2010/7/11

さあ、どこでしょう!?  仕事

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

金曜日にパリを発ち、昨日の早朝に到着。さあ、どこでしょう!?
大ヒント!!
クリックすると元のサイズで表示します

わかりましたか?
そう、現在万博開催中の上海にいます!お仕事ですよぉ〜!
ただ、今回は前倒しで到着したので、週末はのんびりと観光をさせてもらいました。前倒しの人参(ご褒美)ってとこかしら?
なので、こうやって、数ヵ月ぶりにブログを更新することも
明日から5日間、みっちりお仕事。水曜日の夜には北京に移動です。
仕事後の週末は北京観光と言う人参が用意されています。
その後に日本に行きますが、今回はみっちりスケジュールが。。。
日本にいながら、会えない皆さま、すみません!!また次回
5

2009/5/5

Relais Dessert  仕事

またしてもお仕事でフランス国内の出張がありました。(なんだかMimiが来てから出張が増えてるような。。。
今回は、Relais Dessertの会合。場所は温泉保養地として有名なVichy(ヴィシー)
3日間に渡り行われた会合の2日目の夜は、ヴィシーの街の中心地にある「オペラ座&カジノ&パレ・デ・コングレ」が一緒になった建物内の一番大きなホールでヴィシーの住民向けのパーティーが行われました。世界各国のルレ・デセール会員がそれぞれテーマに添った(果物もしくは野菜)お菓子をビュッフェ用に持参。きれいに飾り付けられていました。クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
そして私のお仕事のメインは3日目。Diner de Gala(打ち上げ夕食会といったらいいでしょうか?メンバーとその奥さまが参加)でのデザート担当。部品はパリで仕込み、当日は盛り付けのみ。 とはいえその数!!クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します なんと約200名分なのでした
とっても仲のよいパティシエさんたち。夕食会は盛り上がりに盛り上がって、デザートが出たのは夜中の1時!!片づけを終了させ、ホテルに戻ったのは2時を回ってました。ほとんど一日中、かがみっぱなしだったので、背中や腰、首がバリバリと音を立てるぐらいの筋肉痛になってしまいましたが、いい経験をさせてもらいました。でも今度は、「保養」で来たいなあ!!
クリックすると元のサイズで表示します 3日間、モーリスといい子にパリでお留守番していたMimiでしたぁ
2

2009/4/13

Relais&Chateaux  仕事

先日のことですが、お仕事でこんな素敵なところに行ってきました。↓
クリックすると元のサイズで表示します
Abbaye de la Bussiereフランスのブルゴーニュ地方の田舎にあるシャトー・ホテルです。Relais&Chateauxという「シャトー・ホテル」の国際的クラブの年一回の会合のランチ・ビュッフェがこの元アベイ(Abbaye:大修道院)で開催され、私の勤務する会社は、このRelais&Chateauxの長年のパートナーでもあることから、デザートを一品、担当しました(といっても、もちろんこのデザートを考案したのはシェフです)。
150人分のデザートをパーツごとに仕込み、車に積み込んでビュッフェの前日昼過ぎに車でパリを出発。約3時間で現地に到着。ありがたいことに、夜はこの立派なシャトー・ホテルに泊まらしていただき、夕食&朝食もご馳走になりました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
贅沢なつくりのお部屋は、ちょっぴり暗い感じでしたが。。。ジャグジーつきのバスタブまであり、快適でした。
ビュッフェ当日は、朝から厨房で、キュイジニエの皆さんの邪魔にならないように準備。ビュッフェが始まってからの、キュイジニエ達の仕事のリズム、テンションの高さを興味深く見させてもらいました。いやあ、パティシエのお仕事とは違いますねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
毎度の事ながら、せっかく作ったデザートやキュイジニエの皆さん力作のお料理の写真を撮るのは忘れてしまいました。上の写真(右)は、このシャトー・ホテルのある地域の有名なシャロン産の牛肉です。解体してから80日間熟成させてるとか。。。
いやあ、お仕事とはいえ、贅沢させてもらっちゃいました!!シェフ、ありがとうねぇ
クリックすると元のサイズで表示します本日のMimi眠ってるところをカメラの音で起こしてしまいました
0

2007/8/25

急なお仕事  仕事

今週はめいっぱいのんびり、の予定でしたが、週初めから風邪をこじらせ、月曜にお医者さんに行ったにもかかわらず、あまり回復がはかばかしくなく、その上、木・金と急なお仕事の依頼が入ったため、水曜にもう一度来院。薬を変えてもらって、何とかお仕事はこなせました。その「急なお仕事」と言うのは、毎年秋に開催される「Salon de chocolat」のイベントPRの為に「Robe en chocolat(チョコレートのドレス)」を製作するというもの。シェフのところに、「昨年のSalonで使用したRobeを使いたい」との依頼があったのですが、部品がなくなっていて、再度作り直すのには時間がかかりすぎるとのことで、そのときのデザイナーさん手持ちのRobeをベースに、新しく作ることになりました。シェフはヴァカンスでパリを離れていましたので、デザイナーの彼女と私の2人で製作しました。水曜日に彼女がRobeの写真をメールで送ってきてくれて(そんな彼女もヴァカンス中でパリにいなかったのですが、木曜の朝一番にパリに戻ってきてくれました)お互いのイメージをふくらませ、木曜の午後に彼女がパリにRobeとともに到着。話し合いはものの5分ほどでお互いの考えが一致し、彼女はご両親のアパルトマンで、私はラボでそれぞれ部品の製作に励みました。そして、よく金曜日の朝から、備品を持ってアパルトマンに行き、業者の方が取りに来る16時までの完成を目指して、、、
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
いかがですか?もともと「bonbon(ボンボン:飴玉)」をイメージして作られたドレスだったのですが、それにチョコレートで作られたチョウチョをたくさんたくさん飛ばし、エレガントなイメージに仕上げてみました。
途中、カメラの調子が悪くなって、後ろからの写真などが撮れませんでしたが、、、お互い、かなり満足のいく出来上がりとなり大喜び。その後、無事にテレビ収録のスタジオまで運ばれ、月曜日の撮影を待っているそうです。どうか、撮影時の強いライトの熱にチョコレートのチョウチョ達が負けませんように
のんびり過ごすはずだった2日間、とっても貴重な体験をすることが出来ました。次はどんなRobeにしようかしら
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ