2006/8/30

日本料理、、、風。  フランス

今週から、久々にお菓子を作ってます。もちろん、お家でチョコチョコっとは作ってましたが、きちんと設備の整ったところで作るのは、実に久しぶり。友人のお手伝いなんですが、Biscuit Joconde(アーモンドをたっぷり使ったシート状に伸ばして焼くスポンジ生地)を作ったのも、生地をプレート(60×40cm)に伸ばしたのも実に2年近くぶり!!そんなこんなで、今日で二日目終了。うう、足がだるい、、、随分、怠けた生活送ってましたからねぇ、、、がんばって体力の回復をしていかなければ、、、
おっと、「タイトル」に関係の無いお話をダラダラしてしまった。
その友人と、お手伝いする内容を話し合うためにランチをしたのが、職場から徒歩2分ほどの「SAITAMA」と言うレストラン。cuisine japonaise(日本料理)のお店です。名前からご想像できるように、日本人が経営、運営しているお店ではなく、お店で働いてる人は全員中国の方。お鮨を握るのも、お魚をさばくのも、焼く鳥を焼くのも、注文をとってくれるのも、みんな中国人。でも流行ってるんですよねぇ!!
お店に入ったのは、ランチピークの12時45分ごろ。空いてるテーブルは2つほど。その2つもすぐに埋まり満席。ふと気付くと、空席を待つ人たちが、、、
こういった中国人経営・運営の日本食レストランは、「お鮨、お刺身、焼き鳥」の3種類が売り。お値段がとっても手ごろで、注文した品が出てくるまでも早い、それに「日本食=健康、太らない」と言うイメージが手伝っての盛況ぶり。
肝心の「味」はどうか、と言いますと、、、やっぱり、中国人が作った、「日本料理風」のお料理でしかありません。100%否定も肯定もするつもりはありませんが、いったいどのくらいのフランス人が、「本当の日本料理」と「日本料理風」の違いを理解してくれてるのでしょうか。そう考えるとちょっと寂しくなりますね。
そんなことを言いつつ、また近いうちに足を伸ばしてそうです、、、うーん、でも贅沢を言えば、握り盛り合わせのお魚のバリエーションを増やして欲しいなあ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ