2006/10/29

Salon du chocolat  パリ

Salon du chocolat前日の27日の夜は、招待された方だけが入場できる「Inauguration(開会式)」が行なわれ、その開会式の一環として、デザイナーとパティシエのcollaboration(共同作業)で作られたチョコのドレスの「defile(ファッションショー)」がありました。defileが行なわれるメイン会場の座席は、VIPの方のみで、私達はその外から背伸びしながら、チョコのドレスを身にまとった同じ人間とは思えないぐらいスタイルのいいモデルさんたちを堪能しました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
もちろん、私のバイト先も参加。アイデアは、デザイナーさんとシェフのものですが、レースの部分や、葉っぱは、私が作ったもの!!ほんの少ししかお手伝いできませんでしたが、自分の作った部品が実際にドレスになったのを見るのは感激でした!!ちなみに、このドレスを着てくださったのは、元ミスフランスのElodieさん。いったい、何を食べたらこんな素敵なスタイルになるんでしょうな!?このドレス、NYとモスクワで開催されるSalon du chocolatにも登場します。日本でのSalon du chocolatは、来年1月24〜29日が東京。その後、京都、小倉など全国5会場で開催されるそうです。あっ、でも残念ながら今のところ、このドレスが日本まで旅行するお話しは出ていませんのでこの映像で我慢してください
0

2006/10/29

Charles Proust  パリ

クリックすると元のサイズで表示します昨日から始まったSalon du chocolat。昨年以上の入場者だったようです。そんなSalonのイベントの一環として、「concours Charles Proust」が、9年ぶりに開催されました。競技内容としては、持ち込み(競技参加者が各自の仕事場等で製作)のPiece montee(entremets(お菓子)を飾る台を、アメやチョコレートなどを使って作り上げたもの)。試食審査に使用するentremetsが4台。競技当日の1時間半で、小型のentremetsを飾る台を作り上げることと、それにのせるentremetsを仕上げること。
クリックすると元のサイズで表示します(競技の模様)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します(競技中に仕上げられた作品)
参加されたのは12名(本来15名の予定でしたが、コンクール数週間前に骨折で棄権された方、前日にpiece monteeが壊れてしまった方、当日の朝の運搬途中にpiece montee画壊れてしまった方の計3名が残念ながら棄権されました)、そのうち6名が、フランスで働く日本人patissier!!彼らのコンクールにかける熱意をひしひしと感じました。なんと言っても、競技内容の説明も、申し込みの仕方も、当日のスケジュールも、すべてが母国語ではない、フランス語でのやり取りですから、フランス人に比べると、細かな点での理解不足があったり、勘違いして理解してしまったりすることもあります。今回は、そんな日本人の方々の少しでもお手伝いにと、主催者側から、通訳(つたないながら)の役もお願いされました。
朝7時に集合し、最終的に授賞式が終了したのが19時。その後、カクテルパーティに夕食会。いやあ、なんとも長い一日でした。
競技中には、参加者が作って来たお菓子を、会場に見に来てくださっている一般の方々への試食もあり、これは、パリ郊外にある、フランスのお菓子学校の先生と生徒さん10名名がお手伝いしてくださいました。コンクール会場には、すべてのお菓子が保存できる大きな冷蔵庫が無いため、建物似隣接する駐車場に停められた保冷車まで、タイミングを見計らってお菓子を取りに行きます。これがまた、直線距離だとすぐ近くなのですが、セキュリティの為、かなり遠回りをしなければいけないのと、人でごった返す会場内をお菓子を壊さないように持って歩く難しさ!!すれ違った人たちの中には、「僕の車がすぐそこに停めてあるから、載せてあげようか!?」なんて声をかけてくれるフランス人も。いいえ、ナンパではありません。彼らの目的は、お菓子!!とわかってましたから、「その車で会場内をコンクール会場まで連れてってくれるんならねぇ!!」などとお互いジョークの飛ばしあい。
試食審査は、5名のプロのパティシエさんが行うものと、8名の選ばれた一般の方が行うものがあり、それぞれの1位が表彰されます。
持ち込みのpiece monteeの審査は、6名のプロ。
Charles Proust杯の審査は、プロの試食審査、持ち込みpiece montee、当日作られた小型のpiece montee、作業の正確さやきれいさ、段取りのトータルで競われます。
本来であれば、受賞作品はこちらです!!とご紹介したいところですが、、、一日中、ウサギのように走り回っていた為、何一つ写真が撮れませんでしたでも、友人のだんな様(競技参加者のサポートとしてこられてました)のおかげで数枚と、モーリスが、授賞式の様子を写してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します授賞式には、前日のdefile(ファッションショー)の為に作られたチョコのドレスを着たモデルさんも。授賞式が始まる前に、ドレスを着たモデルさんと一緒に写真を撮ってもらいましたが、、、悲しいかなこのスタイルの違い、、、
ちなみに、Charles Proust杯の優勝者は、25歳のフランス人パティシエ。piece monteeの単独賞と2冠。22歳のフランス人パティシエは3位と一般の方が選んだ試食部門と2冠。Relais Dessert会長は、「後数年もすれば、彼らは僕達の立場を脅かすでしょう」と言ってたのが印象的でした。日本人勢は、ストラスブールのお菓子屋さんで部門シェフを勤める方が2位を獲得!!1位ともわずかな点差だったようです。
クリックすると元のサイズで表示します
授賞式が終わり、参加者全員に渡さなければいけない封筒を預かっていた私。「ステージを降りたところで集まってくださ〜い!!」と、まず日本人の参加者にお伝えした後、フランス人参加者に向かってもなぜか日本語で話しかけてました、、、
フランスでも日本でも「業界向け」のコンクール開催は、たくさんありますが、今回のように、一般の方々に、こういったコンクールの存在を知ってもらい、パティシエのお店に並んでいるようなお菓子を作るお仕事以外の部分を、もっと知って、興味を持ってもらうというのは、中々素敵なコンセプトのように感じました。参加者同士も、もちろん競い合うことも大事ですが、お互いを尊重し、助け合いの気持ちを持って行う、と言うのも、これからのコンクールの新しい形になっていきそうです。
0

2006/10/22

Coquille Saint-Jacques(帆立貝)  グルメ

さあ、今週もとっても濃い1週間でした。そんな1週間を締めくくる金曜のMarche(市場)で、今季初のCoquille Saint-Jacques(帆立貝)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
3kg(約20個)で15ユーロ。中々お買い得だと思いませんか?普段は1kg7ユーロぐらいと、とっても高価な食材なので、時々こうしてPromotion(バーゲンの1種)をしてくれる時に楽しんでます。もちろん、すでに殻からはずしたものも、売ってますが、こうして殻付きを買って、お家で掃除するのも楽しいもの。上手に身を殻からはずし、ひも(貝柱の周りのひらひらの部分)をはずせた時の喜び!!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
たくさんの砂をかんでいたので、きれいに水洗いし、水分をふき取って、塩・コショウ。軽く小麦粉を刷毛で両面にはたいて、熱したフライパンにバターを溶かし、両面こんがりと色がつくまで焼いて出来上がり!!付け合せは、Haricot vert(サンド豆)を湯がいたもの。うーん、美味
やっぱり、お家ご飯はおいしいなあ!!まだまだCoquille Saint-Jacquesの季節は始まったばかり!!次はいつ食べようかなあ、帆立貝さん
来週末(28日、土曜日)は、いよいよSalon du chocolatの初日。私の働くlaboでもRobe en chocolatの製作が進んでいます。さあ、どんな風に仕上がるかは、当日までのお楽しみ!!Charles Proustのコンクールもあることだし、さあ、明日から忙しくなるぞぉ
0

2006/10/14

des devoirs(宿題)  パリ

かなり、かなり久しぶりの日記。
10月に入り、本当に学校とバイトと毎日があっという間に過ぎ、週末は、1週間の疲れか、グーグー寝てしまってます。
今通ってる学校は、パリ6区にある大学付属の語学学校。週15時間のコースを取ってますが、授業内容は、本当の大学のように、自分の好きなものを選択。私は、7月に引き続き、Francais des Affaires(ビジネスフレンチ:6時間)。La France, comment ca fonctionne?(フランス、その仕組みとは?:3時間)、Farancais Oral(会話:3時間)、Synthese et argumentation(総合と論証:3時間)を選択。火曜と木曜は一日中、金曜は午前中が授業です。一般フランス語の授業を取らなかったので、各科目、毎週宿題・課題がたっぷり、、、この週末は、Francais des Affairesでは、授業中に聞いたラジオのインタヴューの報告書、問題集2ページ、授業で行うexpose(研究発表)のプラン作り、Syntheseの授業では、読んだテキストに習って、自分の興味のあるものについてのテキスト作成、次回のテキストの予習。La Franceでは、授業中で話した話題のまとめ、自分の住む区の役所に行き、そこで行っているサーヴィスをメモ。Oralでは、次の授業のテキストの予習。あらあ、書き出したら、かなりドシッと来ちゃった!!
土曜日の夕方の時点で、ほぼ3分の2は終了。でも、むずかしいぃ!!
それと、バイトの方は、月曜と水曜が一日中、金曜が午後。日によって仕事内容が違いますが、この月末には、Salon du Chocolatと言う大きなイベントが待ち構えていて、しかもその初日に、Charles Proustのコンクールがあって、私のバイト先の会社がメインスポンサー。さらに、コンクール参加者の内半分に当たる7名がフランスで働く日本人パティシエさんということもあり、当日は、お手伝いです。そうそう、毎年、Salon du Chocolatの目玉となっている、デザイナーとパティシエのコラボで作るチョコのドレスにも参加だとか。デザイン画を見せていただきましたが、中々素敵。
と、こんな充実した毎日を過ごしてます。
さあ、明日は残りの宿題を早めに片付け、せめてお散歩ぐらい出来たらいいなあ!!ねえ、Hindiaクリックすると元のサイズで表示します border="0">
PS:先日のブログで紹介したアミューズの名前、しっかり間違っておりました。Oさんがきちんと訂正のメイルを下さいました。本当の名前は、《エスプーマ》でスペイン語だそうです。Oさん、ご指摘ありがとうねぇ!!
0

2006/10/2

Le Pre Catelan  グルメ

エクスポジションを楽しんだ後は、Bois de Boulogneにある星付きレストラン「Le Pre Catelan」へ。ミシュラン星付きレストランへ足を踏み入れるのは実に5年ぶり!?
Oさんにお誘いいただきました。
13時の予約だったのに、まず最寄のMetro駅に着いたのが13時過ぎ。そして、地図を見ながらてくてく歩くこと30分あまり。Bois de Boulogneの広さをなめていました、、、こんな遅くに到着した私達を、サーヴィスの方々は笑顔で迎えてくださいました。調理場の片付けや、休憩時間の兼ね合いもあり(この辺は同じ業界人としてついつい変に気を使ってしまう、、、)、ディレクターさん自ら注文をとりに。少しせかされた感じはありましたが、どれにしようか迷う私達に、「そんなに量が食べれないんだったら、前菜を2人で1皿にしたらいかが」と言うご提案。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
aperoのおつまみには、3種類のスナック(ナッツをキャラメルがけしてゴマをまぶしたものなど)。Amuse bouche(軽いオードヴル)には、玉ねぎのスプマート(であってましたっけOさん?)にセップ茸(西洋のマツタケと呼ばれるほど薫り高いきのこ)のヴルーテ(濃度のあるスープ)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Nちゃんと私の選んだ前菜は、langoustine(ヨーロッパアカザ海老)のravioli(ラビオリ)。中華料理の「海老蒸しギョウザ」の超上品な感じ。表面にアワアワのスープが合って中が見えませんが、、、そうそう、2人で1皿を分けていただくものだと思っていたのですが、ちゃんと一人前ずつに盛り付けてくださってました。
写真右は私の選んだメイン。sole(舌平目)にマンゴなどを使ったソースを塗って蒸し(多分)、ソースは香辛料の効いた甘みのあるソース。付け合せは、もやしとマンゴの炒め物。2皿とも、アジアチックな選択でした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
さあ、ここからがNちゃんと私の本番(なんて言ってもPatissiereですから!!)。Le cafe Expressoはコーヒーとチョコレートの組み合わせ。ナッツも入っていました。La fraiseは女性客に人気の一品。この2品、遠目には、ガラスの器に入っているようですが、これがなんと「アメ」で作られたもの。=全部食べれるってことです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
お菓子屋さんでもよく見かけるSt-Honoreをアレンジした一品。そして、食後のお茶と共にPetits Foursが、、、残念ながら、すでにおなかいっぱい過ぎて、ひとつしか味見できませんでした、、、
シェフは2000年にMOF(フランス最優秀職人賞)を獲得したFrederic Anton氏。流行のものを取り入れた、現代風のお料理でした。
では、最後に豪華なレストランの内装をどうぞ!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Le Pre Catelan Route de Suresnes Bois de Boulogne
ああ、贅沢な時間だったぁ。10月もしっかり稼がなければ、、、
0

2006/10/2

Le boire et le manger  パリ

この週末、リヨン近郊のChateau(以前私が勤務させていただいていた所)から、OさんとMさん、そして、前の週に久々再会したNちゃんの4人で、Notre-Dameの広場の地下にある「博物館(と言うのが一番当てはまってるのかな?)」で開催されていた、「Le boire et le manger a Lutece」と言うエクスポジションに行ってきました。
「Lutece」と言うのは、その昔のパリの呼び方。その昔、パリではどんなものが食べられて、飲まれていたのか、と言うのを昔使っていた食器や道具、イラストを交えて紹介されていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
パリはcite島から始まりました。昔の城壁やおうちの壁なども残っています。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
骨から作られた道具や、昔の人たちが食べた牡蠣の殻まで!!
昔の書物に書かれているJambon(豚のモモ肉を使ったハムのようなもの)の料理法が事細かに説明されていたり、どんな家畜が主に飼育されていたか(豚が多かったようです)、ビールのような飲み物もあったとか。家畜がいるということは、乳もそのまま飲まれたり、チーズに加工されてたり、、、さっすが、昔からフランス人は食にうるさかったんですねぇ。
このエクスポジション、かなり小規模なものですが、入場料もお手ごろの上、結構すいてます。確か、10月末まで開催されているはずですので、普通の博物館、美術館に飽きた方はぜひどうぞ!!
Crypte archeologique 1, place du Parvis de Notre-Dame 4区
10時から18時開館。月曜閉館。入館料 大人 3,30ユーロ
そういえば、「Parvis de Notre-Dame」は、最近「Jean Paur U」広場に名前が変わったはず、、、
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ