2008/12/7

PASCAL LEGAC (CHOCOLATIER)  パリ

友人Jさんのお知り合いChocolatier(ショコラティエ:チョコレート職人)Pascal Legacさんがパリ近郊のSt Germain en Laye(サン・ジェルマン・アン・レー)にお店を開きましたので、早速、Jさん、Mさん、Yさんの4人で、行ってきました。
パリの中心地からは、RER(首都圏高速交通網)A線で終点St Germain en Layeまで。Chatelet-Les Halles駅から30分ほどです。電車も10分おきほどにあり、パリのベッドタウンといった感じでしょうか。
駅を降りてすぐに、お城とひろーい公園。
クリックすると元のサイズで表示します
何でもこのお城の最初の城砦は12世紀にルイ6世によって建設されたと言うから、相当古いものです。
お城を背に、少し進むと、商店街が続きます。ちょうど、クリスマスも近い土曜日と言うこともあり、通りは、人、人、人。ショーウィンドーを覗きながら、クリスマスプレゼントの買い物にいそしんでいるようです。
そして、目指すお店は、街の郵便局の近く。
クリックすると元のサイズで表示します シンプルで上品なデザインの店構え。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します ウィンドウには、パスカルさん自慢のBonbons Chocolat、Macarons、チョコレート菓子が並んでいます。どれもおいしそう!お店を取り仕切るのは、もちろん、奥さま。私たちにすぐに気づいてくださって、お店の奥の厨房に、ご主人、パスカルさんを呼びに行ってくださいました。
こじんまりとした厨房ながら、収納部分もしっかりととってあり、作業の流れもよさそうです。階上は、チョコレートのための作業室。3名の方が、Truffes(トリュフ)の製作に追われていました。
パスカルさんの作るBonbons Chocolatは、中のGanache(ガナッシュ:チョコレートと生クリームを合わせたクリーム)の食感、口解けのよさ、そして何より、コーティングのチョコレートの薄さ、均一さがすばらしい!このコーティングの厚みには、かなりこだわっているようです。確かに、コーティングを薄くすると、どうしてもチョコレートがちょっとの衝撃などで割れてしまいやすくなってしまいますが、その分、かんだときの歯ごたえの軽さ、ガナッシュの味を妨げない程度の量のチョコレートと、やはり「こだわり」ですね。
色々とお話を伺い、チョコレートも試食させていただいた上で、一目見て食べたくなったブラウニーと、フォンダン・ショコラに、大好きなオランジェット(オレンジピールのチョコレートがけ)を購入しました。クリックすると元のサイズで表示します 期待が裏切られなかったことは、言うまでもありません。
ふと思いついて気軽に足を運ぶには、少し遠いですが、たまの週末に、お城&公園への遠足がてら、おいしいチョコレートを買いに行くのも、いいですね!
PASCAL LEGAC
61 rue de Pologne
88200 St Germain en Laye
http://www.legac-chocolatier.fr
日曜午後、月曜定休
2

2008/9/30

旅行企画 「お菓子な旅」 2008・パリ  パリ

旅行の募集は終了いたしました。ありがとうございました。

お菓子な旅 2008・パリ
チョコレートの祭典 サロン・デュ・ショコラ訪問とパリの休日6日間
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(写真右はカボス。チョコレートの原料となるカカオ豆がぎっしり詰まっています。)
日本でもおなじみのチョコレートの祭典Salon du Chocolat開催に合わせたお菓子好きの為の旅行企画です。詳しくはこちらへどうぞ
0

2008/9/6

デビュー  パリ

パリでの夜遊びデビュー
友人のJさんと、念願かなってやっとお会いできたSさん。Sさんのご友人が組んでるバンドのコンサートがあり、引っ付いて行ってきました。
「ライブハウス」に足を踏み入れたのも初めて。DJが操る音楽で踊ったのも初めて。最終メトロが無くなり、Noctilien(深夜バス)で帰宅したのも初めて、の初めてづくしの夜でした。
コンサートは、Machinsと言う3人組。お仕事をしながら、バンドもやっていると言う方々。「激しい音楽か!?」と思いきや、心地よいリズムのものでした。
そしてNoctilien。深夜0時半〜早朝5時半までのサーヴィスらしい。ライブハウスのあるBastilleから、我が家まで「N02」にて7〜8駅。15分ごとぐらいで運行してるし、利用者も案外多く、安心して乗れました。帰宅は朝の3時15分ぐらい。たまにはいいよねぇ。
お誘いいただいたSさん、Jさん、ありがとうねぇ。またお供させてね
0

2008/5/10

鯉のぼり  パリ

今日もぽかぽかのいいお天気そんな「五月晴れ」の中、「こどもの日」からは少し遅れて、パリにも鯉のぼりがやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
Espace HATTORIさんの主催で、5月いっぱい行なわれている「世界こどもの日」イベントの一環で、5月10,11日の二日間、Butte de Montmartreに鯉のぼりが飾られ、ヨーヨー釣り、金魚すくい、お面が売っていたりと、懐かしい様子。チンドンヤさんも予定されてるとか。観光客でにぎわうこの界隈。皆さんの目には、どんな風に映るんでしょうねぇ。
パリの青空にたなびく鯉のぼりも中々素敵でしたよぉ。うーん、ちまきと柏餅が食べたくなっちゃった!! 
0

2008/2/17

自宅ディナー&モロッコ料理  パリ

怒涛の一週間が終わり、2月からは学生生活も終了し、お仕事一本の毎日。宿題や課題の無い週末の時間の使い方にまだ戸惑っていますが、、、
この金曜日は、モーリスの友人Vさんと私の友人K子さんを招いてのディナー。私の大好物「Grenouille」を前菜に、メインは「Sardine」。日本人には庶民的なお魚(最近は高級魚になりつつあるらしいですね)、フランスでも、庶民的なお魚ですが、摩り下ろしたしょうがとおしょう油にさっと漬けてフライパンで焼く料理法が、どうもフランス人的には珍しいらしく、、、ジャガイモを湯がいたものを付け合せにいただきました。チーズにケーキをいただき、K子さんが持ってきてくださった某M社の美味しい高級チョコをいただきながらおしゃべりはとどまることを知らず、、、K子さんはメトロの時間もあったので1時半ごろ帰宅。Vさんは車だったので、その後もおしゃべりは続き、、、私は2時過ぎにダウンしてしまいましたが、どうも朝方の4時過ぎまで続いたそうです。いやあ、パリジェンヌのパワーはすごい!!
そして、土曜日の夜は友人のCさん、Aさんと女3人かしましく夕食。お目当てにしていたビストロは2日前の予約では遅すぎたらしく、、、前から興味のあったモロッコ料理屋さんに行ってきました。
外観も内装も異国情緒満点!!いただいたお料理も、どれも糖分(ハチミツや果物からでしょうか?)とスパイスがバランスよく、とっても美味!!かなりたっぷりの量だったので、「完食」出来なかったのが心残りですが、、、
以前から、一度行ってみたい国のモロッコでしたが、こんな美味しい料理をいただいちゃったら益々「行きたい熱」が上がってしまいました。
MANSOURIA 11 rue Faidherbe 75011
ご興味のある方は、こちらのコメントを見てみてくださいね。
PS:あまりもの雰囲気のよさと料理の魅力に、料理の写真を撮るのを忘れてしまいました。
0

2007/12/28

BUCHES, HEDIARD, FOIE GRAS  パリ

相変わらずのご無沙汰です。
フランス人にとっての1年でも重要なイベント「NOEL(ノエル=クリスマス」が終わりました。日本と違って、「年末年始は官公庁もお休み」ということもなく、1月1日が祝日なだけで、でも、クリスマスに合わせてお休みをとる人も多く、メトロもいつもよりガラーンとしています。でも!!世界中から、イルミネーションで飾られた幻想的なパリを訪れる人々がいっぱいですが、、、
そんな中、先日、日本からお仕事の添乗でパリ入りしていたMさん、NさんとHEDIARD(エディアール)で優雅なお茶のひと時&おしゃべりを楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
HEDIARDは、パリでも老舗のEPICERIE(エピスリィー:香辛料屋さん:現在は食料品屋さんに使われる)。「えっ!?この時期に!!」というような果物、野菜が揃い(でもお値段も「えっ!!」って言うぐらい!!)、香辛料、珈琲、紅茶、お惣菜、お菓子などなど、ちょっとリッチで食いしん坊さんには最適なお土産を見つけることが出来ます。
1er etage(日本で言う2階)は、レストラン&サロン・ド・テ。私達が注文したのは、紅茶とお菓子のセットで12ユーロと、以外に親切なお値段。お菓子は、かなり簡単なつくりのものでしたが、、、贅沢な空間で、のんびりおしゃべりできたことを思えば、あっ、ご馳走になったんだった!!楽しいおしゃべりも付け加えて、ありがとうございましたぁ!!その後、メトロ:コンコルド駅までブラブラと歩く途中で、FAUCHONとLADUREEのショーウィンドウを楽しみました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
FAUCHONでは、お菓子を買うための人がお店の外まで列をなしていて、ショーケースには、ほとんどお菓子がありませんでした(写真左)。LADUREEでは、予約のケーキ受け取り用に、お店の前に冷蔵トラックを駐車してストックしているのにびっくり。こちらも、もちろん列は外まで(写真右)。
いやあ、皆さんお菓子好きですねぇそんな方々がいらっしゃるから、私も仕事にありつけるんですが、、、
皆さんは、どんなクリスマスケーキを召し上がりましたか
0

2007/11/24

Demonstration  パリ

私のメインのお仕事は、シェフが世界中で行なうDemonstration(講習会)の準備をすること。準備と一口に言っても、行き先によって規模が変わります。
フランス国内の場合は、実際に講習で使用する材料をすべて計量、お菓子のパーツ(ビスキュイや仕上げのチョコレート、はたまた講習時にすり替えで使用するクリームなど)、試食用のお菓子を仕込みます。海外の場合は、メニューを作成し、受け入れ側に必要材料&器具リストを送り、現地で見つからないものは、こちらから持っていくように手配します。
この間の水曜日は、パリの郊外、スポーツ競技場として有名な「Stade de France」にて、「Cacao Barry」と言うチョコレートメーカー主催の講習会がありました。会場名を聞いたときに、「ま、まさかあのグラウンドに特設会場を設けて、、、」と思ってましたが、ちゃんと会場内に舞台にひな壇形式の客席の会場があり、そこでの講習でした。「料理&お菓子」用に作られた会場ではないので、無理やり作業台を作っての講習だったので、「水場(水道など)」がその場にないのが不便でした。
講習は、Cacao BarryのシェフのPhilippe Bertrand(MOFショコラティエ)氏をはじめ、合計5名中4名がMOFと言う豪華メンバーでのものでした。
私も、ちょうど授業の無い日だったので、朝5時45分に家を出、一日中お手伝いさせてもらいました。
私のシェフは、アントルメ(いわゆるケーキ)、皿盛りデザート、ボンボンショコラ、グラス盛りデザートの4品+Piece Montee(ピエスモンテ)と言われる、チョコレートや飴細工などで組み立てた飾りを作成しました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
正面からと後ろから。わかりにくいかもしれませんが、すべて「食べれるもの」で作られています。赤い部分は、チョコレートで作ったボトルにカカオバターを赤く着色し吹きつけ、ビロード感を出したもの。この年末の限定ボトルのデザインです。ボトルの後ろの白い部分はお砂糖を固めたもの。チャレンジしたことはありませんが、すべて食べれます。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
お昼休みには、Stade de Franeの見学ツアーもあり、私達も一緒に回りました。実際に選手達が使ってるロッカールーム、シャワールーム、マッサージルームなども見学し、最後は、選手がグラウンドに入場するところを実際に音楽を流してくれてグラウンドへ。感動的でした。
そして、講習会のお手伝いをしてくれたのは、こちらの製菓学校の生徒さん達。熱心にMOF達の作業に見入っていました。
ほぼ12時間立ちっ放しの一日でしたが、たまには外でのお仕事も楽しいものです。さあ、月曜日は、日本からのお客様を工場見学へご案内です。日本語(特に敬語)うまくしゃべれるかしら、、、
みなさん、Hindyaへの優しいメッセージ、ありがとうございました。彼女がいない生活は、ぽかんと穴が開いたようで寂しいですが、あんまり寂しがっても彼女が天国に行きづらくなっちゃいますよね。きっと、今頃は元気に駆け回って、食いしん坊振りを発揮していることでしょう!!Merci beaucoup encore!!
0

2007/11/2

Salon du Chocolat  パリ

すっかり更新が滞ってしまい、「ブログに飽きたの?」とか「生きてる?」とかご心配(?)をしていただいたかと思いますが、、、ただ単に「時間の使い方がヘタ」になってしまい、PCに向かう時間があっても、「日記を書く」所まで行き着いてなかったのです。書きたいことはたくさんあったのですが、それももう「時期はずれ」になってしまい、、、
でもこの話題はまだかろうじて「OK]かと思い、久々のブログアップです!!
パリに来て3度目のSalon du Chocolat。今年は、10月19日〜22日の4日間開催。あいにく、18日にフランス国鉄、パリ市内交通などの大規模ストがあり、週末もいくつかのメトロ路線が間引き運転。そんな悪環境の中でしたが、世の中のチョコレート好きは「パリ・ポルト・ド・ヴェルサイユ」の会場に押し寄せました。
ありがたいことに、シェフのところに来ていた前夜祭の招待状を都合してもらい、18日の夜、Robe en Chocolatのファッションショーを見ることも出来ました。今年度は、職場でRobe製作の参加をしなかったので、客観的に鑑賞。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
残念ながら「うん?どこにチョコレート??」と言うものも多く、、、でもそれなりに美しかったです。今回は、モデルの方が歩きながら飾りのチョコレートを外して食べるシーンが多く見られ、いかにも「ちゃんとチョコを使ってます!!」と言わんばかりでした。写真右は、ファッションショーの後、「恵まれない子供を支援する会」のチャリティー報告(クリスマスにチョコレートをプレゼントする企画)。TF1のメインニュースキャスターの方(えっと、名前がいつも覚えられない、、、)もいらっしゃってました(左から2番目)。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
日曜日は、友人からご紹介いただいた日本から視察に来られた方を半日ご案内。この↑エッフェル塔が気に入られた様子。貼り付けてあるのは写真右の唇型チョコでした。
このSalon du Chocolatは、今後、NY、モスクワ、東京は伊勢丹さんが会場でバレンタイン前の1月末!!、上海と開催されます。
もうすぐこちら→ http://www.chocoland.com/index2.php のサイトに今年のファッションショーの様子もアップされると思いますので、どうぞお楽しみに!!
では、次のブログアップまで見捨てないで下さいね。
0

2007/7/4

Velib'  パリ

とうとうパリにもやってきました!!えっ!?何がって!?
そう、「貸し自転車」です。すでに、リヨンでは1年ぐらい前から存在し、「ねりぐま日記」さんが「すいすい〜」走ってるのを読んでうらやましがってたのですが、、、
パリでのこのサーヴィスの開始は7月15日。今、急ピッチでパリ市内のあちこちに「駐輪場」が建設されています。
クリックすると元のサイズで表示します 
まだ、サーヴィス前なので、肝心の自転車は設置されてませんが、真ん中のポールが管理塔。さっすがは世界に誇る観光都市パリ、利用者が操作するパネルには、6つの国の言葉が選択できるようになっています。
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します
えっと、フランス語、英語、ドイツ語と、、、スペイン語、イタリア語、、、えっ、日本語!?やるじゃん、パリ!!日本人の観光スタイルが「個人旅行」に変わってること、よくわかっていらっしゃる!!なんだかうれしい
お値段の方は、1年契約定期が、年間29ユーロ(リヨンは確か5ユーロ)。保証金として最初に150ユーロ。自転車利用は、最初の30分は無料。その後、延長30分が1ユーロ。さらに次の30分は2ユーロ。さらに次の30分からは、4ユーロ!!と、一台の自転車を長く使用してると、どんどん料金が高くなっちゃう!!このシステムは、リヨンと同じようです。
ご旅行でいらっしゃった方々には、1日タイプ(1ユーロ)と7日間タイプ(5ユーロ)のどちらかが選べます。最初の30分が過ぎてしまってからの追加料金形態は、年間定期と同じです。
クリックすると元のサイズで表示します
管理塔がすべての始まり。定期がある方は、定期をかざし、短期利用の方はクレジットカードをお手元に用意して、パネルに出てくる指示に従うだけ(って、まだサーヴィスが始まってないので、パンフレットの説明のままです)。
クリックすると元のサイズで表示します 手続きが完了すると、支持された支柱に行き、カギを解除して後はスイスイ〜
赤が貴重のリヨンの自転車さん達と違って、パリはグレーです。パリの落ち着いた町並みにマッチするように、との選択だとか。
実は、このVerib'、自家用車を持たないパリ市民や旅行者にはつよーい味方ですが、パリで車を持ってる方、来るまでパリに仕事に来られてる方、お仕事で車を使わざるを得ない方には、余り好評じゃあないんですよねぇ。というのも、現在のパリ市長の政策で始まった「パリ大改革」=「パリから車を追いだせぇ〜計画(と勝手に呼んでます)」で、今まで3車線だった大きな道路は、歩道の拡大、バス、タクシー専用道路の導入により、1車線に。歩道拡大で少なくなったパーキング。さらに、今回のVerib'の為の駐輪場はパーキングをつぶして建設。うーん、パリ市内はますます渋滞と違法駐車が多くなっちゃうかも、、、パリ市長は、ながーい目で見て環境破壊を防ぐ為に、パリ市内を走る自動車の数を1台でも減らす為の政策だ!!と。確かに一理ありますよねぇ。
さあ、7月15日からパリ中をこのグレーの自転車が走り回るのかしら!?あっ、ご利用予定の皆さん、事故と違反には充分ご注意くださいねぇ!!フランスは、自転車で歩道を走ったり、反対車線を走ったりしてるのが見つかると「罰金」ですよぉ
更なる情報はこちらで→verib.paris.fr
0

2007/6/28

Creperie  パリ

フランス=クレープと言うイメージは、日本人だけが持ってるものなのでしょうか?
いや、でも確かにフランス人達、クレープ大好きだよなぁ。
先日、友人のCさんにお誘いいただき、パリ8区にあるクレープ屋さんへ。
「chalet du 8em:8区の山小屋」(8 rue commandant riviere,8e)と言う名前の通り、スキーに来たときに立ち寄るロッジ風内装。夜のサーヴィスだったからか、かなり照明は抑え気味で、各テーブルにはローソクが。(ちょっと薄暗すぎて、食べてるものがよく見えませんでしたが、、、
クリックすると元のサイズで表示しますこちら、私がいただいた、Galette(そば粉のクレープ)Tartiflette(綴り自信無しです、、、)。ロブローション(チーズ)、いためた玉ねぎ、ジャガイモ、ベーコンが入ってボリュームたっぷり。もちろん、シードルと共に。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
右が私の選んだデザート、「オレンジのジャム、チョコレートソース、グランマルニエ」。私には、ソースの量が多すぎたかしら?左はCさんのデザート、「キャラメル・ブール・サレ(塩味のきいたのキャラメルソース、バニラアイス」。一口いただきましたが、こちらはかなりヒット!!温かいクレープ&キャラメルに冷たいアイス、甘さとほんの少しの塩味がバランスよかったです。
このクレープリー、シャンゼリゼ大通りからそんなに遠くない割には、お値段も親切(お昼なら、食事用、デザート用クレープと、シードル1杯で12ユーロ)。
シャンゼリゼのあたりでのお食事する時って、いっつも困ってたんですよねぇ。これでいいアドレスがひとつ増えました!!Cさん、ありがとう!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ