2008/3/7

La Rose Marie Claire  フランス

明日3月8日は「国際女性デー」。日本では、何かイベントが行われているのでしょうか?
フランスでは、3年前から始まった「La Rose Marie Claire」。今年は、3月3日〜9日の間、3ユーロ(以上のお店もあります)でバラを一本購入することによって、「教育を受けることの出来ない環境にいる少女達を援助する」アソシエーションに売り上げの半額が寄付される仕組みになっています。
2006年から始まったこのイベント。毎年、フランスの有名人女性がバックアップしています。今年は、メディアで活躍する女性達。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
昨年も、このイベントのことが気になってはいたのですが、実際にバラを買うことはしませんでした。今年こそ!!と、前もって「La Rose Marie Claire」のサイトで、「自分が買ったバラから、どんなことが出来るんだろう?」と見てみました。カンボジア、ベナンには、「教育を受ける環境におかれていない少女達」に教育の場を与えてるため。フランスでは、金銭的な問題から、自分のしたい仕事に就くための高等教育を受けることの出来ない少女達への奨学金として。
世界中で、まだまだ少女達は、少年達よりも「教育」を受ける機会が少ないことも知りました。
私が購入したバラの花は1本が5ユーロ。男性からプレゼントされるとうれしい「バラの花」ですが、きちんと教育を受けることが出来、自分のしたい仕事に就くための勉強もさせてもらい、こうして生まれ育った国から離れたところで「仕事」に就くことのできていることに感謝し、一人でも多くの少女に、「チャンス」を!とまだ会ったことも無い(会うことも無いでしょうが)少女の為に、そして、もちろん私自身の為に、自分の財布を開きました。
こんなこと書いてると、「フェミニスト」かと思われるかもしれませんが、、、「女性」に対してだけでなく、すべての人に性別によって、国籍によって、年齢によって、肌の色によって、家庭環境によって、宗教によって、身体的特徴によって、、、開かれてあるべき「扉」が閉じていることの無い世界になればいいですよね。
かといって、何かが出来るわけではありませんが、、、
せっかく素敵なバラを買ったので、一日でも長持ちするように大切にしようっと!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ