそう、夏の風物詩、Tuillerie公園の移動遊園地も忘れてはいけません。
クリックすると元のサイズで表示します回転木馬に大観覧車。短いコースながら急流すべりや、結構激しいアトラクションも。安全対策は大丈夫かしら、、、と思いつつ後にしました。
夜は、おなじみのLe Paveへ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
アペロはキールとオリーブ。前菜はそれぞれ違うものを。こちらはパプリカのマリネ。パプリカの甘みがいい感じ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
あれっ、何のテリーヌだったかしら?メインは二人とも鴨のコンフィ!!相変わらず美味だわ!!しっかりいただいて、前菜・メインで12,50ユーロ(飲み物別)というこのお得さ!!お気に入りのお店です。
Cちゃんとのおしゃべりはとどまることを知らず、、、という感じでしたが、夜も更けてきたので、翌日の午前中に再会することを約束して別れました。Cちゃんのおかげで、今まで歩いたことの無い地域を散策したり、いまだに食べたことのなかったBertillonのアイスにありつけたり、、、と実り多い一日でした!!Cちゃん、Merci beaucoupヴァカンスの続きは、また明日。
0

2006/8/17

vacances  お楽しみ

携帯電話の無い生活6日目。まあ、普段から携帯に頼って生活するほど忙しいわけではないので、そんなに不自由はしていませんが、、、それよりも、知人宅に一緒に置き去りにしてきてしまった、デジカメの映像を早く見たい!!
ということで、本日も映像無しの日記です。
昨日は、とうとう仲良しのKちゃんが日本に帰国、、、お家に泊まってもらってたので、いっつも一緒におしゃべりしたりして楽しんでいただけに、ちょっと寂しいそんな彼女から、無事日本到着のメールが既に届きました!!テクノロジーの進化は素晴らしい
昨晩は、リヨンからいらっしゃった「リヨン学生日記」さんとKeikoさんの3人でいつものタパスバー「Les Pietons」へ。その前に、Rさんが紹介してくださったカナダ人画家のMarcさんのギャラリーへちょこっと顔を出しました。彼のギャラリーは、ChatletとCentre Pompidouの中間辺りにあります。アルファベットを題材にした彼の作品は、彼の人柄を表すような暖かい色使いでオリジナリティ豊かな素敵な作品。作品を作りながらギャラリーに訪れる方のお相手をされているMarcさん。いつも笑顔で温かく迎えてくださいます。次回は、ゆっくりおしゃべりを楽しみに行きたいものです。
そして、リヨンさん、Keikoさんとの夕食は、いろんなことのおしゃべりに花が咲き、そしてもちろんのこと、たっぷり食べて飲んで楽しい時間を過ごさせていただきました。
「チャーミング」という言葉がピッタリのリヨンさん。今日からは、日本からいらっしゃるご友人と楽しい日々を過ごされることでしょうお天気が続くことを祈って
さっ、今日は久々にお家のお掃除!!部屋の隅々に埃の渦が今日はカメラと携帯、届くかしら!?
0

2006/8/15

mes vacances  フランス

しばらくぶりです。
8月に入り、すっかり「夏らしさ」が過ぎ去ってしまったフランス、、、そんな中、わずかなお仕事のお休みを利用して、元職場の後輩Cちゃんが7日にパリ入り。8日に待ち合わせをして、パリ散策を楽しみました。
その後、9日からは仲良しさんのKちゃんと共にAlet les Bainsへ。人口400名の小さなピレネー山脈近くの村です。Kちゃんがフランス校勤務時代に仲良くなったフランス人ご夫妻のセカンドハウスにお邪魔しました。
そして、12日にパリに二人で戻ってきて、今はのんびりパリでのヴァカンスを楽しんでいます。
Aletでは、たくさんの美しい自然に囲まれ、マイナスイオンをたっぷり浴びて心も体もリフレッシュ!!あまりにも、のんびりゆったり気分に浸りすぎたせいか、なんと私の携帯電話と二人してデジカメを忘れてきてしまいましたなので、映像つきの日記はもうしばらくお待ちくださいませ!!
日本に一時帰国されてたKeikoさんも昨晩パリに戻ってこられました。今晩は、我が家でMaurice、Kちゃんを交えて4人で夕食ですワイン、足りるかしら、、、
では、みなさん、少し早いですが、Bonne soiree!!
0

2006/8/5

la petite reine  フランス

7月のパリカトでの授業が始まってから目を通すように(第1面の見出しを見る(読むのではなく)だけで終わる日がほとんどですが)なったLes Echos(レ・ゼコー)と言うフランスの経済紙。1紙1,20ユーロの新聞ですが、ありがたいことにパリカトではある一定数を無料でいただけます。授業は終わりましたが、昨日学校に用事があって寄った時に、ちゃっかりいただいてきました。
そこにこんな記事が、、、「フランス人は給料の1/4を住居関係に使用している」(2005年度のアンケート結果)
住居関係と言うのは、「家賃、もしくは家のローン」だけでなく「電気、ガス代」も含みます。この結果を生んだのは、「住居費の値上がり」が大きな影響を及ぼしているようです。それだけでなく、電気・ガス料金の値上がりも。
この6月にはドイツでサッカーワールドカップが開催されたことから、「プラズマテレビ」などの電化製品の売れ行きも伸びたそうで、すでに2005年の生活費では、「電化製品の購入」も伸びを見せていたそうです
「古い物好き」(ものを大切にするといった方が好意的ですね)と言われるフランス人ですが、ここ最近は、「新しい技術」に興味津々。フランスでは2家庭に1家庭がコンピューター(しかもノートブック)があるとか。これにデスクトップを加えるともっと割合が上がるでしょう。
そんな、「新しい技術」に魅かれるフランス人も、最近は「petite reine」を見直し始めてるとか、、、「petite reine」とはなんと、自転車のことなんです!!そういえば、最近、パリの街を颯爽と自転車で駆け抜けるParisiens, Parisiennesをよく見かけます。彼らは、通勤に自転車を使っているようで、パリ市自体も、「自転車専用道路」の確保を進めています。確かに、環境にも庶民の財布にも優しいですね、自転車は。意外とアップダウンの激しいパリ。来年のTour de Franceに出場できるかな!?
ちなみに、日本人はどんなお給料の使い方してるんでしょうね
0

2006/8/4

Vacances  パリ

Parisiens, Parisiennesの多くはすでにヴァカンスに出かけているようです。そんなガラーンとした(いや、観光客が怒涛のように押し寄せてるので、結構な人がいますが)パリをぶらっとご近所のLa Posteへ。
その帰りに見つけたのこ看板。パリ市のキャンペーン用ポスターです。
クリックすると元のサイズで表示します可愛い赤いかばんに「Paris Jeunes Vacances」(パリ、若者、ヴァカンス)の文字。てっきり、「子供達とヴァカンスに行こう!!」と言うキャンペーンかと思いきや、「予算が無くヴァカンスに出かけられないパリ在住の18〜28歳までの若者の為にパリ市が150ユーロの援助をします」と言うものでした。あまりもの太っ腹な内容にびっくり!!
家に帰って、詳しい説明が載っているサイトを覗いてみて、ちょっと安心。と言うのも、希望する若者誰も彼もに「援助金」を渡すのではなく、定められた申込用紙に(各区役所にあるそうです)必要事項を記入し、各区役所ごとに審査員がいて、その審査に通った方のみがこの援助を受けられるとか。残念ながら申込用紙を見ておりませんので、何が審査されるのか不明ですが、、、
「150ユーロ(約2万円)」と言うと、若者にとってはかなりの大金。さらにヨーロッパは28歳(いや26歳だったかな)の学生には色んな割引制度があり、150ユーロあれば、贅沢しなければ十分数日間のヴァカンスを楽しむことが出来ます。「若いうちに世界を見ろ」って言うことなんでしょうかねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します私もヴァカンスに行きたいワンうーん、犬年齢13歳は、若者とは言えないですよねぇ
0

2006/8/3

こんな時、、、あなたならどうしますか?  

7月中旬から、パリの街では色んなお店が「夏休み」に入ります。
我が家行きつけのお肉屋さんも7月末から8月末まで1ヶ月のお休み!!スーパーで購入するお肉は、煮込みなどにはむいてますが、ステーキなど、お肉の味が直に影響する場合は、やはり「お肉屋さん」で購入するに限ります。
そこで、今日はテクテクとrue d'Abesseにあるお肉屋さんまで。無事においしそうなお肉を手に入れ、ご機嫌で自宅へと向かうところで、、、
私の前を歩く親子(お父さんと小さな男の子)、とってもご機嫌で楽しそう。男の子はパパに肩車をしてもらっているのですが、、、な、なんとこの子のお尻がペロッと丸見えなんです思うに、お父さんが男の子の足をしっかり支え(ズボンと一緒に)、二人で歌を歌いながら弾むように歩いているこの弾みでズボンがずれてきたのでは、、、声をかけたかったのですが、あまりにも楽しそうな二人に水を差しそうで、さらにフランス語でお二人に恥かしい思いをさせないようにはどんな風な言い方をしたらいいのか、、、と思っているうちに、お二人は違う道に曲がって行っちゃいましたどなたか、こんな時のいいフレーズ、ご存知ありませんか?
それにしても、ちびっ子のお知りはツルンとして可愛かったなあ!!(あっ、変な意味はありませんから、、、)
0

2006/8/2

Japan Expo  アニメ・コミック

遅ればせながら、去る7月7,8,9日にパリ郊外VillepinteのParc d'expositionで行われた「第6回 Japan Expo」の様子を。
知り合いの紹介で、日本から参加された「Deleter」と言う漫画画材専門店のブースで販売のお手伝いをさせていただきました。ご紹介いただいた方には「マンガが好きじゃなかったら、ちょっと辛いかも、、、」と言われましたが、何を隠そう「キャンディ・キャンディ」「ベルバラ」世代の私。二つ返事で承諾したものの、マンガはおろか「絵」を描くのが苦手な私に、「画材」販売が務まるか心配でしたが、「Deleter」のSさんのおかげで「スクリーントーン」の使い方まで説明する始末。しかも、フランス語、、、いやあ、ちゃんと伝わってたのかしら、、、?フランス語で「販売」のお仕事をするのは初めてのことでしたが、とってもいい体験になりました。改めまして、Sさん、ご紹介くださったNさん、Tさん、ありがとうございました!!
では、会場の様子を、、、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
お手伝いさせていただいた「Deleter」のブース。たくさんの「漫画家の卵」さんが買いに来て下さいました。 お隣のブースには大阪から友人同士で「アニメグッズ」販売で参加。大阪のノリで場を盛り上げてくださいました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
「ようこそJapan」でおなじみの日本観光局のブースや、囲碁体験コーナーも。教えてらっしゃるのはフランス人でした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
昔なつかし「金魚すくい」に、「ガチャガチャ」が一斉集合のブースまで。
クリックすると元のサイズで表示しますおみくじに一喜一憂するフランス人達も。そして最後はやはりコスプレ!!クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します青星人のこのお姉さん、とっても足が長くって、、、彼女だけの写真でよかったんだけど、ご好意で一緒に写してくださいました。ちょっと怖い!?
最初は「日本のマンガ」「コスプレ」などをメインにしたイベントだったようですが、近年は「日本文化を紹介する」イベントにまで発展したようで、某○HKの取材もあったようです。このイベントのエージェンシーである「ユーロジャパンコミック」のサイトで詳しくどうぞ!!
0

2006/8/1

les Pietons  グルメ

パリに来て間もないころにMauriceに教えてもらったこのtapas' bar。場所はパリの中心地ChateletとCentre de Pompidouの間。とっても活気のある通りにはお手ごろ価格のレストランやバーが立ち並んでいます。
そんな中でひときわ目を引く黄色に黒(いや、赤だったかしら?)で闘牛の牛さんテントのこのバー。ハッピータイム(17時から19時だったかな)には、サングリア2ユーロ、生ビール2,50ユーロのお得さ!!そして店員さんたちは「スペイン系」美男子揃い。とっても陽気で愛想もよく、楽しい時間が過ごせます。←でもみなさん「あちら系」の方なんですねぇ。なので変にナンパされることもありませんのでご安心を。
tapas' barとあるように、おつまみはスペイン居酒屋風。
クリックすると元のサイズで表示しますお気に入りは、「イカリングのフリッター」。カリッ、サクッとビールがすすんじゃう。スペイン産ハムが入ったラタトゥイユ(写真左上)はちょっと不思議な味でした。そうそう、先日学校終了打ち上げパーティの際に注文したパエリアも中々のものでした。
とっても人気のあるお店ですので、テラス席を押さえるなら早めの来店をお薦めします。もちろん、団体でお食事も楽しみたい時は前もってのご予約を、、、
ちなみに、このバーのお隣はとっても体格のいいお兄さんばかりが集まるこれまた「あちら系」バーでございます。何か変な人に追いかけられた時は、このバーに飛び込むと助けていただけそう、、、(と、Rさんは友人に助言いただいたとか)
les Pietons
8, rue des Lombards Paris 4e
http://www.lespietons.com
PS:Hindiaの体調ですが、まだまだ100%とは言えませんが、今朝はいつものように元気に「ワンワン」吠えて朝食も超スピードで平らげてくれましたので、一安心。今は、私の足元のかごの中でゆっくりお休み中です(消化の為)。ご心配ありがとうございましたワン
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ