2007/7/26

里帰り  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
ただいまあ!!という事で、約2年ぶりに大阪に戻ってきました。さっすがに、梅雨明けの大阪はカンカン照りの暑さ&ムシムシ湿気。最高気温はパリとあまり変わらないもののこの湿気は、、、おっと、「自然のミスト」とポジティブに考えなければ、、、
現在は大親友Kの実家、広島に滞在中。沢山の人と再会し、美味しい物いっぱい食べて、、、この楽しい里帰り話は、また後日ゆっくりアップしますねぇ!!
みなさんもBonnes Vacances!!
0

2007/7/10

Japan Expo  アニメ・コミック

今年もこの季節がやってきました!!Japan Expo!!
日本のマンガ、ゲーム、文化の祭典です。昨年から、友人の紹介でマンガ画材の大手メーカーさんのスタンドで販売のお手伝いをさせていただいています。
クリックすると元のサイズで表示します DELETERと言うメーカー名で、この道の人たちにはとっても有名なメーカー。日本では、画材屋さんなどに行くと手に入るこの会社の製品も、ここフランスでは、とっても貴重なものらしく、毎年、このJapan Expoで購入する為に、1年間お金を貯めているマンガ家のタマゴさんからプロの方たちまで。一目散にスタンドに駆けつけ、興奮しながらお財布と相談して必要なものを買って帰ってくれます。ほとんどのお客さんがリピーター。昨年も来てくださった方や、3日間開催中、毎日来て何か買って帰ってくれる人まで。なんだか、見ててほほえましくなっちゃいます。
開催中は、お昼ご飯の時以外はほとんどずーっとスタンドにいるので、周りで何が起こってるのか、余りよくわかってませんが、、、今回、DELETERさんのスタンドの前には、殺風景なスタンド(?)が。「NANA」聞いたことあるなあ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
表には扉がついていて、その上には部屋番号の「707」。部屋の中はこんな感じ。なんて殺風景なのかしら。でも若い子達がどんどん中に入って写真撮ってる!!そう、これは日本でも大ヒットした「NANA」の中で、主人公の女の子2人が共同生活をしていたお部屋を再現したものでした。部屋番号「707」は「NANA」だから!?これは、DELETERのS藤さんが発見!!パチパチ
私の中で、マンガの世界は「ベルサイユのバラ」「ラ・セーヌの星」「キャンディ・キャンディ」「こちカメ」「1,2の三四郎」(兄の影響です)などで止まっています。なので、昨年に引き続き、このJapan Expoで日本のマンガを知ることに。すごいなあ、それにしても。そして、今年は、「ゴスロリ」と言われるもののファッションショーもあり、会場内は、「ゴスロリ」の服装をした可愛い女の子たちが。うーん、不思議だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ゲームコーナーに群がるフランス人達に、「ゴスロリ」商品に群がるフランス人。
クリックすると元のサイズで表示します おっと、こちらは世界的大スター「マリオ」くんです!!彼のことは知ってるわぁ!!
と、こんな「不思議の国日本&フランス」に囲まれた3日間でした。ちなみに、元X JAPANのYOSHIKIさんの講演もあったとか。さあ、いつまで続く、このマンガブーム!?クリックすると元のサイズで表示します 3日間終了後は、S藤さんお気に入りのムール貝を日本からいらっしゃったマンガ家のcotoさんと3んにでいただきました。やっぱり、こっちの世界の方が落ち着くわぁ!!ご馳走さまでしたぁ!!
0

2007/7/4

Velib'  パリ

とうとうパリにもやってきました!!えっ!?何がって!?
そう、「貸し自転車」です。すでに、リヨンでは1年ぐらい前から存在し、「ねりぐま日記」さんが「すいすい〜」走ってるのを読んでうらやましがってたのですが、、、
パリでのこのサーヴィスの開始は7月15日。今、急ピッチでパリ市内のあちこちに「駐輪場」が建設されています。
クリックすると元のサイズで表示します 
まだ、サーヴィス前なので、肝心の自転車は設置されてませんが、真ん中のポールが管理塔。さっすがは世界に誇る観光都市パリ、利用者が操作するパネルには、6つの国の言葉が選択できるようになっています。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
えっと、フランス語、英語、ドイツ語と、、、スペイン語、イタリア語、、、えっ、日本語!?やるじゃん、パリ!!日本人の観光スタイルが「個人旅行」に変わってること、よくわかっていらっしゃる!!なんだかうれしい
お値段の方は、1年契約定期が、年間29ユーロ(リヨンは確か5ユーロ)。保証金として最初に150ユーロ。自転車利用は、最初の30分は無料。その後、延長30分が1ユーロ。さらに次の30分は2ユーロ。さらに次の30分からは、4ユーロ!!と、一台の自転車を長く使用してると、どんどん料金が高くなっちゃう!!このシステムは、リヨンと同じようです。
ご旅行でいらっしゃった方々には、1日タイプ(1ユーロ)と7日間タイプ(5ユーロ)のどちらかが選べます。最初の30分が過ぎてしまってからの追加料金形態は、年間定期と同じです。
クリックすると元のサイズで表示します
管理塔がすべての始まり。定期がある方は、定期をかざし、短期利用の方はクレジットカードをお手元に用意して、パネルに出てくる指示に従うだけ(って、まだサーヴィスが始まってないので、パンフレットの説明のままです)。
クリックすると元のサイズで表示します 手続きが完了すると、支持された支柱に行き、カギを解除して後はスイスイ〜
赤が貴重のリヨンの自転車さん達と違って、パリはグレーです。パリの落ち着いた町並みにマッチするように、との選択だとか。
実は、このVerib'、自家用車を持たないパリ市民や旅行者にはつよーい味方ですが、パリで車を持ってる方、来るまでパリに仕事に来られてる方、お仕事で車を使わざるを得ない方には、余り好評じゃあないんですよねぇ。というのも、現在のパリ市長の政策で始まった「パリ大改革」=「パリから車を追いだせぇ〜計画(と勝手に呼んでます)」で、今まで3車線だった大きな道路は、歩道の拡大、バス、タクシー専用道路の導入により、1車線に。歩道拡大で少なくなったパーキング。さらに、今回のVerib'の為の駐輪場はパーキングをつぶして建設。うーん、パリ市内はますます渋滞と違法駐車が多くなっちゃうかも、、、パリ市長は、ながーい目で見て環境破壊を防ぐ為に、パリ市内を走る自動車の数を1台でも減らす為の政策だ!!と。確かに一理ありますよねぇ。
さあ、7月15日からパリ中をこのグレーの自転車が走り回るのかしら!?あっ、ご利用予定の皆さん、事故と違反には充分ご注意くださいねぇ!!フランスは、自転車で歩道を走ったり、反対車線を走ったりしてるのが見つかると「罰金」ですよぉ
更なる情報はこちらで→verib.paris.fr
0

2007/7/1

ジャムの日  お楽しみ

果物が美味しい季節になってきました。
残念ながら、パリにお庭付きのお家を持つのは夢のようなこと。「自分ちのお庭でとれた果物でジャム」なんて、、、ああ、いつかは
でも、ありがたいことに、我が家の近所には、大量買いがとっても安いMarcheが、水曜と土曜の午前中に、メトロ2号線のBarbes Rochechouartの高架下に出ます。
昨日は、Pache jaune(黄桃:1KG1,5ユーロ)とAbricot(杏:1KG0,99ユーロ)Cerise(さくらんぼ:1KG,1,99ユーロ)を購入し、ジャム作りに励みました。普通のグラニュー糖でもいいのですが、Cassonade(カッソナード:粗糖)を使うと風味が増します。加える砂糖の分量は、40%に押さえてみました。
クリックすると元のサイズで表示します市販のジャムも美味しいのですが、自分で作ったものは、糖分を調整できるし、何より何が入ってるかが明確!!最近の市販ジャムには後から「ペクチン:果物に含まれるゲル化剤(ゼリー状に固めるもの)」を加えて固めてるものが多く、別にそれでもいいんだけど、変に「ゼリー」みたいな固さだったり、、、なので、私が作るジャムの固さは自然の力に頼ってるだけ。なので、果物の種類によって、自然に含まれている「ペクチン」の量が違い、いくら長時間に詰めても、さらさらのソースのようなジャムになるものもあります。でも、それをナチュラルヨーグルトと混ぜると美味しいんだよねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します こちらは、杏の種の中にある「杏仁」。ビターアーモンドのような苦味と風味があります。ジャムにするときには、軽く砕いてガーゼにくるんで一緒に炊き込むと、アーモンド風味がジャムに移ります。さくらんぼのジャムを炊く時には、種を取り除いて、その種をガーゼにくるんで一緒に炊き込むと、これまた風味が増して美味しい!!さくらんぼの種取りきが無かった為、包丁で一粒ずつ二つに裂き、指で種を取り除いたため、私の手は黒っぽく染まってますが、、、おいしいジャムを食べる為なら平気!!
クリックすると元のサイズで表示します そして出来上がったジャムたち。早速、今朝の朝食でいただきました。自分で言うのもなんですが、「おいしい!!」このままだと、あっという間に消費してしまいそう、、、あっ、でもその分次のジャム作りの楽しみが待ってるかあ!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ