2015/12/31  18:06

重要《本日の東京倶楽部でのライブに関する重要なおしらせ》  Message From Hina

お店からなぜか、

〚本日のセッションは中止のため予約はキャンセルさせていただきました〛
というメールが来ているかたがらいっしゃるようです。


本日のライブですが、実は
お引き請けするときもした後もいろいろ調整が入っていまして。


@お店から「セッションのお客様にもDMをしたいので」ということでセッションの時間を長くしてほしい、とオファーがくる
Aなぜかセッションのページに掲載され、ライブのページに掲載されない
Bその後お願いしてライブのページに載る、がセッションのDMは結局出されずじまい・・・
C昨日になってセッションのページからスケジュールが削除される
というへんてこりんな経緯をたどってしまいました。


おそらく、お店側も集客に協力してくれようとしたと思うので、悪気はないと思うのですが、
Cの時点で
〚本日のセッションは中止のため予約はキャンセルさせていただきました〛
というメールが飛んでしまっているようです。
私のほうでいらっしゃることが把握できている方には直接メールをしていますが、全然マークしてない方からも問い合わせが来ていて、
このままだと多くの方が「やるのかやらないのかわからない」
状態になりそうなので、記事書かせていただきました。
誕生日なのにーー(T T)


今日はやります。セッションの時間ももちろん作ります。皆様是非お越しください。

ていうか、応援にきてください。これは痛すぎる。。。
0

2015/12/1  0:27

12月はギター祭りです。  Message From Hina

さて、少し前にギターの佐々木正治さんとのDUOのことをFacebookに書きましたが。

クリックすると元のサイズで表示します

実はあの前には紆余曲折あって、
おばんざい曙で開催された「ギターとベースの会」からいろいろとお仕事が派生しているのです。


で、12月は素敵ギタリストさんたちとたくさん共演します。

まずは、

12月11日 程嶋日奈子 トリオ 横田寛之(sax)×鈴木直人(gt)
@学芸大珈琲美学
MC¥3300+ご飲食代+消費税
Open18:30 1st19:30 / 2nd21:00

http://www.jazz.co.jp/LiveSpot/coffeebigaku_schedule.html?num=1

鈴木直人
http://ameblo.jp/naotothebomb/

クリックすると元のサイズで表示します

2004年 Gibson Jazz Guitar Contest優勝。
2010年 Jazz Session on You Tube 2009-10にて最優秀ギタリスト賞受賞。
ジャズ情報サイトJazz Pageの人気投票ギター部門で2012年第一位、2013年第二位。
2014年 Diners Club Social Jazz Session 2013-14にて優秀者に選ばれブルーノート東京でリーリトナー氏と共演。
リーリトナー氏の選考により最優秀者賞受賞。
同年Lee Ritenour's Six String Theory World Competiton のJazz/Fusion Guitarist部門にて世界第4位獲得。

徳田雄一郎RALYZZ DIGのギタリストとして全国や海外のジャズフェスティバルに多数出演。
これまでにマレーシア、中国、カナダ、インドで演奏。
田中公平氏、岩男潤子等のサポートでフランス、イタリア、香港、台湾で演奏。

「SOFFet」「mihimaru GT」「HALCALI」「倉木麻衣」「高杉さと美」「超新星」「「カノン」「jamosa」「May-J」「ベッキー♪♯」「タッキー&翼」「BENI」「YA-KYIM」「石井竜也」等J-popアーティストのレコーディングやライブサポートに参加。



12月13日 程嶋日奈子ベース教室×おばんざい曙
Session Party
セッションしながらひなのご飯食べてパンダバーで飲む日です。
☆完全予約制です。7日くらいに締め切ります。☆
ホスト
佐々木正治(gt)中尾剛也(gt)

佐々木正治
http://profile.ameba.jp/masajazz/

クリックすると元のサイズで表示します

高校入学と同時にエレキギターを手にする。1997年東京スクールオブミュージックに入学。1998年春、同校留学プログラムにて渡米しLos Angeles Music Academyに入学。在学中にFrank Gambale(Chick Corea)、Brad Rabuchin(Ray Charles)に師事。インプロビゼーション論などを学び、ジャズに目覚める。1999年同校卒業後、帰国し宮之上貴昭氏に師事。本格的にジャズギターを学ぶ。

2000年春にバークリー音楽大学より奨学金を獲得し、同年秋、再び渡米。バークリー音楽大学に入学する。在学中にWayne Krantz, Sheryl Bailey, Bruce Sanders, Mark Whitfield, Mick Goodrickにギターを師事。Joe Lovano(Sax), George Gazone(Sax), Ed Tomassi(Sax), Hal Crook(Tb)にインプロビゼーション論、アンサンブル学を師事する。後、在学中にバークリー音楽大学から特別最優秀ギタリストとして選ばれ、Pat Methenyからレッスンを受ける。同理由により2003年秋、Guitar Achievement Awardを受賞。2004年春、同大学Performance Major Degreeを卒業、学士号を取得する。

2004年卒業後、ボストン、ニューヨークで精力的に活動し、Esperanza Spalding, Cyrus Chestnut, Ralph Petersonと共演する。後に様々なレコーディングなどにも参加、ミュージカルでの演奏も経験し、幅広く活動する。また、ボストンでギターの講師としても活躍する。

2009年秋、活動拠点をロサンゼルスに移す。Hollywood, Sunset Strip, Santa Monicaなどのクラブを中心に数多くの第一線のミュージシャンと共演を重ね、サイドメン、講師、レコーディングなども行う。

2011年4月に日本へ帰国し、現在は横浜在住。東京を中心に、現在自己バンドやSoffet、Yoyo the pianomanのサポートギタリストに参加、ジャンルを問わず幅広く活動中。


中尾剛也
http://blog.livedoor.jp/richard20001979/

クリックすると元のサイズで表示します

ジャズギターリスト。愛知県出身。
幼少の頃、クラシックピアノを習うようになる。バイオリンもちょっとだけ習う。
15歳の時、とあるきっかけで聞いたフォークギターの弾き語りに感動し、ギターに興味をもつ。初めて買ったのはYAMAHAのフォークギターだった。その後エレキギター(フェンダー・テレキャスター)を購入する。大学1年で入部したジャズサークルで、ジャズに出会う。先輩の紹介によりWes Montgomery, Kenny Burrell, Grant Green,などを聞いて、タバコの煙で燻したようなジャズギターの魅力にハマる。現在は自己のグループを率いて、阿佐ヶ谷マンハッタン、池袋インディペンデンス、などに出演。
また、さまざまなミュージシャンのサポートとして、東京、埼玉、神奈川、千葉などのライブハウスで演奏を重ねている。
使用楽器はMoonとロゴが入っているフルアコ。10年ほど前に中古品として購入したものだが、この楽器について詳しいことは不明。
2003年のギブソンジャズギターコンテストで、ジャズライフ賞受賞。



そして。。。

12/22 楽や セッション with 三吉"3吉"功郎(G)
http://www.luck-ya.com/live_12.html


三吉"3吉"功郎(G)
http://sankichi.m78.com/jp/


クリックすると元のサイズで表示します

大分県別府市出身。83年上京後、様々なグループで活躍した後、'95年 村上”ポンタ”秀一(ds)と共に結成した「3吉・ポンタUNIT」で初リーダーアルバム「サンキチズム」をリリース。

このアルバムはジャズギターの概念を破る傑作と各方面より絶賛される。その後もコンスタントにリーダー作を発表。

海外公演も数多く、各地で好評を博している。

現在は自身の活動に加え、絢香、JUJU、辛島美登里、国府弘子(p)、本田雅人(sax) 等のツアー、レコーディング等で活躍。

また矢沢永吉、森山良子のツアーにはギタリスト兼バンドマスターとして長年参加、現在にいたる。

まさしく現在の日本ギタリスト界を代表するミュージシャンの一人である。



12月、気合入れていきます!(次回ピアニスト編に続く)
0

2015/10/28  16:17

ハロウィン2016  Message From Hina

こんにちは。ひなです。

何やかんや今年もぼちぼちハロウィンですね。
去年のアレは記憶に新しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

あたし、顔ぱんぱんだな・・・。

この時は横田君がClub AsiaのハロウィンイベントでDJしてたので、見に行ったんですよ。

そしたら、横田君、なんと超満員のフロアでiPhone落としまして。
まあ、次の日に出ていたんですが、二人で探し回ったり、帰ろうとしたら全然タクシーが拾えなかったり。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

「俺の負けです」って言ってた時の写真。

面白かったですね(笑)


そんな横田君との年内のライブは

11/18 程嶋日奈子クインテット@池袋Apple Jump
程嶋日奈子(b) 高澤綾(tp) 横田寛之(sax) 楠直孝(p) 大井澄東(ds)

12/11 程嶋日奈子トリオ+1@学芸大珈琲美学
程嶋日奈子(b) 横田寛之(sax) 高木里代子(pf) Special Guest 鈴木直人(gt)

是非お越しくださいね!

さて本日はPiano 砂田知宏さんの " Latin Jazz Night ",@Club T
Conga Rodolfo Papo さんとは初共演!楽しみだあ!!

そして今年のハロウィンは六本木Club Tで30日の花金にライブをやってます。
請う、ご期待。

11月は札幌もあるもんね!
ライブスケジュールも更新していきますのでHPもよろしくお願いいたします。

hinabass.com


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ここからのスケジュール

10月 

28日 砂田知宏Latain Jazz Night@ClubT
30日 ハロウィンナイト@ClubT
31日 東京倶楽部水道橋 Jam Session with 楠直孝(pf)★13:00 からです。ご注意ください

11月

1日 金町38 Jamsession with 小野孝司(pf)
3日 佐々木正治(gt)Duo@横浜 La Bichette
11日 砂田知宏Latain Jazz Night@ClubT
12日 三好“3吉”功郎(G) 程嶋日奈子(W.Bass) 黒木美紀(Vo)@高円寺楽や
15日 陽菜5週年 Closed Party
18日 程嶋日奈子クインテット@Apple Jump
21日 札幌 K'S Bar
22日 札幌 Jericho
24日 サテンドール Vocal Day

12月
11日 程嶋日奈子Trio+1 珈琲美学
22日 高円寺 楽や
24日 いざうら(vo)Trio@inF
28日 サテンドール Vocal Day
31日 東京倶楽部水道橋 年越しイベント

残り二か月がっつり行きたいと思います。



0

2015/10/21  15:41

ドラムレスということ  Message From Hina

さて、もうタイトルからあれですが。今日はこの三人でライブなのです。

クリックすると元のサイズで表示します

珈琲美学でやってます。




ドラムがいない状況でのライブということというよりは
今年レギュラークインテットのスピンアウトで3人で始めたこのライブ。


ご来場くださるお客様からは
〚クインテットとは全然違いますね〛

とおっしゃっていただいています。

で、中でもうれしいのが。

〚全然寂しくならないんですね!〛

そう!そうなの!!
それ!そらがやりたいの!!


ジャズをやってるとですね。

ドラムって言う楽器の偉大さに本当にいつも助けられます。
っていうよりきっと私は澄東さんの偉大さに助けられているのですが。



ドラムレスだとね。。

〚癒されますね〛とか、
〚ゆったりしてていいですね〛とか、
〚これはこれでいいですね、ほっこりして〛とか、

言われちゃいがちですが。
これは、私がベースを弾いているときにそう感じられたとしたら演奏が失敗している証拠です(笑)


ドラムレスだとしても

スピード感やダイナミクス、スリルのある感じを表現できていないといけないんですよ。



10年くらい前は

〚ドラムレスだからテンポキープしないと・・・〛

とか恥ずかしながら思っていましたが。


そういうことではない!





と思います。


こないだ真さんがワークショップで
〚いいドラマーはバンドの音を前に押し出すからうるさくない〛

という話をされていました。(この話はぜひご本人からどうぞ)


ドラムがいない状態でベースがそれをどこまでできるか。






また、クインテットは人数の多さからどうしても事前にある程度の決め事決めて演奏しないといけないことが多いのですが(だんだんそんなことしなくてもできるようになってきますが)、
トリオはやはり何も決めずに即興性をもってできるスリルがあります。


もちろんゆったりほっこりしたのもいいと思うし、
小編成のよさや大編成の良さもありますよ。

それは否定しない。


ただ、どんな編成でもスピード感やわくわくするジャズの面白さを失いたくないんですよ。



どんな編成でも最高に楽しい演奏ができる達人になりたいですね。



究極はソロベースだけど・・・、

チャレンジは続きます。


_________________________________

程嶋日奈子(bs)横田寛之(as) 堀秀彰(pf)

http://www.coffeebigaku.server-shared.com/

Open 18:30 Start 19:30
MC 3300円

途中からでも入れるので、このブログを読んで〚じゃあ行ってやるか・・・〛と思った方は
是非どうぞお店までお電話ください。

東京都目黒区鷹番2−19−20 第2ベルウッドビルB1
TEL. 03-3710-1695

_________________________________
0

2015/8/1  9:56

池袋Apple Jump 満員御礼でいした!  Message From Hina

昨日は池袋Apple Jumpにて。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

久々にクインテットでした。さすがスペシャルメンバー。
ご予約頂いたけどいらっしゃれない方もいましたが、満員御礼!

お写真もたくさんとっていただきました!

ヒナバンドフロント。安定の横田君。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


昨日は綾ちゃんとの2フロント。
ヒナバンドでは三回目の組み合わせです。
綾ちゃん髪切ってめっちゃかわいい!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クッキーさんは二回目のご参加!
恋バナからお洋服の話までなんでも付き合ってくれます。
おまけに初見で超難解オリジナルも付き合ってくれます。
すごいなーすごいなー。超素敵です!恋しそうです♡

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そしてすみっ

クリックすると元のサイズで表示します

てぃー!

クリックすると元のサイズで表示します



なんとスーパーギタリストの佐々木マンも来てくれたよ!
おかげでアンコールが超豪華に!

クリックすると元のサイズで表示します

Set List

1st

@ Dark Orange Sunset
A 遠い海の君へ
B George WatsonU
C Blue Moment
D Midnight Walk

2nd


E アイリス
F 星月夜
G 空は海のもの
H マリア セルバンテス
I Mid Night Mambo

アンコール
    We Are Young Lions
Four (佐々木マンと一緒に!)

楽しすぎて演奏中も超笑ってます。これ、曲中ですから(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

真面目にも弾いてますけど。

クリックすると元のサイズで表示します


記念撮影もわいわい。


クリックすると元のサイズで表示します

まずはメンバーで。

クリックすると元のサイズで表示します

佐々木

クリックすると元のサイズで表示します


まーん!
クリックすると元のサイズで表示します

お客様も入っちゃえ。新弟子の一郎君がすげえ白い(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

マスターの関さんも入っちゃえ!

クリックすると元のサイズで表示します

みんな本当にありがとうございました!

帰宅後一人打ち上げ。楽しすぎて寝れなかったのです。

クリックすると元のサイズで表示します

お酒もたくさんいただきました!
奈々ちゃん、仁美ちゃん、ワインごちそうしてくださった堀江さん、ありがとうございました!

クリックすると元のサイズで表示します

またこのバンドでライブしたいなー。

今日は松戸で、明日は高円寺で演奏です。
皆様よい週末を!遊びに来てね!!

https://www.facebook.com/hinakohodoshima

こっちも更新中です。

ではでは!
0

2015/7/29  0:11

夏女の真夏の予定  Message From Hina

ひなです。

ちょっと目いっぱい過ぎてホームぺージが更新できないので、、(明日できるかなー)
今週末とかの予定です。8月、9月楽しみな予定がもりもりです!


今週末がまず三連発なのです!

7月31日 程嶋日奈子クインテット@池袋Apple Jump
程嶋日奈子(b) 高澤綾(tp) 横田寛之(sax) 楠直孝(p) 大井澄東(ds)
Music Charge:¥2800円/1500円(学生)
@20:00〜21:00 A21:30〜22:30 ※入れ替えなし。
http://applejump.net/cn3/pg152.html

こんなバンド



8月1日 三田愛(fl)Trio@松戸Corcovado 
三田愛 Fl、阿部瑠美 Pf、程嶋日奈子 B
MC 2000 19:00-
http://www7b.biglobe.ne.jp/~jazz-bossa-corcovado/2015_8.html

8月2日 楽やセッション@高円寺楽や
西山“HANK”史翁(G) 北川涼(Ag) 程嶋日奈子(W.Bass) 酒井タカフミ(Perc) ゲスト 黒木美紀(Vo)
MC 1000\ 19:30-
http://www.luck-ya.com/live_8.html

その後!

8月13日 愛知県にて手筒花火打ち上げ。 からの

8月23日 東京倶楽部水道橋 昼のJam Session ホスト/程嶋日奈子(b)/中尾剛也(gt)
8月26日 学芸大珈琲美学 程嶋日奈子Trio with 横田寛之・高木里代子
8月31日 関内FaroutJam Session ホスト/程嶋日奈子(b)/中尾剛也(gt)

9月6日 亀有38 Jam Session 昼
9月7日 六本木サテンドール Vocal Day
9月8日から13日 
     にはたづみMusic Camp
https://www.facebook.com/events/799757626798065/
期間 2015 9/7(mon)~13(sat) (14日解散)

招聘講師 助川太郎gt
常任講師 上野賢治fl、中村真p
サポートアーティスト 川本悠自b、道脇直樹pf、程嶋日奈子b、他
主催:にはたづみミュージックキャンプ実行委員会
後援:新川学びの森天神山交流館


9月20日 Jam Session@水道橋東京倶楽部


0

2015/6/16  0:32

初北陸新幹線、富山の顛末。  Message From Hina

お疲れ様です。程嶋日奈子です。

いや、今まさにお疲れ様ですって感じです。

金曜18時すぎまで昼のお客先に滞在してから横浜でセッションホステスしてからの。。。
(しかも昼間@プロジェクターの熱よけにノートを開いてたらフリクションで書いたページが全部消える、A(そこそこ大事な)会議中に説明者の方の正面の席で珈琲をこぼす。しかも議事録取りに集中しすぎてしばらく自分がこぼしたと気づかず騒然となる出席者を眺めてしまうBこれらすべてが起きているあいだ、ワンピースを前後ひっくり返してきていた)

ABsmileに寄ってからの、案の定終電なくなって神田からたくってからの、

土曜はエキストラで入っているブラスバンドのリハーサルに一日使って、

日曜昼から水道橋でセッションホステス17時までしてからの18時から車で富山に行って、
先ほど初の北陸新幹線で帰宅しました。

怒涛の4日間でした。



Facebookでは途中立ち寄った遊園地の写真が載ってますが、今回の目的は今年のミュージックキャンプの下見です。

__________________________________

Facebookイベント
https://www.facebook.com/events/799757626798065/

2010年大分県中津江村で始まったミュージックキャンプは、2013年金沢へ移動し、そして今年からは富山県魚津市の新川学びの森天神館へ移動します。

期間 2015 9/7(mon)~13(sat) (14日解散)

招聘講師 助川太郎gt
常任講師 上野賢治fl、中村真p
サポートアーティスト 川本悠自b、道脇直樹pf、程嶋日奈子b、他
主催:にはたづみミュージックキャンプ実行委員会
後援:新川学びの森天神山交流館
__________________________________

今回は真さん、ゆうじさんと一緒に会場の下見とともに、地元メディアとのMTGなどをしてきました。

新しく場所を移したキャンプもきっといいものにしていきたいと思うので、
是非皆様のお越しをお待ちしています。

*私は諸々の都合上全日程の参加は厳しいと思いますが、運営サポートをしています。


そして、明日は今月のTail'zのライブのリハーサル。明後日は珈琲美学でリーダートリオです。

6/17 程嶋日奈子Trio@珈琲美学

程嶋日奈子(bs)横田寛之(as) 堀秀彰(pf)

http://www.coffeebigaku.server-shared.com/

Open 18:30 Start 19:30
MC 3300円


クリックすると元のサイズで表示します



http://www.hinabass.com/?p=1166

さらに・・・20日の夜には豊橋に出発して21日にパーティー演奏してその日に帰ってくるという今週も恐ろしいスケジュールが待っています。

明けて来週は

6/22 六本木サテンドール
6/24 渋谷Last Waltz "Tail'z"
6/28 ブラスバンドエキストラ

です。

楽しみです!

頑張ります!!
0

2015/5/31  10:06

『チームの力』を引き出せるリーダーとは  Books Review

おはようございます。

先日Facebookにも投稿させていただきましたが、
西條先生が新しく本を出されたこともあり、ふんばろうの同窓会に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します


先生がドキンちゃん書くところで挫折したので、左下の半分だけ私が書いてまさかの
早稲田大学客員准教授と早稲田大学モダンジャズ研究会出身Bassistのダブルサイン本という
・・・ありがたいんだかなんだかわからないものが出来上がりました。


クリックすると元のサイズで表示します


ふんばろう初期を知る人々からすれば、なんか懐かしい感じも感じていただけるのではないでしょうか。

ふんばろうおメンバーたちは
今もおそらくみな東北支援の活動をしつつ、
新しいステージの活動もしつつ、充実した日々を送っていられるようで、
楽しい会でした。

ミュージックキャラバンを知らない方はこちら
http://sun.ap.teacup.com/applet/moonandsand/msgcate7/archive


そして今朝起きたらこんなことになっています。

クリックすると元のサイズで表示します


おおおーーー!!



せんせーだーせんせーだー!




さてと。立ち上げといて一回も使わなかったカテゴリーのbook reviewを使うときが来ましたね。

Facebook等で引用くださる際はこちらから下をコピペしてくださると幸いです。



*************************



この『チームの力』は、ありとあらゆるチーム(組織)をマネジメントする人に、
是非読んでいただきたいな、と思う本だ。


西條先生の、あるいはふんばろうから生まれたマネジメントモデルの面白いところは
人間の本能に近い”原理”に逆らわないところにある。


人間が集まっているからにはいかに「プロフェッショナル」とはいえ、
会社でもバンドでも、”人間的な”マネジメントが必要なのである。


「嫌なものはいや」だし「誰から言われるか」がとても大切なのである。


ではなぜ、この人はこの仕事、あるいは状況が「嫌」なのか、
そこに一歩踏み入ることでコミュニケーションが円滑になる場合がある。


彼はこれを「関心」と呼んでいる。
*関心相関性についてはこちらをどうぞ。
https://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/32706/1/WasedaKokusaiKeieiKenkyu_42_Saijo.pdf


さて、基本的に何かのチームに属している限り、
私たちは「そのチームのなすべき何かを達成したい」という目的を共有しているはずである。


ただし、バックグラウンドが違えば何に関心があるかは違う、
これを無理やり押さえつける方法はあるはあるのだが、どこかで破たんすることもある。

これ以上の本の中の内容は実際に購入して読んでいただきたいのだが、
ここではそれをうまくできてしまっている人の事例と、
先日身の回りにあったトラブルを例に出して、「関心」を踏まえたコミュニケーションがいかに重要かを紹介したい。

______________________________________

◆とあるリーダーの事例

私には今、(というかこの数年)目の離せないリーダーがいる。
関係者にはわかってしまうと思うし、悪い話ではないので、ここではつかじさん(仮名)とする。

つかじさんはとある会社のマーケティング部長をしている。
私も一部業務をお手伝いしていたことがある。


とにかく新しいものへの関心が高く、業界のことにも詳しい。
勉強熱心で仕事が大好きな人だ。
今迄もたくさんの魅力的な製品やサービスを生み出してきた。



ただ、つかじさんは所謂「夏休みの宿題を8月30日までやれない人」だ。
というか、案件が多すぎてそうなってしまっているところもある。
周りはそれにかなり振り回されつつも、
つかじさんのことを本当に悪く言う人はいない。

「つかじさんまたギリギリなんだよー」

と、楽しそうである。


で、この人に興味がわいた私はよく観察してみることにした。

すると、驚くほどメンバーのプライベートをよく知っている。

彼ら彼女らが今どういう状態でどんな姿勢で仕事に臨んでいるか。
何故その仕事をしているか、将来どうなりたいか。

そしてその上で組織をマネジメントしている。

驚くほどばっくり仕事をしているようで、
実は驚くほど緻密にメンバーの「関心」を見抜いて、彼らのモチベーションが
自然に動く方向で組織を運営しているのだ。


そして、驚くのはこれが社内だけにとどまらず、お客さまもビジネスパートナーも
「つかじさんがやりたいことなら協力したいんですよ」
といい、あらゆる協力を惜しまないことだ。

つかじさんはパートナーのこともよく知っている。
よく知っているだけではなく、無茶ぶりしまくっているように見せて、
きちんと彼らのビジネスに貢献しなければならないときは助けてあげているように思える。

とある案件で私のIBM時代同期が企業した会社を紹介したのだが、
「彼らには頑張ってほしいから、いい案件をあげたいんですよね。」
と、私以上に考えてくれていた。


こうなると「この人が言うならがんばろう」と、自然といい関係が周りにでき始める。


素晴らしいリーダーだと思う。
実際この事業部は本当に少ない販促費で素晴らしいパフォーマンスを上げている。

ちなみに、つかじさんも西條先生の元生徒さんである。


◆「関心」を無視したコミュニケーションの失敗例


では逆に「関心」を無視してしまうとどうなるのだろうか。

最近あるブログに「ミュージシャンに言ってはならない一言」
みたいなものが載っていて、知人がtwitterで紹介していた。


http://k-yahata.hatenablog.com/entries/2014/06/15

http://aart.info/13-taboo-for-musician/


ま、私はあまり気にしませんが・・・。


私たちミュージシャンは自分のもっとも好きなことを仕事にしてしまった人という意味で、
世の中では結構レアケースな人種である。


このミュージシャンという人種と一般の人がこのようにぶつかってしまうのにはこんな背景がある。
実際には特に男性が陥りやすいように見える。


ミュージシャンがわからすれば、一番関心があるのは自分の演奏内容やライブ活動、お客様やバンドメンバー
ライブハウスとの関係性であり、ギャラがいくらかはどちらかというと「それでもできるか」とか「今月の他の仕事とのバランス」だったりする。なぜなら自分が本当に好きなことに対して値段を付けるのは人は苦手でクオリティを重視していくからである。続けられさえすればいいのだ。また、共演者の知名度などもさして興味はないことが多い。
有名なひとよりも、よい芸術家との演奏を好む人は多い。
一方できちんと会社に勤めて奥さん養って・・・みたいな同年代に引け目を感じないわけでもない。


会社員の人からすれば、やはり自分の仕事の内容などや家族のことに関心はありつつも、
全然割に合わない仕事をしている(こともある)ミュージシャンはとても不思議に映るだろうし、
良く知らない音楽の世界のことはやっぱり良く知らないし。
そして自分が好きなことを好きなようにやって誰かに毎日拍手を浴びて、という生活をしているように見える。なんだか華やかな世界にいる同年代のミュージシャンが、ましてやもともと知人だったりしたら
何かしら嫉妬もあるだろう。



だからダイレクトに「稼げるの?」とミュージシャンに聴くのはお互い不幸になるコミュニケーションなのだ。



ちなみに、これに似たケースを最近転職相談で見た。

コンサルティングファームに行きたいという弟子がコンサルタントにダイレクトに給与の質問を
してしまったのだが、

戦略コンサルという仕事も、時には割と割に合わないので(笑)

私の元ボスは「コンサルタントは職業ではなくて生業である」と言っていた。

本当にクライアントの成功に一番に関心がある人ではないとやっていけないという意味だ。
彼は今どうしているのであろうか。



______________________________________


かなり事例が長くなったが、

「関心」を踏まえたコミュニケーションがいかに重要か少しでも伝わっただろうか。

続きはこちらの本から。ぜひ。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E5%8A%9B-%E6%A7%8B%E9%80%A0%E6%A7%8B%E6%88%90%E4%B8%BB%E7%BE%A9%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E2%80%9D%E6%96%B0%E2%80%9D%E7%B5%84%E7%B9%94%E8%AB%96-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E8%A5%BF%E6%A2%9D-%E5%89%9B%E5%A4%AE/dp/4480068309/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1433039406&sr=1-1












0

2015/5/18  9:59

勇気≠ニは何か 即興的演奏の観点から。  Message From Hina


ある朝起きたらFacebookに西條先生がこんなポストをしていた。

_______________________________


勇気≠ニは怖れないことではない。
怖いなあ、嫌だなあと思いながら進む覚悟≠ナある。
ゆえに、ときには後ろに進む=引くこともある。

即ち、怖れる気持ちを持ちながらも、状況と目的を見据えて有効な方法を採り続ける人を
勇気のある人≠ニ呼ぶのだ。

そういう人に、私はなりたい。

_______________________________


深い。



**


ジャズは即興的演奏である。(完全な即興ではないから即興的 とする。)
自分がこっち に行こうとしたからと言って、
まわりの相手がついてくることもあればついてこないこともあれば、そもそもなんの反応も見せないこともある。

それにいちいち慌てたりいらついたりしては仕事にならないし、


その場で起きていることに対して有効な対応というか、
場に提案をし続けることが即興の演奏をしていくことなのではないかと思う。


で、ここでまずいのが、

提案することをやめてしまうことである。



たとえばだれか実力的にかなり上の人と演奏することになったとする。

そんな時私たちは提案することをやめてしまいがちなのだが、
誰か一人が提案することをやめてしまうと、その場はクリエイティブなものではなくなって行ってしまう。


つまり

ここでこうしていいのかな。。。


と思いながらも、「こう思う」という提案を演奏中にし続けたり、時には「自分は今、聴いてます。ここは任せます」という姿勢をだすことも必要だったりする。

「まあ、落ち着いて一旦場を整えよう」という「引く」提案をしたり、MCを入れていったん流れを切ることもある。


今回のtourでの私の最大の収穫はこの一連の話がつながったことでもある。
まあ、それができているかどうかは別だけど。





そして実は企業経営においてもこの「勇気」はとっても重要なものなんだよ、
というのを元コンサルタントの立場から言いたいけど、
若干周りの状況をかんがみて、「書かない勇気」を発動します。


何にしろ「怖い」からと言って思考を停止しては、ダメなのだと思う。








0

2015/4/27  12:25

今週末からツアーに出ます!  Message From Hina

さて、散々言ってますが、今週末からツアーになります!

5月3日〜5日 Rhys Special 東北ツアー
ゴールデンウィークは山形、秋田に旅に出ます!
今回はRhys Specialということで、ツアーメンバーは
門馬瑠依(vo) 中村真(pf) 中尾剛也(gt)
程嶋日奈子(b) 斉藤真(ds)
楽しみです!

5/3 Acoustic Music Pub風來奏U
山形県鶴岡市本町1丁目8-15 2F
0235-24-2339
ミュージックチャージ3500円。プラス1500円で飲み放題
19:00スタート

5/4 Music Gallaryグリーンベイ
山形県酒田市新井田町1-10
0234-23-7886
https://www.facebook.com/pages/Music-gallery-Greenbay/643047279102236
ミュージックチャージ3000円
18:30オープン
19:00スタート

5/5 カフェブルージュ
秋田市南通築地6−17
018-825-0888
http://www.cafebrugge.com/index.html
ミュージックチャージ4000円 1ドリンク付き 
18:00 オープン、19:00 スタート


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


あー。

太るな(笑)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ