2006/5/13

サラダ京水菜  お楽しみ

パリ仲間のえいみいちゃんが日本に帰った時にお土産にいただいたクリックすると元のサイズで表示します「サラダ京水菜」の種。
早速我が家の台所にある窓のプランターに蒔いてみました。「2〜3日で芽が出る」と書かれてありますが、、、3日たってもうんともすんとも言ってくれません!!発芽にはまだ気温が低かったのでしょうか、、、と心配していたところにクリックすると元のサイズで表示します驚くほどふさふさと芽を吹き出しました!!「双葉が出てきたら、混んでる所を間引き、2〜3cmの株間にしましょう」とのこと。えっ、そんなにスペース空けなきゃ駄目なの!?はい、がんばって引き抜きました、可愛い双葉ちゃんたち。あまりにもたくさんあったので(←これって、種のまきすぎ!?)捨ててしまうには忍びない、、、なんと言っても成長したら「サラダ」としていただくことが出来る「京水菜」なんだから、双葉の時点で食べれないことは無い!!と勝手に判断し、間引いた双葉の根っこを丁寧に取り除き、水洗いしてサラダのトッピングに!!いかがでしたkeikoさん、makiさん!?貝割れ大根に似た見た目で、味はほんのすこーしロケット菜のようなほろ苦さが、、、あっ、お二人ともおなかとか大丈夫ですかあ?(そんな怪しいもの食べさせたのかってね!!)
間引きをしてから5日ほどたちました。クリックすると元のサイズで表示します現在は水菜本来のギザギザ下本葉も顔を出し始めました。さあ、収穫はいつになるでしょう!!楽しみです!!えっ、でもこんなに一気に芽が出てるってことは、、、食べれる時期もおんなじってこと、、、!?みなさん、水菜パーティしましょう!!
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ