2007/7/26

TV、映画 (実写)  実写
TV、映画リスト(実写)
納谷悟朗さんが実写でご出演になった作品のリストです。
他にもご存知の方は、何卒ご教示お願い致します。

<TV>

「事件記者」 NHK
役名、エピソード名不明

「宮本武蔵」(北大路欽也主演)1965年
役名、エピソード名不明

「ご先祖様バンザイ」1965年
役名:沖田総司

「女殺し屋 花笠お竜」(お竜:久保菜穂子)
第8話「ならず者は地獄へ落とせ」
役名:不明

「37階の男」
第5話「デスマスクをどうぞ」1968年8月25日 (日本テレビ)東宝、宝塚映画
役名:恋人(白木マリさん)を誘拐されて悪い方に加担してしまう整形外科医役

「プレイガール」(1969年)
第38話「女の土壇場」 「女のどたん場」
役名:不明

*タイトルが間違っていましたので修正しました。(2019年7月28日)

「東京バイパス指令」(2007年8月19日追加)
第51話「襲撃」(1969年10月24日)
役名:不明

*「東京バイパス指令」では、ナレーションを担当されて
いたそうです。51話に実写でゲスト出演された様です。

こちらに情報を追加しています。

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/694.html

「怪人オヨヨ」(1972年)NHKドラマシリーズ
役名、エピソード名不明

「幕末未来人」
第2話
役名:御上役
詳細はこちらをご覧下さい。

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/486.html

「鬼平犯科帖」(丹波哲郎主演)
第9話「流星」
役名:浪人

「太陽にほえろ」
第178話「リスと刑事」(1975年12月12日放送)
役名:不明

「ゆうひが丘の総理大臣」(1978年)
第21話
役名:不明

<映画>

「非情都市」(1960年・東宝)
三橋達也主演
役名:政治部記者

詳細をこちらに載せています。

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/364.html

「弾痕」(1969年・東宝)
加山雄三主演
役名:渡海(米諜報局員)

「ノストラダムスの大予言」(1974年・東宝)
丹波哲郎主演
役名:太田一雄キャスター

詳細をこちらに載せています。

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/319.html

「仮面ライダー555 パラダイスロスト」2003年
役名:スマートブレイン社の黒幕の一人

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/94.html

ご協力、参考資料: goo 映画、jmdb、テレビドラマデータベース様
印玄のホームページ様、知られざる刑事ドラマの世界様
荒野の流れ者様、こたつ様


タグ: 納谷悟朗

2007/7/19

スパイ大作戦 第2シーズン その3  スパイ大作戦
19 「殺人者の罠」 The Condemned
米国初放映 1968年1月28日
日本初放映 1968年2月24日(土)

ウェブスター<ジムの友人>(ケヴィン・ヘイゲン):川合伸旺
エドモンド・コンスタンチン:北山年夫(スパイドラマ倶楽部様)
ルイザ:池田昌子
ジョージ・コーレイ:近石真介
所長:加藤精三
加藤さんの部下:家弓家正

<追録キャスト>
ジム:麦人
ローラン:納谷悟朗
バーニー:田中信夫
ウィリー:小林修
ディエゴ:家弓家正
ルイザ:池田昌子
エドモンド:石森達幸
所長:加藤精三

*家弓さんも加藤さんも追録参加!
第1シーズンでは、お二人ともご欠席だったので、嬉しかったです。

20 「毒には毒をもて!」 The Counterfeiter
米国初放映 1968年2月18日
日本初放映 1968年3月2日(土)

レイモンド・ホールダー(エドモンド・オブライエン):厳金四郎
医師<IMF>:西田昭市(スパイドラマ倶楽部様)

<追録キャスト>
シナモン:弥永和子
ホールダー:中庸助
エディ:塚田正昭
ガント:石森達幸

21 「第三の町」 The Town
米国初放映 1968年2月18日
日本初放映 1968年3月9日(土)

先生(ウィル・ギアー):早野寿郎
自動車修理の人:愛川欽也
ウエイトレス:太田淑子
山荘の主人:神山卓三
仁内達之

<追録キャスト>
ローラン:納谷悟朗
先生:稲葉実
ウィリアム:愛川欽也

*第1シーズンで欠席だったキンキンの追録もありました。
町全体が敵側の人間と言う面白い設定ですが、小さな町だし、半分は年配者。
最初にジムを捜しにやって来たローランが、奥さんも呼ばなくちゃ・・・と言っただけで、狼狽している町の人を見て、いっそ町の人口を上回る数のIMFメンバーを呼んじゃえば面白いのに、とちょっと妄想してしまいました。(笑)
ドタバタになってしまいますが。(笑)

22 「スリラー作戦」 The Killing
米国初放映 1968年2月28日
日本初放映 1968年3月16日(土)

バード・ゴードン(ジェラルド・S・オローリン):木村幌
カーニー(部下)(ロイ・ジェンソン):小林清志

<追録キャスト>
バーニー:田中信夫

23 「不死鳥を葬れ!」 The Phoenix
米国初放映 1968年3月3日
日本初放映 1968年3月28日(土)

プロホシュ(アルフ・クジェリン):川久保潔
ヤノス:伊藤克(スパイドラマ倶楽部様)
委員長:高搭正康

<追録キャスト>
プロホシュ:川久保潔
ヤノス:田原アルノ
警備兵:堀内賢雄
警備兵:田原アルノ

24 「鉄条網とリンチ」 Trial by Fury
米国初放映 1968年3月10日
日本初放映 1968年3月30日(土)

サントス・カルドーザ(マイケル・トーラン):広川太一郎
ホアン・ヴェラスケス<IMF>:浦野光(赤十字でIMFに協力している人)
黒人の囚人(ポール・ウィンフィールド):大塚周夫
囚人:近石真介
囚人:加藤精三
所長:?
デルガド:天草四郎(スパイドラマ倶楽部様)

<追録キャスト>
ジム:麦人
バーニー:田中信夫
カルドーザ:広川太一郎
デューク:近石真介
スペリーゼ:加藤精三

25 「恐怖のリモートコントロール」 Recovery (*)

ブラッドフォード・ディルマン:小山田宗徳
助手:早野寿郎

*小山田さん、最高でした!

***

第1シーズンは以前に最初の3話をご紹介しました。
簡単にキャストをリストにした物を後日ご紹介するつもりです。
第2シーズンが先になり、順序が逆ですが、ビデオ版の小冊子が存在しているので(DVDには何も入っていませんでした。)ご参考にとにかくアップしました。


2007/7/18

スパイ大作戦 第2シーズン その2  スパイ大作戦
11,12 「黒の壊滅命令」(劇場、ビデオ版タイトル「薔薇の指令」) パート1&2 
The Council
米国初放映 1967年11月9日、11月26日
日本初放映 1968年1月6日(土)、1968年1月13日(土)フジ
日本初公開(劇場)1969年10月

ウェイン(ポール・スティーブンス):高搭正康
ビトー(ビンス・ガーデニア):早野寿郎
ジョニイ(ロバート・フィリップス):西田昭市
ジミー:宮川洋一
アル:?
弁護士:?
ドクター・リース<IMF>:吉沢久嘉(スパイドラマ倶楽部様)

<追録キャスト>
ジム:麦人
ウェイン:糸博(高搭さんの追録)
ビトー:藤本譲(早野さんの追録)
ジョニイ:水野龍司(西田さんの追録)
ジェニイ:榎本智恵子
アル:小室正幸
弁護士:塚田正昭

*後編では、ウェインが整形手術をした事にして、ローランがそのままの姿で登場しますが、声が高搭さんのままなのが悲しかった。(苦笑)

13 「雲上のマイクロフィルム」 The Astrologer (*)

グルゴフ副首相:真木恭介
スタール大佐:筈見純?

14 「イメージをだぶらせろ」 Echo of Yesterday (*)
フランク大佐(エリック・ブレーデン):穂積信隆
オットー・ケルマン:久米明

追録:麦人、弥永和子、久米明、納谷悟朗

*久米さんの追録、凄いです!
久米さんがシナモンの事を「フロイライン」と呼んでいました。(やや「銀英伝」ネタ。笑)

15 「焼土作戦」 The Photographer
米国初放映 1967年12月17日
日本初放映 1968年2月10日(土)

デビッド・レディング(アンソニー・ザーブ):浦野光
アレックス:厳金四郎(スパイドラマ倶楽部様)

<追録キャスト>
シナモン:弥永和子
レディング:長島雄一(浦野さんの追録)
モーレイ:塚田正昭
モデル:榎本智恵子

16 「第二の防衛配置図」 The Spy
米国初放映 1968年1月7日
日本初放映 1968年2月3日(土)

チアノ大尉(ジョセフ・キャンパネラ):大塚周夫
バーバラ(ケイト・ウッドビル):武藤礼子
ドブロフ大佐:館啓介(スパイドラマ倶楽部様)

<追録キャスト>
ジム:麦人
ローラン:納谷悟朗
チアノ:大塚周夫
バーバラ:武藤礼子
大佐:宮田光
受付:細井重三

*武藤さんの追録が嬉しいです。

17 「王手!」 A Game of Chess
米国初放映 1968年1月14日
日本初放映 1968年2月3日(土)

ニコラス・グロート(ドン・フランクス):大木民夫
ミュラー(大木さんの部下):森山周一郎
ステビア大尉:近石真介
チェス会場に居た人:北村弘一
金庫係:嶋俊介?
軍曹:神山卓三?

*終わりの方でまたまた老けメイクのランドー登場です!(笑)
最初にグロートがからくりに気付いて(?)ローランの部屋を訪ねると、そこに居たのは、ローランとバーニー。
次に行った時は、ローラン、バーニーとジム。
最終的には勿論ウィリーもシナモンも出てきて、訪ねる度に仲間が増加。
仲間を小出しにする所が、何だか怪しすぎる気がして、私だったら変に思うだろうな、と思いました。(笑)

<追録キャスト>
ジム:麦人
ローラン:納谷悟朗
バーニー:田中信夫
グロート:大木民夫
フロント:伊井篤士
男:村松康雄

18 「ストーレト・フラッシュ」 The Emerald
米国初放映 1968年1月21日
日本初放映 1968年2月17日(土)

ビクター・トーマー(ウィリアム・スミサース):大塚周夫
ペトロージャン:真木恭介
ポーカープレイヤーの1人:青野武

<追録キャスト>
ジム:麦人
シナモン:弥永和子
ウィリー:小林修
トーマー:大塚周夫
ウィリアム:石井敏郎
ペトロージャン:宝亀克寿
船員:上田敏也

*宝石がエメラルドと言う事なんですが、何故か群青色で、私にはサファイアに思えます???(笑)

タグ: 納谷悟朗

2007/7/13

スパイ大作戦 第2シーズン その1  スパイ大作戦
「スパイ大作戦」
第2シーズン

ビデオ完全版の小冊子から、資料のある物は、初放映日と追録キャストを載せました。
ゲストキャストは、小冊子からの物プラス聴き取りです。(小冊子にはメインの方一人ぐらいしか載っていない事がほとんどなので。)
小冊子のない物は、聴き取りのみですが、スパイドラマ倶楽部様の資料で拝見したキャストも追加している事があります。それに関しては、その旨書きました。
また、ゲストキャストの中で、IMFメンバーには、<IMF>と書きました。
(以前、第1シーズンから数話ご紹介した時と統一しました。)

エピソードによっては、アメリカのオリジナル放送から一ヶ月ぐらいで放送されている物もあり、人気の程が伺えます。

エピソードによって、拝見した時にちゃんとメモしていない物があります。
不完全ですが、ご了承下さい。
リストはDVD収録順です。

なお(*)印が付いている物は、小冊子の資料が一切ありません。
資料をお持ちの方は、補足頂ければ幸いです。ヨロシクお願い致します。

***

1 「未亡人は二度生まれる」The Widow
米国初放映 1967年10月9日
日本初放映 1967年12月10日(土)

アレックス・クレズニック(ウィリアム・ウインドン):大木民夫
マーク・ウォルター:大塚周夫
医師<IMF>:勝田久
マハリス:緒方敏也(スパイドラマ倶楽部様)(緒方賢一?)

*緒方敏也氏の声が緒方賢一氏と似ているのですが、緒方さんの別名なんでしょうか?何かご存知の方は、ご教示お願い致します。

<追録キャスト>
マハリス:宝亀克寿
ウォルター:大塚周夫
クレズニック:大木民夫
医師:勝田久

2 「トリック」 Trek (*小冊子の資料なし)
カルドーザ大佐(マーク・レナード):久松保夫
ジャック・コール(ダニエル・オハリヒー):宮川洋一
ボブ(ジャック・ドナー)<IMF>:寺島幹夫
ディアス将軍:緒方敏也(スパイドラマ倶楽部様)(緒方賢一?)

追録:麦人、久松さんの代役、宮川さん?

3 「地下よりの脱出」 The Survivor
米国初放映 1967年9月24日
日本初放映 1967年10月28日(土)

エリック・スタバック(アルバート・ボールセン):大木民夫
ユーボフ博士(大木さんの部下):穂積隆信
大木さんの部下:小林清志
カーデル博士:羽佐間道夫
ストナー博士:松村彦次郎(スパイドラマ倶楽部様)

<追録キャスト>
ジム:麦人
ローラン:納谷悟朗
シナモン:弥永和子
バーニー:田中信夫
ウィリー:小林修
スタバック:大木民夫
カーデル:羽佐間道夫

*ゲストのアルバート・ボールセンは、第1シーズン「売国奴を粛正せよ」にもゲスト出演していましたが、このエピソードでも、同じく大木さんが担当していらっしゃいました。
悟朗さんがラジオのニュースを読んでいらっしゃたのが最高。(笑)

4 「脱出口」 The Bank (*)
ベルジック(ジェームス・ダリー):久松保夫
警備主任:富田耕生
ポール(ピエール・ジャルベール)<IMF>:小林清志
警察署長:大宮悌二
ヘンクス:村越伊知郎

追録:麦人、小林清志、富田耕生、大宮さんの代役

*ピエール・ジャルベールは「コンバット!」のケーリーさんです。
ここでは、山田さんではなく、小林清志さん。
彼の私服姿をあまり見た事がないのですが、なかなか素敵でした!(笑)

5、6 「対奴隷作戦」 The Slave(前・後編)(*)
ボルカ(王):北山年男(スパイドラマ倶楽部様)
アキム:伊藤克(スパイドラマ倶楽部様)
デグルート:森山周一郎
デグルートの部下(ジャーラ?):相模太郎
ビクトリア:二階堂有希子

*ローランはICPOの警部に扮しています。(笑)二階堂さんが「警部さん」と呼んでいらっしゃったのが楽しかった!(笑)

7 「暗殺計画に便乗しろ!」Operation - Heart
米国初放映 1967年10月22日
日本初放映 1967年12月9日(土)

大統領(パーネル・ロバーツ):浦野光
ステファン・ゴマルグ長官:仁内達之
医師<IMF>:宮川洋一

<追録キャスト>
ローラン:納谷悟朗
シナモン:弥永和子
大統領:長島雄一(浦野さんの追録)
ゴマルグ:仁内達之
グラマー:伊井篤士
医師:宮川洋一
看護婦:沢海陽子
警部:伊井篤士

*今となっては貴重な、仁内、宮川両氏の追録が入っています。
最初の方に登場する老けメイクのランドー。
悟朗さんの追録があまりにもハマリすぎでした。
最後の方に再登場のランドー老人、これはオリジナル音源ですが、それも最高に楽しいです。

ご協力:荒野の流れ者様

8 「偽造紙幣マシン」The Money Machine (*)
ギロー:宮部昭夫
ボルカ:北山年男(スパイドラマ倶楽部様)
ダボリー:大塚周夫
証券会社の大塚さんの部下:千葉耕市

*ウィリーが欠席です。

9 「ヒスイの印璽」 The Seal
米国初放送 1967年5月11日
日本初放映 1967年12月28日

リチャード・タガート(ダレン・マクギャビン):外山高士
コンウェイ(警備主任)(モート・ミルズ):小林清志
警備員(受付):神山卓三?
会計課のオバサン(パットナム?):高橋和枝
“ラスティ”(赤トラ猫ちゃん)<IMF>:本人(?)の声(笑)

<追録キャスト>
ローラン:納谷悟朗
シナモン:弥永和子
タガート:金尾哲夫(外山さんの追録)

*最後は全てネコの働きにかかっていると言う、どうしようもなく無謀な作戦です。(笑)
ネコちゃんが印象深く、このエピソードは良く覚えていました。

10 「両面陽動作戦」Charity
米国初放映 1967年11月12日
日本初放映 1967年12月30日(土)

エリック・ヘイガー(アンソニー・フリッツ):中村正
キャサリン・ヘイガー:前田敏子(スパイドラマ倶楽部様)
少女:貴家堂子
ゲストの1人(ブルーク?):島宇志夫

<追録キャスト>
ローラン:納谷悟朗
シナモン:弥永和子
バーニー:田中信夫
ヘイガー:中村正

2007/7/4

モンティ・パイソン 「盗難届け」  モンティ・パイソン
モンティ・パイソン (東京12チャンネル)
「盗難届け」(仮題)
役名:ジョン・クリーズ

引き続きモンティのご紹介です。
盗難届けを出しに来たテリーJ。
皆さんの声の高さがコロコロ変わる、これまたもの凄いスケッチです。
オリジナル(英語版)でも、同じ様に声の高さが変わるのか、東京12版だけの工夫なのか、オリジナルをチェックした事がないので分かりません。
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。(笑)

***

飯塚:(普通の声で)あ、今晩は。盗難届けを出したいんです。
納谷:大きな声で。
飯塚:(前より大きな声)盗難届けを出したいんですが。
納谷:聞こえないな。
飯塚:(凄味のある声。やや大きめ。)盗難にあったんで、届けに来たんだよ!
納谷:ちょっと大きすぎますな。そうだな、もうちょい小さな声で頼もうかな。
飯塚:盗難を届けたいんです。
納谷:さっぱり聞こえないな。もう少し高い声で言えますか?
飯塚:(少しソフトな声で)あの〜高い声ってどうすんの?
納谷:はぁ?
飯塚:(高い裏声で叫ぶ)盗難届けを出しに来たの〜!
納谷:あ〜、その感じで。もうちょい大声。
飯塚:(高い裏声で絶叫)盗難届けを出したいと言ってんのよ〜!!!
納谷:どしたの?
飯塚:(引き続き高い声で叫ぶ)ドロボ〜〜〜!!!!
納谷:あ〜、その声。そのぐらいが一番いいよ。続けて。
山田:(高い裏声)ど〜した〜い?
納谷:ご苦労さん。
飯塚:(裏声で叫ぶ)泊りがけのつもりで来た友達と居間にいたら、寝室で物音がしたんですよ。すぐに行って調べたら五千ポンドも盗られたって、まあこういう事〜!!!
納谷:交代の時間なんで、もう一度フォスター巡査に話して下さい。
飯塚:(高い裏声で叫ぶ)だから今も言った様に、友達と家に居た所を盗まれた〜。
山田:ボクを馬鹿にしてんの?普通に喋れば、オイ。
飯塚:(普通の声)ハハ・・・いや、ああ、すいません。前の人に変な声でって言われたもんですから。
山田:すいませんけど聞こえないんで、もう少し低い声で頼みます。
飯塚:えっ?あっ、ああ。(低い声)五千ポンドの盗難なんですよ。友達とうちの居間にいたら、五千ポンドも盗まれた・・・
山田:五千ポンドも!随分大金じゃないか、そら。警部に話した方がいいな、こら。
広川:(低い声)俺の事を呼んだみたいだが、どうしたんだ?
山田:(高い声で早口)この方が友人とうちにおられたら、奥で物音がして、調べてみたら五千ポンドの金が盗られちゃったっつんだけど、何言ってんだか分かりますか、どうぞどうぞ?
広川:(低音)なーるほど。(普通の声)住所はどっち?
飯塚:(普通?)えー、ダルヴィッチのハリウェル・ロード121番地ですが。
山田:(高音、早口)ダルヴィッチのハリウェル・ロード121番地?!
広川:(高音)またハリウェル・ロードの盗難なのか!
納谷:(高め)信じられんですな。去年犯人は逮捕したはずなんですがね。
山田:(とても高い声)その(聴き取り不可)では?
納谷:(低音)それじゃあ誤認逮捕だったのか。
広川:(低音)いやぁ、ご苦労さん。(普通)すぐに手続き取りましょう。
(高音)キミ、ここ頼むよ。(低音)キミ、全パトカーに連絡しろ。
(普通)もしもしお前かい?悪いけど今夜遅くなるよ。ごめんね〜。(最後の方は低くなる)
山田:(高めのふざけた声?)パトカー全車に伝え〜〜〜るぞ。
飯塚:(低めの普通の声)声をからかうなんて、嫌な番組ね。

***

このスケッチを読んでみると、単に盗難届けを出しに来た・・・と言う以外、何もありません。(爆)それを声の高低だけでコントにしたと言いうのは、もの凄いと改めて思いました。(笑)

なおこのスケッチは、当時カセットに録音した物を起こしたメモからのご紹介です。
テープの保存が悪い為、残念ながら現在聴けません。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ