2013/9/18

フクシアとマツバギク、ベンガル・ヤハズカズラ  マウイの花
フクシア(釣浮草)は熱帯アメリカ原産の花で日本でも見る事の出来る花です。マウイではアップカントリー等で見る事が出来ます。 フクシアの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [フクシア]

マツバギクは別名アクリクリと呼ばれており、南アフリカ原産の花です。ハワイではレイにも多く使用されております。 マツバギクの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [マツバギク]

ベンガル・ヤハズカズラはインドが原産のキツネノマゴ科の花です。べんがる矢筈蔓と書きます。白色と紫色の花が綺麗に咲きます。 ベンガル・ヤハズカズラの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [ベンガル・ヤハズラ・紫]

ベンガル・ヤハズカズラはマウイでも良く見る事が出来、垣根等に使用されてる比較的地味な花です。葉に特徴がありヤハズカズラの名がこの花に付いた。

クリックすると元のサイズで表示します [ベンガル・ヤハズラ・白]

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ