2020/1/20

カナハ・ビーチ・パークとM・C・C、アーツ&カルチャーセンター  観光
カナハビーチはカフルイ空港のすぐ近く、裏側にあります。ウインド・サーフィン、カイト・ボードが盛んに行われてるビーチです。特にウインド・サーフィンはマウイの代表的なマリンスポーツです。 カナハビーチの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [ウインド・サーフィン]

カイトボードは最近人気上昇です。大きなタコにより引っ張れながらボードに乗って楽しむ新たなマリンスポーツです。最近は日本でも楽しむ人が多く、大会も実施されてます。

クリックすると元のサイズで表示します [カイト・ボート]

ビーチの横は芝生と木々による公園になっており、ベンチもあり、ゆっくり過ごす事も出来ます。ビーチにはウインドの見学、休憩の人達で賑ってます。

クリックすると元のサイズで表示します [カハナ・ビーチパーク]

マウイ・コミュニティー・カレッジ(MCC)はハワイ大学の分校でマウイ唯一の大学です。英語勉強の為に留学する日本人方も多い。広い敷地の中に多くの教室、講堂、体育館等があります。 コミュニティー・カレッジとアーツ&カルチャーセンターの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [コミニティー・カレッジ]

マウイ・アーツ&カルチャーセンターはカフルイにあり、駐車場も広く、建物も大きくマウイでの文化の中心になってます。幾つかの部屋があり、各種カルチャー教室が開催されてます。

クリックすると元のサイズで表示します [アーツ&カルチォーC]

2020/1/18

カフマヌ教会・ベリーハウスワイルクの町  観光
カフマヌ教会は1832年代に建てられた、マウイで最も古いキリスト教会です。建物は4回改装されており、現在の建物は1876年に完成した建物です。 カフマヌ教会の詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [カフマヌ教会]

カフマヌ教会は人気の教会で、日本の芸能人石橋貴明、今井美樹等の日本の有名人も結婚式を挙げてます。ワイルクの町の見学を含め是非見学して下さい。

クリックすると元のサイズで表示します [カフマヌ教会内部]

ベリーハウス・ミュージアムは、ワイルクの発展に功績を残したエドワード・ベリー宅の跡です。現在も室内を見学出来ます。又、広い庭ではフラのショー、コンサート等が実施されます。

クリックすると元のサイズで表示します [ベリーハウス]

ワイルクはマウイ郡の官庁街です。マウイ島、モロカイ島、ラナイ島を含めての地域の公的機関はワイルクの街にあります。また、観光地としても是非寄って頂きたい場所です。

クリックすると元のサイズで表示します [ワイルクのビル]

ワイルクの街は古い町であり、路地に入ると飲食店等が並んでます。マウイ最大の町カフルイが近くスーパー等は少ない町です。 ワイルクの町の詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [ワイルクの町]

ワイルク〜カフルイ間には素晴らしい道路があり、その先にはハレアカラの山裾があります。道路から素晴らしい景色を見る事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します [ワイルク〜カフルイ]

2020/1/16

マウイ・トロピカル・プランテーションとイアオ渓谷  観光
マウイ・トロピカル・プランテーションはマウイの観光地の1つです。園内にはパイナップル、パパイヤ、マンゴ他多くの南国の果物が栽培されてる観光目的の畑です。

クリックすると元のサイズで表示します [プランテーション入口]

レストランの前の庭には大きな池があり、鯉が泳いでおり、鴨やアヒルも飼われており、餌をあげる事も出来、子供に人気の場所です。 トロピカル・プランテーションの詳細ここから 

クリックすると元のサイズで表示します [プランテーション風車]

イアオ渓谷は1790年にカメハメハ王が激しい戦いの上、マウイを征服した時の古戦場跡でもあります。地理学的には200万年以上前に西マウイが海底から隆起し出来た楯状火山と貿易風がもがもたらす雨により浸食され出来た深い谷等貴重な自然が豊富にあります。

クリックすると元のサイズで表示します [イアオ渓谷]

ハワイとは思えない景色、静かに川が流れてます。ここから奥へトレッキングコースもあります。トレッキングでは珍しい植物、昆虫等を見る事が出来ます。 イアオ渓谷の詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [イアオ川]

イアオ・バリーの入口にある、ケパニワイ公園はマウイに移住し開拓に従事した日本、中国、韓国他の民族を記念した庭園です。バーベキュー設備もあり、地元の人が楽しむ場所です。

クリックすると元のサイズで表示します [ケパニワイ公園]

2020/1/12

ハレアカラ頂上展望台とビジターセンター  観光
ハレアカラの頂上は標高3000メートル以上の所にあります。頂上の展望台からもクレーター、岩山等が見えます。反対側の山の上からは南マウイやカフルイ等の景色も素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します [頂上展望台]
            [写真をクリックすると拡大します]゜
  /     Mochi Maui Diary ←クリックしてね!

頂上展望台の横からは晴れているとハワイ島が眺められます。雲の上からマウナケア、マウナロア山頂を見る事が出来ます。 ハレアカラの頂上の詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [頂上〜ハワイ島]

ハワイ島と並ぶ天文台があり星空観測にも最適な場所です。サンセットを兼ねたスター・ウォッチングのツアーも大変好評です。

クリックすると元のサイズで表示します [ハレアカラ天文台]

ハレアカラ(ハワイ語で「太陽の家」とゆう意味)山はハワイに来ている事を忘れてしまう程の素晴らしい感激の景色です。道路は頂上まで舗装されてますが、カーブが多く途中霧が深い事も多いので慎重な運転が必要です。 ハレアカラ・ビジター・センターの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [ビジターセンター]

頂上近くにビジター・センターがあり、中にはハレアカラの資料が展示されてます。素晴らしいクレーターもよく見えます。クレーターの深さは1000メートルあります。

クリックすると元のサイズで表示します [ハレアカラのクレーター]

カラハク展望台はビジターセンターより低い所にありますが、クレーターはここから見るのがベストです。スターウォッチングにも最適な場所です。

クリックすると元のサイズで表示します [カラハク展望台]

2020/1/10

ハレアカラ・サンライズ&サンセット  観光
ハレアカラの最も美しいのは日の出の時間です。朝早く(2〜3時)に出発をするのは大変ですがサンライズを見れば良かったと思うでしょう。頂上はとても寒いので服装も充分に注意しましょう。 ハレアカラ・サンライズの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [サンライズ]

サンライズの前には観光客が多くその瞬間を皆で見ます。サンライズはビジターセンター横にからがベストのポイントで、ここから見学する人が多い。

クリックすると元のサイズで表示します [サンライズを見る人]

サンセットも素晴しい景色です。サンライズは早朝に出発しなければなりませんが、サンセットは夕方から出発で楽しめます。サンセットの後にスターウォッチングを楽しむ事も出来ます。
ハレアカラ・サンセットの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [サンセット]

サンセット後のアース・シャドー景色も素晴しい。地平線が明るくとても綺麗です。スターウォッチングはサンセット後2時間程待つ必要があります。綺麗な星空も是非ご覧下さい。

クリックすると元のサイズで表示します [アース・シャドー]

2020/1/8

ハレアカラ国立公園と銀剣草・ネネ  観光
マウイには素晴らしい山ハレアカラがあります。アメリカの国立公園しなっており、頂上迄車で登る事が出来ます。素晴らしいハイウェーを走り、楽しめます。 ハレアカラの詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [国立公園の入口]

ハレアカラ・ハイウェーは舗装された綺麗な道路です。道路の景色は麓から徐々に変化します。公園入口を過ぎると、道路の両側には草原が続いており、牛等が放牧されております。

クリックすると元のサイズで表示します [ハレアカラ・ハイウェー]

公園管理事務所ではハレアカラの詳細の地図、生息する植物、ネネ鳥等の情報を得る事も出来ます。ここから頂上までのトレッキングコースの出発点になってます。

クリックすると元のサイズで表示します [公園管理事務所]

ハレアカラの頂上では素晴しい景色と珍しい「シルバー・ソウド」を見る事が出来ます。咲いてる花は春から咲きかけ夏には満開の花を見る事が出来ます。 銀剣草・ネネ鳥詳細ここから

クリックすると元のサイズで表示します [満開の銀剣草]

ネネ鳥もハレアカラで見る事が出来ます。ネネ鳥はハワイ州の「州鳥」で、ハワイ島他の山麓でも見る事が出来ます。頂上ではなく、公園管理事務所付近から麓で見る事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します [ネネ鳥]


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ