2007/12/28

FOIE GRAS  グルメ

しまった!!題名にFOIE GRASと書いておきながら、お菓子の話題だけでアップしてしまいました。なので、続きです。
年末のお仕事のひとつに「TERRINE DE FOIE GRAS(テリーヌ・ド・フォワ・グラ:フォワグラノテリーヌ)」作りがあります。昨年は、授業終了後にラボ(laboratoire:キッチン)に行くと、すでにテリーヌ作りは始まっており、最後の仕上げだけをシェフと共に行ないました。今年は、最初から参加。
1、クリックすると元のサイズで表示します2、クリックすると元のサイズで表示します
写真1、買ってきたばかりのフォアグラ。写真2、血管や筋は取り除いてくれてますが、少し残っているので、出来るだけかたまりを崩さないように広げ、残っている筋を取り除きます。
3、クリックすると元のサイズで表示します4、クリックすると元のサイズで表示します
写真3、下処理が終われば、塩とコショウをし、シェフ秘密の味付けをし、1時間ほどこのまま置いて味をしみこませます。写真4、テリーヌ型に、山盛りになるように隙間が無いように詰めます。
5、クリックすると元のサイズで表示します6、クリックすると元のサイズで表示します
写真5、アルミ箔で覆って、80℃のオーブンで湯煎焼きします。中心温度を確認して焼き上がり。表面に浮いてるのは、「油」。これはボールにとっておきます。写真6、さらに余分な油を出し、平らに均一にする為に重石をのせて冷まします。
7、クリックすると元のサイズで表示します しっかり冷めれば、取っておいた油を漉して、表面に流し固めて出来上がり。後は、食べる時に型から出して、好みの厚さにスライスしましょう!!
さあ、美味しくできてるかなあ
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ