2019/1/16  14:43

早明戦?明早戦?  Message From Hina


明日は今年初のリーダーライブ、
なので、すいません、宣伝です!!

1/17 程嶋日奈子クインテット 新年アルトバトル@池袋アップルジャンプ

程嶋日奈子(b) 横田寛之(sax) 高野 猶幸(as) 楠直孝(p) 大井澄東(ds)

@20:00〜21:00 A21:30〜22:30
Music Charge:¥3,000/2,000(学生)
http://applejump.net/cn3/pg194.html

です!!

ヒナバンドは昨年からマックス6名体制でやっておりますが、12月、1月はそれぞれ
私がツアーでもお世話になった福井アミちゃん、そしてビックバンド指導等でもお世話になり、
最近は月一回ジャムセッションホストも一緒にさせていただいている高野猶幸さんにご参加いただき、もともと固定の四人とのコラボでお届けしております。

というわけで、明日ご参加いただく高野さんのプロフィールをご紹介しますね!



クリックすると元のサイズで表示します

★高野 猶幸(たかの なおゆき)

クラリネット/サックス奏者。作編曲家。明治大学出身。
在籍した明治大学Big Sounds Society Orchestraにおいて
個人・団体共に多数のコンテストにおいて受賞。

在学中よりプロ活動を始め、卒業後はサクソフォンアンサンブル、クラリネットアンサンブル、小編成オーケストラ等で活動。その後、自身のビッグバンドでのアルバムリリースの他、
マルチリード奏者として劇伴、歌伴、スタジオ等数多くのキャリアを積み、現在に至る。ある時よりコンボジャズに傾倒し、クラリネットとアルトサックスを主軸に多数のセッションを経験する。

並行して作編曲家としての活動実績もあり、ビッグバンドやサクソフォンアンサンブルをはじめ
数々の作品を手がける。バンド・ディレクションの兼任も多く経験する。

元・ヤマハポピュラーミュージックスクール、クラリネット科講師。
現在では山野楽器ウインドクルーのクラリネット・サクソフォン講師も務め、後進や学生の指導にも
独自のアプローチで精力的に取り組む。

「コンボジャズから室内楽まで」をモットーに、全てのフィールドを専門分野にすべく邁進中である。

2012年2月 「高野猶幸ジャズカルテット」1stアルバムをリリース
2012年7月 エディンバラ日本国総領事館からの招聘を受け、
「Edinburgh Jazz & Blues Festival 2012」に「World Jazz Orchestra」の一員として出演
2013年7-8月 Quincy Jones氏来日公演「The 80th Celebration Live in JAPAN」に
「Quincy Jones Big Band」のリードアルト奏者・フルート奏者として参加。 氏の指揮の元で演奏
2013年8月 日比谷公会堂で行われた「第45回サマージャズ」に、「クラリネット・サミット」の一員として出演
2013年11月 管楽器専門店DACにて、
 「高野猶幸Presents 第一回クラリネットサロンコンサート featuring 人工リード『レジェール』」を開催
2013年12月 第33回浅草ジャズコンテストに、審査員およびゲスト出演者として参加
2015年10月 ミュージカル「TOP HAT」来日公演オーケストラに参加
2016年4月 北村英治 米寿記念コンサートに出演

因みに高野さんが学生時代のBSSCの演奏
https://www.youtube.com/watch?v=qLdSLgS_EbI

山野の演奏ですね。この時のBSSO面白いなあ。。。みのりちゃんとかいるね。

対する我らが横田寛之いや、YOKOTASAX


クリックすると元のサイズで表示します

★横田寛之(HIROYUKI YOKOTA):

サックス奏者。トラックメイカー。DJ。

自己のジャズカルテット、横田寛之カルテット「ゴウダヴ」を率いる。

また、ジャズエレクトロバンド、ETHNIC MINORITYのメンバー。

Yocotasax.(横田サックス。)名義でサックス、コントラバスクラリネットを使ったハウス・テクノトラックを制作している。

これまでに4枚のアルバムをリリース(表参道ワンピース、Introducing ETHNIC MINORITY、Startin’、イレブン・ストーリーズ、Beatin’ )。

その他、サポートとしてのレコーディング、LIVEなど多数

(水曜日のカンパネラ、KinKi Kids、分島花音、7!!、私立恵比寿中学、etc)。

また、TEDx Tokyo Teachersではスピーカーとして登壇した。

月刊誌「Jazz Life」にて、サックス講座『横田寛之のコペルニクス的ジャズ・サックス』を隔月で連載中(2019年1月号〜)。



あ!!

横田君てプロフィールに出所が書いてないのですね!


横田君は何度もご紹介しております通り、私の一個上の先輩で(後輩じゃないよ!)
早稲田大学ハイソサエティーオーケストラで2年生からコンマスをしていた天才君です。

この記事とか懐かしいな。
http://keitahaginiwa.com/1248/detail

私ものちに取り上げていただきました。
http://keitahaginiwa.com/3720/detail

というわけで、明日はサックス早明戦です!

因みに、明治出身の人は明早戦というらしいです。

あー、あったね!

早慶戦も、「慶早戦」ていう人いるからね。
でも語呂悪くないですか??(早稲田出身の独断)

なんて、、


予約の出だしが好調で油断していたのですが、インフルやらでちょっとキャンセルがありまして、若干お席が寂しい感じです。
年明け一発目のリーダーライブなので盛り上げに来ていただけたら嬉しいです!

よろしくお願いいたします!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ