2004/12/30

ベルサイユのばら  オーディオ・ドラマ
「ベルサイユのばら」 (1975年) ラジオドラマ ニッポン放送
役名:ナレーション

納谷悟朗さんのファンになったきっかけが、ニッポン放送のラジオドラマ「怪人二十面相」だったと言う事は前にお話しました。

「二十面相」が終了後、1975年に「ベルばら」のラジオドラマをニッポン放送で流していたのですが、私は悟朗さんがナレーションをされていたのは覚えているのですが、それ以外の詳細を全く失念しておりました。

先日たまたま当時のキャストを発見!・・・が、全然記憶にありません。
うーん、ナレーションだけ聴いていたのでしょうか???(笑)
ナレーションはとても素敵な声で演って下さっていました。

「二十面相」は当時人気番組だった、欽ちゃんの前か後番だったと思います。
「ベルばら」は引き続き同じ枠、そして提供も同じ「オリベッティ」と言うタイプライターの会社だったと思います。(??)ここのラジオCMを熊倉一雄氏がやっていらっしゃった様に思うのですが、この辺の記憶もかなり怪しいです。(苦笑)

このキャストはどこか宝塚関係のサイト様で拝見したと思うのですが、どうしてもどちら様で拝見したのかわからなくなってしまいました。本当に申し訳ありません。
キャストをアップして下さっていたサイト様に感謝致します。
ラジオ版ベルばらが実在していたのが確認出来て、嬉しかったです。
キャストを拝見したサイト様には、悟朗さんのお名前はありませんでしたが、これにご出演だったのは間違いないと思います。
(このドラマをご記憶の方は何卒コメントをお残し下さい。)

キャスト
オスカル:佐藤オリエ  
アンドレ:柴田イ光彦 (済みません、正しくはにんべんに光ですが、変換出来ません!)
マリー・アントワネット:松本典子 
フェルゼン:有川博
ナレーション:納谷悟朗

追記:
納谷悟朗&納谷六朗正誤表について・・・

もしかしたらちょっと説明が足りなかったかも??と思いますので、追加です。
ネット上でお二人のプロフィール等をチェックしておりますと、時々悟朗さんと六朗さんの作品が混同されている事があります。それで時々見かける物を書かせて頂きました。

恐らく皆さんがネットでチェックしてアップされるので、どこかで一度間違えていると、間違ったままその情報をまた別の方が転載する・・・と言う様な事が起こっているのだと思います。正規のクレジットが間違っていると言う意味ではありません。
(「駅馬車」以外は!!!!!)


皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。

2004/12/29

納谷悟朗&納谷六朗正誤表  その他
悟朗さんと弟の六朗さんは一字違いの為に、クレジットが間違っている事があります。
時々見かける間違いの幾つかをご紹介します。
悟朗さんがご出演になっている物は、またいつか改めて書きます。
(これも予定は未定?笑)

「新エースをねらえ!」劇場版(1979年9月8日) アニメ・劇場
役名:竜崎理事長(麗華の父)
正:納谷悟朗
誤:納谷六朗

竜崎理事長役は悟朗さんです。テレビの「新エースをねらえ!」の竜崎理事長も悟朗さんでした。劇場で拝見しました。絶対に間違いありません。(笑)

「GS美神 極楽大作戦!!」(1994年8月20日) アニメ・劇場
役名:織田信長
正:納谷悟朗
誤:納谷六朗

これも悟朗さんです。拝見した事がありますので、これも絶対に間違いありません。

「聖闘士星矢 真紅の少年伝説」(1988年)(注) アニメ・劇場
役名:なし
正:納谷六朗(カミュ)
誤:納谷悟朗

本当にたまにですが、この作品に悟朗さんのお名前が載っている事があります。
「こんなのあったかな??」と思い、チェックした事があるのですが(拝見してみました)、「星矢」と言えば、私は良く知りませんが、六朗さんのカミュと言う役が有名です。
初め、共演されていた物があったのか???と思ったのですが、すぐに単に悟朗さんと六朗さんを混同しているだけだと気付きました。
悟朗さんは、この作品にはご出演になっていません。六朗さんがカミュ役でご出演です。
またお二人が共演された「星矢」と言うのもないそうです。

「駅馬車」(注2) 洋画吹き替え
役名:リンゴ・キッド(ジョン・ウェイン)
正:納谷悟朗
誤:納谷六朗

この映画を1980年頃に拝見した時のメモが残っているのですが、悟朗さんの事ばかり書いてあって、クレジットが間違って六朗さんになっていたとは、一言も書いてありませんでした。(声を聴けば一目瞭然?なので、クレジットまで見なかったのかも?????)
それで、このクレジットがずっと「納谷六朗」になっていると、複数の方から御教示頂くまで、全くそんな事は知りませんでした。
これのテレビ初放送は、1975年だったそうですが、結構最近の放送の時も相変わらず六朗さんのお名前になっていたそうです。
30年間間違ったままなのか????それってあんまりです。
何方が担当なのか存じませんが、何卒クレジットを修正下さいます様、お願い申し上げます!!

(注)カウラ様、カミュと「星矢」について、御教示ありがとうございました。
(注2)クレジットが間違っていると教えて下さった、飛行鬼サマ、dick-dastardly 様、自称吹替評論家サマ、他の皆様、本当にいつも御指導ありがとうございます。
評論家サマには、初放送年も御教示頂きました。
「駅馬車」ジョン・ウェイン(納谷悟朗)クレア・トレバー(武藤礼子)川久保潔、大平透、
宮川洋一、相模太郎、北村弘一

2004/12/28

宇宙戦艦ヤマト  宇宙戦艦ヤマト
ヤマト完結編の事を書いていて、また自分で混乱して来たので、メモにこれを載せます。
悟朗さんがご出演だった物は*印をつけました。
ご出演作についての詳細はまたいずれ書かせて頂きます!(予定は未定?笑)

宇宙戦艦ヤマト

テレビ
「宇宙戦艦ヤマト」 1974年10月6日〜1975年3月30日 読売テレビ系 (26話)
*沖田十三
「宇宙戦艦ヤマト2」 1978年10月14日〜1979年4月7日 読売テレビ系 (26話)
「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」 1979年7月31日放映 フジテレビ系
「宇宙戦艦ヤマトV」 1980年10月11日〜1981年4月4日 読売テレビ系 (26話)
*ナレーション

劇場
「宇宙戦艦ヤマト」 1977年公開 *沖田十三
「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」 1978年公開 *沖田十三
「ヤマトよ永遠に」 1980年公開
「宇宙戦艦ヤマト 完結編」 1983年公開 *沖田十三

悟朗さんがご出演ではなかった物は、ちゃんと拝見していないと思います。
(でも、なっちゃんとかは覚えていますが・・・)
テレビの「ヤマト」→劇場版「ヤマト」→「さらば」→「ヤマト3」→「完結編」と言う風に拝見したのだと思います。

うさこ様にはちゃんと拝見していない「ヤマト2」、「新たなる旅立ち」、「ヤマトよ永遠に」について、特にいろいろご説明頂きました。(それでもまだ混乱してるらしい・・・と言う事に気が付きました。苦笑)

2004/12/28

宇宙戦艦ヤマト 完結編  宇宙戦艦ヤマト
「宇宙戦艦ヤマト 完結編」(1983年3月9日劇場公開)
役名: 沖田十三 

言わずと知れたヤマトの沖田艦長。ヤマト最後の作品。

今までのヤマトにも全くつじつまが合わない事が沢山あったが、完結編では沖田が突如生き返って艦長に納まると言う、あまりにも信じられない設定。
自分の誤診と言う説明をすんなり受け入れる佐渡先生(永井一郎氏)もスゴイが、
「へぇ〜、そうだったんですか〜?」と言う感じで納得する古代君(富山敬氏)達はあまりにもスゴ過ぎる。
そう言えば佐渡先生って元々は獣医じゃなかったでしたっけ??
それじゃあ誤診もショウガナイか・・・ってそこへ振るための設定だったのか?(まさか)

悟朗さんは結構出番も多くて嬉しかったが、最初の作品で「地球か・・・」で涙ぐんで感動した自分は一体何だったんだろう???と思ったのも事実。
しかも何だか時々沖田の性格が変わっている様な気がしました。

悟朗さんは別格として、ヤマトで結構好きだったのは加藤。
加藤兄弟(注)の設定も、本当にセコイ技を使ってくれていましたが、私は沖田もあれは実は沖田の双子の弟で「沖田十四」とでも言ってくれた方が、まだ信じられたかも。(爆)
(だいたい本当に沖田が生きていたのなら、もっと前に出して欲しかった!)

・・・とは言え、ディンギルの子供が古代の身代わりになる所や、沖田が最後にヤマトと運命を共にする所など、結構泣けました。
加藤(神谷氏)が「艦長が残っておられます!」と叫ぶ所が印象的だった。

弟の納谷六朗氏も敵役で御出演。(ディンギル幕僚役)
その他、アクエリアスの女王の田島氏、ディンギルのプリンス(?)で若々しい印象だった津嘉山氏、モチロン悪役の石田氏他といつも面々。

キャストが多いのでお名前のみ:

富山敬、麻上洋子、納谷悟朗、ささきいさお/仲村秀生、青野武、野村信次、
林一夫、安原義人、永井一郎、緒方賢一、古谷徹、寺島幹夫、神谷明、伊武雅刃、
小林修、筈見純、石田太郎、津嘉山正種、伊倉一恵、納谷六朗、田島令子
ナレーター:仲代達矢

(注)加藤三郎、四郎。姿形から、声、ポジションまで全く同じの二人。しかも皆が「加藤」と呼んでいた為、私は最初「ヤマト3」で三郎と四郎が入れ替わっているのに気が付かなかった。悟朗さんがご出演でなかった作品はちゃんと拝見していなかったので、ますます混乱。だって「さらば」で皆がガンガン戦死したのに、生き返って来てたじゃないですか、後で・・・だから加藤も生き返っちゃったのかと思ってました。(笑)

*うさこ様、いろいろ御教示ありがとうございました。


2004/12/24

ゲッP−X  オーディオ・ドラマ
「ゲッP−X」(1999年)
70’s Robot Anime GPX Drama Mix CD (ゲームの付録)
役名: 魔王デービン

ゲームの付録CDで、音楽に合わせてゲームからのセリフ(だと思います)が挿入されている。全体で17分程度と短く、またストーリーのあるドラマCDではないが、なぜか聴けば聴くほど面白い作品。
「70年代風ロボットアニメ」と言う様に、いかにもお手本通りのキャラ設定が楽しい。
音楽も佐々木功、ムッシュ吉崎(クリスタルキング)、景山ヒロノブ、串田アキラ、MIOと凝りに凝っている。

キャスト
ケイ:神谷 明 
ジン:速水 奨 
リキ:たてかべ和也
ヒッサー:吉田古奈美 
ジャーグ:池田 秀一 
魔王デービン:納谷 悟朗
呉石博士(クレイジー博士のモジリでしょう・・・)&ナレーション:永井 一郎

合体するのはモチロン3人。(熱血漢の神谷氏、ハンサムな速水氏、そして体育系のたてかべ氏と言う設定・・・らしいです。)
力を合わせて、地球征服を企む悪の軍団「宇宙悪魔帝国」に立ち向かう。
悪役は悟朗さんと、池田、吉田の両氏。
悟朗さんがちゃんと「一番悪い人」を演って下さっているのが嬉しい。
悪役なら、そう来なくては!!(笑)

「ガハハハハ・・・」と不敵に笑ったりしていらっしゃる悟朗さんだが、「何もかも懐かしい・・・」と口走ったり、ガンダムをご存知の方には大爆笑保証付きと言う池田氏(仮面キャラ)の「日本のロボットは化け物か」等、パロディ的要素が強い。
(ちなみに私はガンダムはわかりません。笑)
速水氏の「僕とゴーゴー喫茶でフィーバーしない?」と言うセリフに、70年代が大爆発しておりました。(笑)

*私はゲームをやらないので良くわからないのですが、ゲームの中味も相当凝っているとの事です。キャスト同じ。但しゲーム自体は「シューティング」と言う単純な内容だそうです。その「シューティング」が何なのかも、実はわからなかったりして・・・。(苦笑)

アローマ制作

メリー・クリスマス!

2004/12/23

サントリー・オールドのCM  CM
サントリー・オールドのラジオCM (1970年代後半?)
役名:レット・バトラー/クラーク・ゲーブル(「風と共に去りぬ」)

昔、サントリー・オールドのラジオコマーシャルに、フィックスの声優さんが出演して、往年の名画を再現すると言う洒落た内容の物がありました。
悟朗さんも御出演になっていましたが、特筆すべき点は、それが私の知る限り、このCMにおいてのみ実現した、納谷悟朗&武藤礼子版(一番正しいキャスト!笑)の「風と共に去りぬ」だった事です!!!

クラーク・ゲーブル=納谷悟朗に付いての説明は不要だと思います。
ヴィヴィアン・リーに関しては、特にフィックスの方はいらっしゃらなかった、と御教示頂いた事がありますが(注1)、私としてはやはり「哀愁」(注2)のつながりから、ここでのチョイスであった武藤礼子さんが一番納得出来ました。
特に「風と共に去りぬ」(1939 年作品)と「哀愁」(1940年作品)は、制作年度が近い事もあり、当時の年令のヴィヴィアン・リーのフィックスを武藤さんと考えても差し支えないと思いました。(←強引。笑)

このCMでは「風と共に去りぬ」の最後のシーン、レットが去って行く所をお二人が再現されていました。
モチロンCMなので、セリフの中に強引にサントリー・オールドが登場し、聴きようによっては可笑しいのかもしれませんが、私は吹き替えではついに実現が叶わなかった、悟朗さんのレット・バトラーを拝聴出来た事が本当に嬉しかったです。
(個人的には、脚本に「サントリーオールド」が登場しても、変な印象はありませんでした。お二人ともちゃんとシリアスな感じでレットとスカーレットを表現して下さったいました。)

コマーシャルで再現された名画の数々:

「風と共に去りぬ」
ヴィヴィアン・リー(武藤礼子) 
クラーク・ゲーブル(納谷悟朗)

「地下室のメロディ」
ジャン・ギャバン(森山周一郎) 
アラン・ドロン(野沢那智)

「昼下がりの情事」
ゲーリー・クーパー(黒沢良) 
オードリー・ヘプバーン(池田昌子)

「お熱いのがお好き」
マリリン・モンロー(向井真理子)
トニー・カーティス(広川太一郎)

「ピンクの豹」
ピーター・セラーズ(大塚周夫) 
クラウディア・カルディナーレ(小原乃梨子)

「王様と私」
ユル・ブリナー(小林修) 
デボラ・カー(水城蘭子)

「エデンの東」
ジェームス・ディーン(野沢那智) 
ジュリー・ハリス(鈴木弘子)

「俺たちに明日はない」(注3)
フェイ・ダナウェイ(平井道子) 
ウォーレン・ビーティー(富山敬)

作品忘却
リチャード・バートン(田口計) 
エリザベス・テイラー(武藤礼子)

語りは城達也さん。
その為ご本人がフィックスで登場されなかったのが少し残念でした。ヘプバーンが既出ながら、「ローマの休日」あたりを演って頂きたかったです。(笑)

(注1)自称吹替評論家様調べ。ご教示ありがとう御座いました。
(注2)「哀愁」ロバート・テイラー(納谷悟朗)、ヴィヴィアン・リー(武藤礼子)、富永美沙子
(注3)平井&富山版の「俺たちに明日はない」が実際に存在するのか、わかりません。
(ご存知の方、何卒御教示下さい)私が拝見した事があるのは、平井&野沢版。
なっちゃんが既に2度登場しているので、ここでは富山さんが担当されたのかも・・・??
*追加:平井&富山版は実際には存在しないそうです。
自称吹替評論家様、ありがとうございました。

<2012年3月18日追記>
文章を少し修生しました。

なお、「サントリーオールド」のCMにはアニメ版もあり「ルパン」や「ハーロック」もありました。
悟朗さんはちゃんと銭形で登場されて、しっかりズッコケ役でした。(笑)
残念ながら「ヤマト」はなかったと思います。
アニメ版のCMでも語りは城達也さんでした。

「ルパン」 山田康雄、納谷悟朗、増山江威子
「ハーロック」 井上真樹夫、小原乃梨子、神谷明

2004/12/22

空飛ぶモンティ・パイソン  モンティ・パイソン
「空飛ぶモンティ・パイソン」 (1976年)
役名:ジョン・クリーズ担当

今やほとんど伝説化した、東京12チャンネルの日本語版モンティ・パイソン。
悟朗さんがご出演だから・・・と言う理由で見始めた番組だったが、今にして思えば日本語版モンティを拝見出来たのは本当にラッキーな体験だった。

キャスト
グレアム・チャップマン:山田康雄 
ジョン・クリーズ:納谷悟朗
エリック・アイドル:広川太一郎
テリー・ジョーンズ:飯塚昭三 
マイケル・ぺリン:青野武
テリー・ギリアム:古川登志夫 

最初に今野雄二氏(「パイソニアンの今野雄二です。」って毎回仰っていましたよね!)や秋川リサ、前田美波里、二瓶正也、天地総子氏らが出て来て解説するコーナーやタモリのコーナーがあった。
日本語版キャストの皆さんがスタジオに登場された事があったが、青野氏が自己紹介の時にいきなり「見せて!」と仰った途端、スタジオ中がドット来たのを覚えている。
(「見せて」と言うのは、オリジナルのOPでのマイケル=青野氏の言葉。「行くよー」ではなく、これを使っていました。確認済。)
また、実際に来日したのか録画だったのか覚えていないが、「エリックの隣に住んでいる人」が出て来た事もあったと思う。(当時日本では、エリック=太一郎さんが一番の人気だった。)

さて本編だが、私は長い間、近石真介氏が何度か悟朗さんの代役をされたのだと思っていた。とり氏の本によると近石氏から悟朗さんへ変わったそうで、どうも話は逆だったらしい。(注)
エリックの結婚カウンセラーと小心者のマイケル&妻が出てくるコントがあったが、その時の神の声(?)が近石さんだったバージョンをはっきり記憶している。あの有名なバカ歩きのスケッチも近石さん版を観た事がある様に思うのだが、こちらの記憶は怪しい。

好きなスケッチは沢山あるが、バナナを持った人から身を守る方法や、オウムのコントはやはり良かった。あとは、ジョンがチーズを買いに来る話。ルピナス。
ジョンとエリックがオフィスにいると、上から人が落っこちてくる話。
マイケルが通信販売でいろいろ注文すると、オマケに変な物が配達されて来ると言うのもあった。

ジョンが人事部長で面接試験を行うと言う話も面白かった。
仕事欲しさにジョンの訳の分からない注文にも、一生懸命答えて頑張るグレアム。
悟朗さんの「おねむちゃ〜ん」が可笑しかった。
テリー(飯塚氏)が盗難届けを出しに来ると、「聞こえないなぁ」と言って、声を低くさせたり、高くさせたりして、声で遊んでいるスケッチがあったが、芸達者な皆さんならでは・・・と言う感じで楽しかった。

イギリスでやっていた番組のパロディらしいスケッチも多く(しかも翻訳不可能としか思えない物も多かった)元ネタがわからない限り、面白くも可笑しくもないと思われる内容を、皆さんが力の限り笑わせて下さった。
これだけのキャストの中でも悟朗さんはダントツにお上手で、今思い出しても何だか嬉しい。

モンティ以外では、低音で悪役が印象的だった飯塚氏のオカマがやたらお上手だったのも可笑しかった・・・と言うか、皆さんオカマ、上手かった。
一体どういう事だったんでしょう、アレ???(笑)

(注)「とり・みきの映画吹替王」67ページ

2004/12/21

松尾貴史 テクマクマヤコン  オーディオ・ドラマ
「松尾貴史 テクマクマヤコン」(1995年)ドラマCD(バラエティ)
役名: 銭形警部、沖田

銭形の「待て〜!」や「それはあなたの心です。」が聞ける楽しい内容。
そして「余命クイズ」と言う呆れたコントでは、「杉並区の沖田さん68歳独身」を怪演。
凄い・・・凄すぎる。(笑)

他にも藤田淑子氏の「いい薬」、古谷徹氏の「自虐的タクシー」、増山江威子氏の「秘密のポケット」等面白い。

出演:納谷悟朗、野沢雅子、神谷明、藤田淑子、古谷徹、増山江威子、杉山佳寿子、
日高のり子、松尾貴史

avex trax
1995年11月22日

2004/12/21

キッチュのラジオ大魔術団 松尾貴史  オーディオ・ドラマ
「キッチュのラジオ大魔術団 松尾貴史」(1992年)ドラマCD(バラエティ)
役名:レイモンド

松尾氏のCDの中の「それでは、お話変わって」と言うコントで山田康雄、青野武両氏と共にいきなりモンティ・パイソン風のギャグを始めるという大変なシロモノ。
悟朗さんが「それでは・・・」と始めると、青野氏の「行くよー」がすかさず入り、
リバティベルが流れる。
しかもコントの元ネタは山田・納谷両氏に縁の深い夕陽のガンマン???(・・・だと思います・・・)凝ってるなぁ。
異国のバーで「世の中には二種類の人間がいる・・・」と御三方が言い続けるのだが、
日本語なのに、英国風のスノッブな感じが本当に良く出ている。
しかもオチはとっても不思議???(私にはコメント出来ません!笑)
このコント自体は短いながら、「モンティ」再演(?)が嬉しすぎの作品。

*映画「アンド・ナウ」等のOPでは、確かに青野さんが「行くよー」と仰っていましたが、私の記憶ではオリジナルのテレビ放送では確か「見せて!」と仰っていたと思います。

「それでは、お話変わって」のキャスト
レイモンド:納谷悟朗 
スペンサー:青野武 
リチャード:山田康雄
チャールズ:松尾貴史 
給仕:松尾スズキ

CD
プロデュース:松尾貴史、宮沢章夫 脚本:宮沢章夫、高橋洋二
音楽プロデュース:桜井圭介
東芝EMI株式会社
1992年4月22日

2004/12/20

ご挨拶  
納谷悟朗さんの作品をご紹介したいと、前々から思っていたのですが、HPを創るのはちょっと私には無理なので、こちらを開けてみました。
ヨロシクお願い致します!

幼稚園の頃(!)に大好きだった「宇宙少年ソラン」と言う漫画の立花博士が納谷悟朗さんだったと後で知りました。この頃から刷り込まれていた様です。(笑)
その後もいろいろ拝見していますが、間違いなくファンになったのは1973年にニッポン放送で放送されていたラジオドラマ「怪人二十面相」の明智小五郎役。
最初がアニメや吹き替えではなく、ラジオドラマだった所が嬉しいです。
ラジオは「声だけで勝負!」の世界。
絵や外国の映画俳優に惑わされる事なく、100%納谷悟朗さんが好きなのだ!と確信出来ました。
それからずっと応援させて頂いております。
これからランダムにいろいろご紹介させて頂きますので、ヨロシクお願い致します。

追記:
「怪人二十面相」に関して、ちょっと一言・・・
小林君役が何方だったか、おわかりになる方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。
このドラマを覚えていらっしゃる方でも「小山田宗徳、納谷悟朗・・・」まではお分かりになっても、小林君になると、ご記憶に無い様です。
実は夏に古いメモを発見しまして、そこに書きなぐってあったお名前が「井上真樹夫」!
「ええっ??」
これが本当なのか、私の妄想で書いたメモなのか、コレを見ても思い出せません。
ただ、「小林君は誰か真樹夫さんとか森さんとか、そういうタイプの方」・・・っていつも思っていたのは事実です。

<追記>

小林青年の声がついに判明しました!
田中秀幸さんだったそうです。

悟朗さんの明智小五郎は、こちらでご紹介しています。

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/519.html

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/520.html

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/521.html

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/522.html



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ