2006/9/3

le carpaccio(カルパッチョ)  グルメ

続けざまに、食べ物の話題。1ヵ月半にわたるヴァカンスを終えて復活してくれたBoucherie(お肉屋さん)で購入したcarpaccio。生牛肉を薄切りにしたものです。
クリックすると元のサイズで表示しますこの分量で3ユーロ。レストランでいただいたら、こんなお値段ではないでしょう!!
味付けは、モーリス担当。オリーブ油、バルサミコ酢、塩、コショウ、レモン汁にバジルの葉。最後にパルメザン!!これで完璧です。
日本では、ユッケなどほとんど生肉を食べたことの無い私ですが、このcarpaccioは、始めていただいた時から、「虜」になっちゃいました!!しかも、いっつも利用している信頼のおけるBoucherieですし、、、
今晩は、大好きなAndouillette(アンデュイエット:豚の腸詰ソーセージ)!!
くふっ、ちょっと甘やかされすぎかしら!?
さあ、明日から語学学校が再開。学校とアルバイトの2足のわらじを履く生活が始まります。ガムバラなければ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ