2007/8/25

急なお仕事  仕事

今週はめいっぱいのんびり、の予定でしたが、週初めから風邪をこじらせ、月曜にお医者さんに行ったにもかかわらず、あまり回復がはかばかしくなく、その上、木・金と急なお仕事の依頼が入ったため、水曜にもう一度来院。薬を変えてもらって、何とかお仕事はこなせました。その「急なお仕事」と言うのは、毎年秋に開催される「Salon de chocolat」のイベントPRの為に「Robe en chocolat(チョコレートのドレス)」を製作するというもの。シェフのところに、「昨年のSalonで使用したRobeを使いたい」との依頼があったのですが、部品がなくなっていて、再度作り直すのには時間がかかりすぎるとのことで、そのときのデザイナーさん手持ちのRobeをベースに、新しく作ることになりました。シェフはヴァカンスでパリを離れていましたので、デザイナーの彼女と私の2人で製作しました。水曜日に彼女がRobeの写真をメールで送ってきてくれて(そんな彼女もヴァカンス中でパリにいなかったのですが、木曜の朝一番にパリに戻ってきてくれました)お互いのイメージをふくらませ、木曜の午後に彼女がパリにRobeとともに到着。話し合いはものの5分ほどでお互いの考えが一致し、彼女はご両親のアパルトマンで、私はラボでそれぞれ部品の製作に励みました。そして、よく金曜日の朝から、備品を持ってアパルトマンに行き、業者の方が取りに来る16時までの完成を目指して、、、
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
いかがですか?もともと「bonbon(ボンボン:飴玉)」をイメージして作られたドレスだったのですが、それにチョコレートで作られたチョウチョをたくさんたくさん飛ばし、エレガントなイメージに仕上げてみました。
途中、カメラの調子が悪くなって、後ろからの写真などが撮れませんでしたが、、、お互い、かなり満足のいく出来上がりとなり大喜び。その後、無事にテレビ収録のスタジオまで運ばれ、月曜日の撮影を待っているそうです。どうか、撮影時の強いライトの熱にチョコレートのチョウチョ達が負けませんように
のんびり過ごすはずだった2日間、とっても貴重な体験をすることが出来ました。次はどんなRobeにしようかしら
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ