2011/7/9

実際は震度6・・・  

6月30日の松本市南部を襲った震度5強の地震では
私の住んでいる地区の住民のほとんどが被害を受けました。

朝食を終えてこれから店に向かおうと言う時に発生したのですが
箱に入れられて振られるような地震でした。

まだ耳に地鳴りと「ガシャガシャガシャ」という音がついて離れません・・・
揺れが収まって先ず目に飛び込んだのが窓の外の隣の窓ガラスが全て割れた光景でした。
廊下に出ると洗面所の棚の扉が開いてなかのものが全部シンクに落ちていて
色々なものが倒れていました。

店に行くと商品や落ちた写真のガラスが散乱・・・
犬達は耐震の為にゴムで犬舎を固定していて無事でした。
でもまた大きな揺れ・・・外に出ると塀が倒れていました。

自分の部屋に行くと大きな箪笥が30cmほどづつ前進していてかぶいちにやゆずに迫って
いました。
おまめたちのお骨が安置してあるサークルで食い止められていましたが間一髪でした。
店に全員避難してこの日は臨時休業でした。

落ち着いてから家の中をみると
クリックすると元のサイズで表示します
母の部屋は箪笥など家具が倒れてめちゃくちゃになっていました

クリックすると元のサイズで表示します
うちは屋根は瓦葺きではないのですが近所の瓦は全滅です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
道路にも亀裂が入って陥没してしまいました。ガタガタです・・・

クリックすると元のサイズで表示します
店の一番大きなガラスはひびが入っていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
外壁や基礎までひびだらけで・・・余震でまた酷くなっています。

クリックすると元のサイズで表示します
家の中も壁のあちらこちらがこんな感じです。

松本市の全体に被害があったわけではないので水も電気もガスも止まらずに生活できましたがとても大変でした。

復興を諦めて廃業する方もいるようです。

南部には震度計が無かったので学者さんたちの推測でしかありませんが
今回こちらのほうは震度6はあっただろうと言われています。

恐ろしい体験でした。
でも身体は無事です。ご心配頂いてご連絡して下さったみなさん有難うございました。
暫くショックでこちらからご連絡できませんでしたが
皆さんのお気持ちと色々な助けをしてくださった方々へのご恩はいつかお返ししたいと
思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ