2006/5/23

宇宙戦艦ヤマトIII 第1話 その2  宇宙戦艦ヤマト
「宇宙戦艦ヤマトIII」 ヤマト3
1980年10月11日〜1981年4月4日 読売テレビ系 全25話
役名:ナレーション

続きです。その1よりお読み下さい。

***

『宇宙戦艦ヤマトは、日本アルプス山中の秘密ドックで、新しい航海用の整備と改装を急いでいた。』

ヤマトに集合する乗組員達。
土門は生活班班長が、女性である事に驚き(未来なのに、アタマが化石。爆)悪態をつく。
それに怒ったアナライザーとケンカになる。
(アナライザー、熱いです。やっぱりユキが好きなんですねぇ、アナライザー???笑)
このケンカを引き受けた古代は、土門と格闘する。(ちょっとクサすぎの展開でした。爆)
思いっきり戦った二人は、お互いの強さに感心し、打ち解けた。

古代は、真田から世界的規模で電波障害が起こっている事を聞かされる。
太陽が原因らしいと言う。危惧していた通り、サイモン教授の説は正しかったのだ。

古代は土門に、太陽観光船の遺体捜索に自分も加わっていたが、土門の両親の遺体を見つける事は出来なかったと謝る。
苦労して船底から這い上がって来い、そんなお前を待っている・・・と力強く告げる古代。

『肩に置いた古代の手を通して、血潮の温みが脈々と土門竜介に伝わった。
竜介の体の中を燃える物が駆け巡っていた。
太陽の中では、確実に核融合の異常増進は進んでいた。
破滅に瀕した太陽系。人類は何処へ行けば良いのか?
ヤマト発進まで、あと二週間。』

***

第1話キャスト
古代進:富山敬 
森雪:麻上洋子 
藤堂長官:伊武雅刀
島大介:仲村秀生 
真田志郎:青野武 
アナライザー:緒方賢一
揚羽武:古川登志夫 
土門竜介:田中秀幸 
ダゴン将軍:寺田誠
矢田耕司、北川国彦
ナレーション:納谷悟朗

ナレーション部分が多くて、聴き甲斐がありました!!
ちょっとソフトなナレもステキでした。

(注)加藤=加藤四郎:神谷明
加藤君が好きなので、つい書いてしまいました。(苦笑)
なお、この加藤と古代の場面ですが、揚羽はコスモハウンドを飛ばしていました。
(第2話)
古代君曰く「生活班と飛行科が協力してテスト中」・・・土門が揚羽と一緒に飛んでいました。
生活班って、本当に訳が分からないです。(爆)
大体、雪は看護婦でしょう?あの人の職務内容が、一番最初から分からなかった・・・今も分からないけど。(爆)
生活班って一体何なんでしょう?????(爆)

蛇足ついでにもう一つ。
「ヤマト3」の太田は安原氏ではなく鈴置氏が担当されていますが、なぜかカッコイイ声で演って下さっていて、キャラの見かけとどうしても合わなくて・・・(笑)
楽しいと言えば楽しいですが・・・。
タグ: 納谷悟朗

2006/5/23

宇宙戦艦ヤマトIII 第1話 その1  宇宙戦艦ヤマト
「宇宙戦艦ヤマトIII」 ヤマト3
1980年10月11日〜1981年4月4日 読売テレビ系 (26話) 全25話
役名:ナレーション

最近ナレーションに凝っているので、勢いに乗って、今回は「ヤマトIII」より、第1話をご紹介します!!

「ヤマトIII」は、とにかく登場人物が多い印象です。
乗務員が倍増していましたが、残念ながら中途半端に登場して中途半端に消えたキャラも多かった気がします。
御馴染みのレギュラーの方でも、すべてのエピソードに登場されたのは、富山敬氏のみだったかも?
悟朗さんはナレーションだったお陰で、全話に登場されていて、実はトクしたのかもしれません??(モチロン、沖田だったら、全話に登場したでしょうが・・・但しホンモノの沖田なら。壁の沖田なら、やっぱり一言ですね????爆)

ナレーション部分は、そのままご紹介します。(著作権侵害の意図はありません。)
「ヤマトIII」のナレは、比較的ゆったりと読んで下さっています。
切れも、ややソフトな感じです。

***

第1話「太陽系の破滅」

『大銀河系星雲。直系十万光年。厚さ一万五千光年。恒星の数、一千億。
そこには、今生まれてきた星もある。死んでゆく星もある。
宇宙の命は無限だが、その命を受け継ぐ、個々の星々の定めは様々である。
そして地球もその様な星々の1つにすぎない。
その頃太陽系の近くでは・・・』

バース星艦隊は、ガルマン帝国艦隊との戦闘を繰り広げていた。
ガルマン帝国は、惑星破壊プロトンミサイルを使用する。

『時に23世紀の初頭、地球は太陽から4.3光年、ケンタウルス座までを開拓圏に納め、華やかな繁栄ぶりを見せていた。』

少年宇宙戦士訓練学校の訓練生、土門竜介は、太陽観光ツアーに参加する両親を見送っていた。
宇宙空間から太陽を見学するツアーだった。
見学中、土門の母は、こちらに向かってくる何かに気付く。
それは戦闘中一機だけ、軌道を外れた、ガルマン帝国のプロトンミサイルだった。
ミサイルは観光船に接触し、太陽を直撃して爆発した。

訓練生、揚羽武が見事なパイロットの腕前を披露していた。(第2話に、加藤が登場していましたが、揚羽の飛行を見て、古代君に向かって「上手いですねぇ。」とつくづく言っていました。笑)(注)
選ばれた訓練生達は、訓練学校の校長に呼ばれ、繰上げ卒業を命ぜられる。
彼らは即、宇宙戦艦ヤマトに乗務するのだ。

校長と一緒に居た、古代に勤務の希望を聞かれ、土門は戦闘班砲術科を志願するが、生活班炊事科勤務を命ぜられる。
(どうして、本来の訓練と違った場所に堂々と辞令が出るのか、全然分からないです。
初めから、炊事が専門の人だっていると思うんです??? 苦笑)

そして古代は藤堂長官から、ヤマト艦長を任命される。
副長として、真田と島が一緒に乗務する事になった。
何故ヤマトが突然発進する事になったのか?
古代は、何があったんですか?と藤堂に問う。

『隣室には、地球連邦大学宇宙物理学部長、サイモン教授が待っていた。
サイモン教授の話はこうであった。
地球連邦大学の宇宙物理学研究所で、太陽の観測を続けていた教授は、三週間前、太陽に核融合の異常増進が起っている事を発見した。計算によれば、このまま太陽の核融合異常増進が進めば、地球上に生物が存在できる限度はあと一年。三年後には、太陽は超新星化して、爆発。
地球を始めとする太陽系の全ての惑星を道連れに、宇宙から消滅する。
サイモン教授は、事の重大さに驚き、地球連邦政府の大統領を個人的に訪れてデータを提出した。
大統領は、太陽エネルギー省に事態をただした。
『観測局長、黒田博士は・・・』

黒田博士はサイモン教授の観測結果を見て、これは良くある現象で心配はないと一蹴し、大統領も安心する。

『だが、自分の説に確信を持つサイモン教授は、さらにデータを添えてどう処理すべきか、地球防衛軍長官に相談した。
人類の生き延びる道は、宇宙に第二の地球を見つけて移住するしかないと、サイモン教授は結論を出した。』

藤堂は、地球連邦政府の判断が誤りであった場合、それが確認出来た時には、全てが遅すぎると考え、独断で、ヤマトを移住の星捜しの特務艦として派遣するのだと、古代に告げるのだった。

そんな時太陽系第11惑星(!!)のレーダー基地から、正体不明の巨大ミサイルが地球方面に向かって来ている、と通報が入る。
藤堂はアステロイドベルト防衛線で、ミサイルを破壊するよう命令した。
が、ミサイルは巨大かつ強固で、破壊不可能。
ミサイルはアステロイドに衝突し、大爆発を起こした。
スクリーンで、一部始終を目撃した古代は、その威力に驚くが、藤堂長官に、あれと同じミサイルが三週間前にも流れ込んできたと教えられる。
地球防衛軍は、三週間前の太陽観光船の遭難は、このミサイルとの接触事故だと判断していた。

*その2に続く
タグ: 納谷悟朗

2006/5/17

仮面ライダーアマゾン 第3話  特撮
仮面ライダーアマゾン
第3話「強くてハダカで速い奴!」

カマキリ獣人に、アマゾンを倒し、ギギの腕輪を奪えと命令する十面鬼。

りつ子は、マサヒコがアマゾンに熱中している事を、心配していた。
アマゾンが来てからと言うもの、身近に悪い事ばかり起きている為だった。
マサヒコに万一の事があっては・・・と心配なのだ。
マサヒコは、パパはアマゾンみたいに強くて、優しかった?と姉に問う。
りつ子は、アマゾンがマサヒコにとって、パパの代わりなのだと気づく。
マサヒコは、アマゾンは友達だ、と言うのだった。

川で魚を捕るアマゾン。(手づかみキャッチです!!)
その近くで、オートバイレースが開かれていた。
バイクの轟音に敵意をあらわにするアマゾン。

『野生児アマゾンには、この文明の利器は激しすぎた。
騒々しい物。嫌な物。危険な物。恐ろしい物。
そうだ、それはアマゾンにとって、恐怖の物体であった。』

レースの参加者達が、カマキリ獣人に襲われる。
その一人・・・おやっさん(小林昭二氏)登場です!
立花の悲鳴を聞きつけ、カマキリ獣人に立ち向かうアマゾン。
そしてアマゾンは、立花の目の前で変身する。
立花はゲドン一味に谷へ突き落とされるが、アマゾンがキャッチ。
そして二人は滝の中を落ちて行く。

二人が滝に落ちた事を知らない十面鬼は、アマゾンを捜し出せと、カマキリ獣人に命令した。

立花は、アマゾンに「君は一体何者なんだ?・・・どうして変身出来るんだ?」と問う。
アマゾンを捜しに来たマサヒコ。
立花はマサヒコが高坂教授の甥である事を知っていた。
高坂教授は友人であり、アマゾンの事も聞き及んでいた。
立花はマサヒコから、アマゾンが「アマゾンライダー」だと教えられる。

カマキリ獣人がまた人を襲っていた。
駆けつけるアマゾン。
被害者のすぐ側に立っているアマゾンを見て、被害者の仲間たちが、アマゾンに襲い掛かった。
彼らはアマゾンを犯人だと思ったのだ。

『俺じゃない。この俺が殺したんじゃない。それなのに、誰も信じてくれない。
アマゾンは、誰にも分かってもらえない悲しみと怒りをぶちまけた。』

そんな彼に、「アマゾン、辛いだろうが、耐えて行こうじゃないか。君はライダーだ。頑張ろう」と言うおやっさん!!

おやっさんは、アマゾンにバイクをプレゼントするが、オートバイに敵意を向けるアマゾンは、それを海に投げ込むのだった。
が、おやっさんはもう一台オートバイを用意していた。
そしてアマゾンに乗り方を説明していましたが、アマゾン、分かるんでしょうか???(笑)

「これはお前より速いんだ」と言って、オートバイで走るおやっさん。
アマゾンに悔しかったら追いついてみろ、と挑戦する。
アマゾンは全力で走ったが、おやっさんはスピードを上げ、アマゾンを引き離した。
悔しがるアマゾンだったが、おやっさんも海の中に転倒した。
焚き火で体をあたためる立花を見て、アマゾンは笑った。

たき木を拾うマサヒコが、ゲドンに襲われる。
アマゾンは連れ去られるマサヒコを見て、立花のオートバイに飛び乗り、彼らを追った。

『アマゾンは乗った。マサヒコの危険を知った野生児アマゾンは、恐ろしい物、いや、敵としか受けとれなかったオートバイに、我知らず乗っていた。』

アマゾンはマサヒコに追いつき救い出すが、そこへカマキリ獣人が現れる。
アマゾンは変身し、海岸で激しい対決になった。
そして、見事にカマキリ獣人を討ち取った。

『野生児アマゾン。アマゾンライダー。彼の生命を狙い、世界征服を企む悪の組織ゲドンがいる限り、彼に安らぎの時はない。』

つづく

***

アマゾンにオートバイを持って来たおやっさんは、オレンジ色のつなぎを着ていました。
私は小林昭二氏は、おやっさんより、キャップのイメージの方が強いので、オレンジを見て何となく楽しかったです。(笑)

アマゾンライダーの設定、ギギの腕輪、そしておやっさんこと、立花藤兵衛が登場した所で、今回のご紹介は終了です。
(24回で打ち切られたそうですが、最後はどうなったんでしょう?ご存知の方は教えて下さい。)

最近力を入れて拝聴させて頂いているジャンル、ナレーションをまた1つ聞かせて頂きました!!

おことわり:第2話以降について
私が拝見した物は、録画の不手際から、最初の部分が切れていた為、ご紹介出来なかった部分が含まれているかもしれません。ご了承下さい。
またOPが無かった為、キャストの確認が出来ませんでした。

カマキリ獣人の声が分からなかったのですが、調べた所、山下啓介氏だそうです。
十面鬼との会話も、全て奇声のみでした。(笑)

今回ご紹介しませんが、他には、大ムカデの辻村真人氏やモグラ獣人の槐柳二氏等も登場していました。
モグラ獣人は「チュチューン」と鳴いたりしていました(笑)が、何故か途中からアマゾンの友達(??)になっていました。
資料によると、モグラ獣人は最初、池水通洋氏が担当されていた様ですが、記憶にありません。(苦笑)槐氏の印象が強いです。機会があれば、もう一度拝見して、池水氏のモグラ獣人もチェックしてみたいですが・・・未定。(爆)

資料:Wikipedia 様、アマゾンここにあり(岡崎徹公式サイト)様

2006/5/12

仮面ライダーアマゾン 第2話  特撮
仮面ライダーアマゾン
第2話「十面鬼!神か?悪魔か?」

『バゴーの暗示のもと、日本に送り込まれたアマゾンを待ち受けていたのは、世界征服の野望を企てる、十面鬼が率いた、ゲドン一味であった。
クモ獣人の奇怪な襲撃に遭い、アマゾンの体は巨大トカゲの化身に変身した。
なぜ狙われるのか?何故この様な体に変わるのか?
渦巻く疑問の中、アマゾンの隠された秘密を知る唯一の人、高坂教授に出会った。
彼はすべての秘密を打ち明けようとした時、クモ獣人の奇襲に遭い、この世を去った。
マサヒコは言葉を知らないアマゾンと心から打ちとけ、無二の親友となった。
何故狙われるのか?この腕輪は一体何なのか?アマゾンは何も知らない。』

タイトルです!(声=納谷悟朗)『十面鬼!神か?悪魔か?』

ゲドンはアマゾンを必ず倒すと誓う。

『この男、アマゾンとは?
23年前、南米の奥地に一機の飛行機が墜落した。この事故に奇跡的に助かった、ただ一人の赤ん坊が居た。その名は山本大介。今日のアマゾンである。
アマゾンはジャングルで逞しく、ターザンの様に野生児として育った。』

夜、街中(?)を徘徊(?)するアマゾンは、電車にはねられそうになる。
犬の散歩をしていた、マサヒコの知り合いの女性まさ子は、アマゾンを見て、彼がマサヒコの話していた青年だと気づく。
アマゾンは電車から飛退く際に怪我をしていた。
怪我に気付いたまさ子は、マサヒコに連絡する。

そこへ突如現れた獣人吸血こうもり。
アマゾンは変身して戦う。
まさ子は吸血こうもりに襲われ、重症を負った。

ダメージを受けた吸血こうもりは、十面鬼の元へもどるが、ゴルゴス(沢氏)はその失敗に激怒していた。我が身を捨てても敵を倒すのが、ゲドンの掟だった。
しかし十面鬼達の提言を聞き入れ、吸血こうもりに、もう一度だけチャンスを与えるのだった。

ゴルゴスによれば、彼らの目的は、全世界を征服し、十面鬼が支配するゲドンの帝国を築く事だと言う。
その為には、古代インカの科学が秘密裏に開発した超エネルギーが必要だった。
しかし、そのエネルギーが眠る、秘密の扉を開くには二つの鍵が必要なのだ。
一つは十面鬼が持つ、ガガの腕輪。そしてもう一つが、アマゾンの持つギギの腕輪。

『十面鬼とは、巨大な岩石に組み込まれた改造人間。そして悪の組織ゲドンの首領である。世界征服を企む十面鬼は、強大な組織力に物を言わせて、一般市民を襲い、ゲドンの生命の源、人間の血を次々と奪った。』

まさ子は苦しみ続けていたが、病院では原因が分からなかった。
アマゾンは病院へ様子を伺いに行くが、りつ子は、全てはアマゾンのせいだと、怒りをぶつける。

アマゾンはまさ子の為に、草木からクスリを作って届ける。
(アマゾンの密林に生息しているのと同じ薬草が、東京にも生えていたのでしょうか???笑)
りつ子は、それは毒かもしれないと言って捨てようとするが、まさ子は、アマゾンは悪い人じゃない。自分を救ってくれた。と言って、クスリを飲んだ。

吸血こうもりを探しあてたアマゾンは、変身して吸血こうもりと対決する。
瀕死の重傷を負った吸血こうもりは、再びゴルゴスの元へ戻るが、失敗の責任を問われて死刑になった。

一方まさ子は、アマゾンのクスリで回復した。

『古代インカの秘密。その鍵、ギギの腕輪を狙うゲドン。
しかしアマゾンは、腕輪に秘められた謎を知らない。
ただ、ゲドンへの怒りを、空に向かって叫ぶのであった。』

つづく

***

第1話で「ギギの腕輪」が何なのか、不思議に思いましたが、この第2話で結構説明されていました。
二つの腕輪が揃う時、お宝の扉が開かれるそうですが、その場面、ちょっと見てみたい気がしました。(笑)

今回の、獣人吸血こうもりは、見かけは凄かったですが、声が市川治氏のようでした。
美声すぎるんですけど・・・この吸血こうもり。(爆)
叫び声等は別にして、ゴルゴスとの会話では、声だけ聴くと、とてもハンサムなキャラに思えて、その落差が楽しかったです。(笑)

悟朗さんは、ますます納谷節全開でした!!
「仮面ライダー」で、ナレを拝聴させて頂けるとは、全く思っていなかったので(アマゾンのナレーションの事は知らなかったので・・・真ライダー様、本当にありがとう御座いました!)嬉しかったです!

次回、第3話をご紹介します。


2006/5/6

仮面ライダーアマゾン 第1話  特撮
「仮面ライダーアマゾン」 (1974年10月19日〜1975年3月29日)
毎日放送・テレビ朝日 全24話
役名:ナレーター(全話)

キャスト
仮面ライダーアマゾン(山本大介):岡崎徹 
岡村マサヒコ:松田洋治 
りつ子(マサヒコの姉):松岡まりこ
高坂博士:北原義郎
立花藤兵衛:小林昭二
ゴルゴス(十面鬼のボス)の声:沢りつお

機会があり、最初の8話ほどを拝見させて頂きました。
悟朗さんのナレーションを聴けば、仮面ライダーアマゾンの設定が全て分かる、とても親切なナレです!(笑)
今回、数話をご紹介したいと思います。(2〜3話の予定ですが、現在の所未定。爆)
ご参考に、悟朗さんのナレーション部分は、そのままご紹介します!
(著作権侵害の意図は全くありません。)
なお、仮面ライダーは全く詳しくありません。その点ご理解の上でお読み下さい。

***

第1話「人か野獣か?!密林から来た凄い奴!」

『この文明の今日でも、未だ人の足を踏み入れた事がないと言う大アマゾンの奥地。』

いきなりアマゾンの密林に十面鬼、登場です。

『そこに起った、恐怖十面鬼の反乱。
狙うは、長老バゴーの守る、強大なインカ科学の鍵、ギギの腕輪。
十面鬼に追われた長老バゴーは、これを伝える一族もない今、野性の日本人青年にその腕輪を移植し、改造人間にしたてて、これを守ろうとしていた。』

どうして腕輪を移植すると、改造人間になるのか良く分からないのですが(苦笑)とにかく、長老はアマゾンに手術を施しました。

『その手術の成功を見届けたバゴーは、不思議な暗示を残して、息を引き取った。』

謎の暗示(バゴーの言葉)「日本にゆけ。高坂に会うんだ。」

『山本大介。日本人。23歳。
生まれて間もなく、両親とアマゾンで遭難。野獣の中で育ち、言葉も知らない。
インカの守護人バゴーによって改造され、その秘宝の鍵、ギギの腕輪を託された。
何の為に襲われるのか、何も知らぬ彼は、バゴーの催眠暗示に従って、ただ走った。』

日本語が分からないと言う彼ですが、バゴーは日本語で話していました・・・アマゾンの奥地で。(爆)しかもバゴーの暗示を理解している???(爆)

十面鬼はアマゾンを追い続ける。密林を走り抜け、海に飛び込むアマゾン。
(まさか泳いで日本まで行ったのか??と思ったんですが・・・あとで船が出てきました。
密航したんですね??笑)

OP、そしてタイトルです。(タイトルも悟朗さんが読んで下さっています。)

タイトル『人か野獣か?!密林から来た凄い奴!』

東京では、巨大なクモの糸が人間を襲っていた。

『既に東京地区にゲドンの魔手は密かに伸び、謎の失踪事件として、多数に人々が誘拐されていた。』

高坂博士とその助手は、襲われている人の悲鳴を聞きつけ、クモの糸を発見した。
しかしその糸は、二人の目の前で消え失せる。
高坂は、それがゲドンの仕業である事を知っていた。
彼は、アマゾンの密林で、バゴーからゲドンの話を聞いていたのだ。
高坂は、バゴーが送ってくれるという青年を待っていた。

船から降り立ったアマゾンは、クモ獣人に襲われ、戦いになる。
そのアマゾンを目撃した高坂は、彼こそがバゴーの送ってきた青年だと気付く。
やがて高坂達も襲われ、助手は命を落とし、高坂も負傷した。

叔父が怪我をしたと聞き、高坂の甥マサヒコと姪のりつ子は、病院に駆けつける。

アマゾンを目撃したマサヒコは、アマゾンと友達になる。
そこへクモ獣人が現れ、激しい戦いになった。
そして突如「アマゾ〜〜〜ン」と言って、変身しました。
マサヒコはそれを見ると、「仮面ライダーみたいだ」とアマゾンが何者であるかを理解していた模様です。(笑)
マサヒコから、叔父の名前が「高坂」である事を聞かされたアマゾンは、彼がバゴーの暗示にあった人物である事に気付く。

が、高坂は入院先の病院で、再びクモ獣人に襲われた。
アマゾンは、高坂の助けに向かうが、高坂は既に絶命していた。

『アマゾンは怒った。たった一人手を差し伸べてくれた、この日本人を、無惨にも消し去ったゲドンの残虐に対して、こらえきれぬ怒りを燃え上がらせた。』

クモ獣人は、今度はりつ子を襲うが、アマゾンは再び変身し、クモ獣人にダメージを与えた。
クモ獣人は十面鬼の元へ帰るが、その失敗に怒ったゴルゴス(沢氏)に焼き尽くされるのだった。

『戦いは勝った。だが、なぜ襲われるのか、教えてくれる者は誰もいない。
アマゾンは一人戦う事の悲しみに耐えて、吼え続けた。』

つづく

***

悟朗さんのナレが、すべてを説明してくれて、中味を見なくてもストーリーが分かりそうな勢いでした。(笑)
アマゾンは自分が誰なのか、何故戦うのか、分からぬまま変身し、孤独に耐える・・・と言った感じですが、私は、設定的に、ちょっと「キャシャーン」を思い起こしました。
ナレーションも悟朗さんだし・・・。(笑)

予告も演って下さっています。

クモ獣人の声は林一夫氏。
ほとんどが「ギェ〜〜〜」と言う様な叫び声でした。(爆)
ゴルゴスに許しを乞う時に一言だけ「お待ち下さい。」(爆)
しかし、その言葉も虚しく、ゴルゴスに焼き尽くされていました。

次回は、第2話をご紹介します。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ