2005/7/28

マカロン  お楽しみ

最近、家でお菓子を作ることが多くなってきました。もちろん、必要に駆られてのことなのですが、、、シュークリームにタルト、ロールケーキ、プリン、シフォンケーキなどなど。
ボウルがひとつもない台所で、大き目のサラダボウルや、どんぶりを使ってます。
材料も、少しは「製菓材料店」なるところから買いましたが、もっぱら「近所のスーパーで手に入る材料」で、出来るお菓子が中心。
そんな中でも、数年前から日本でも大人気となり、今じゃあ、どんなお菓子屋さんに行っても見ることの出来るこのお菓子「マカロン」には、あえて手を出しませんでした。
というのも、あまり得意なほうじゃないんですよねえ。「マカロン」は、卵白にお砂糖を加えてあわ立てた「メレンゲ」に、粉砂糖とアーモンドパウダーを加え、丸く絞って焼く、ただそれだけのものなんですが、メレンゲの泡立て具合、粉類を入れてからの混ぜ具合、絞りのバランス、オーブンに入れる前の生地の乾燥具合、オーブンの温度などなど、細部にわたって神経を集中しないと、「表面パリッと、中ネチッと」の食感がえられず、また、特徴でもある表面のつややかさと、周りにはみ出した「ピエ」が出来上がらないのです。
そう思いながら、「よしっ!!」と気合を入れて出来上がったのがこの写真のマカロン。中々のできばえに、思わず記念撮影してしまいました。
食用色素や、エッセンスが何もなかったので、これは、本当のプレーン。中にはアプリコットジャムを挟みました。
さあ、次回はゴマ風味に挑戦だあ!!
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ