2006/10/2

Le Pre Catelan  グルメ

エクスポジションを楽しんだ後は、Bois de Boulogneにある星付きレストラン「Le Pre Catelan」へ。ミシュラン星付きレストランへ足を踏み入れるのは実に5年ぶり!?
Oさんにお誘いいただきました。
13時の予約だったのに、まず最寄のMetro駅に着いたのが13時過ぎ。そして、地図を見ながらてくてく歩くこと30分あまり。Bois de Boulogneの広さをなめていました、、、こんな遅くに到着した私達を、サーヴィスの方々は笑顔で迎えてくださいました。調理場の片付けや、休憩時間の兼ね合いもあり(この辺は同じ業界人としてついつい変に気を使ってしまう、、、)、ディレクターさん自ら注文をとりに。少しせかされた感じはありましたが、どれにしようか迷う私達に、「そんなに量が食べれないんだったら、前菜を2人で1皿にしたらいかが」と言うご提案。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
aperoのおつまみには、3種類のスナック(ナッツをキャラメルがけしてゴマをまぶしたものなど)。Amuse bouche(軽いオードヴル)には、玉ねぎのスプマート(であってましたっけOさん?)にセップ茸(西洋のマツタケと呼ばれるほど薫り高いきのこ)のヴルーテ(濃度のあるスープ)。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Nちゃんと私の選んだ前菜は、langoustine(ヨーロッパアカザ海老)のravioli(ラビオリ)。中華料理の「海老蒸しギョウザ」の超上品な感じ。表面にアワアワのスープが合って中が見えませんが、、、そうそう、2人で1皿を分けていただくものだと思っていたのですが、ちゃんと一人前ずつに盛り付けてくださってました。
写真右は私の選んだメイン。sole(舌平目)にマンゴなどを使ったソースを塗って蒸し(多分)、ソースは香辛料の効いた甘みのあるソース。付け合せは、もやしとマンゴの炒め物。2皿とも、アジアチックな選択でした。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
さあ、ここからがNちゃんと私の本番(なんて言ってもPatissiereですから!!)。Le cafe Expressoはコーヒーとチョコレートの組み合わせ。ナッツも入っていました。La fraiseは女性客に人気の一品。この2品、遠目には、ガラスの器に入っているようですが、これがなんと「アメ」で作られたもの。=全部食べれるってことです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
お菓子屋さんでもよく見かけるSt-Honoreをアレンジした一品。そして、食後のお茶と共にPetits Foursが、、、残念ながら、すでにおなかいっぱい過ぎて、ひとつしか味見できませんでした、、、
シェフは2000年にMOF(フランス最優秀職人賞)を獲得したFrederic Anton氏。流行のものを取り入れた、現代風のお料理でした。
では、最後に豪華なレストランの内装をどうぞ!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
Le Pre Catelan Route de Suresnes Bois de Boulogne
ああ、贅沢な時間だったぁ。10月もしっかり稼がなければ、、、
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ