2008/11/25

ヘストン  ヘストン
悟朗さんのお誕生日に、ヘストンの写真を載せましたが、折角なので(?)もう一枚!(またまた単にお茶濁し?笑)

「ボウリング・フォー・コロンバイン」で、マイケル・ムーアがヘストンの豪邸に赴きインタビューしていましたが、その時目にしたヘストンのベン・ハーの絵です。
映画を拝見した時、その絵がとても目を引きました。(ヘストン:納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
TVO.ORG Photo

ヘストンの追悼に、カナダの局が2002年にヘストンをインタビューした時の模様を載せていたのですが、そこに出ていた写真です。
映画にも堂々と出ていたので、こちらにアップしても大丈夫と判断しました。(笑)
そこには他にも写真があり、「三銃士」のリシュリュー枢機卿に扮したヘストンの肖像画もありました。(これは転載しません!)
この記事によると、ヘストンは、リシュリュー枢機卿の役をとても気に入っていたそうです。

そう言えば、悟朗さんはへストンのどの作品が一番お好きなのでしょう??
「緯度0大作戦」のコメンタリーで、「猿の惑星」や「黒い絨氈」がちょっと変わっていますねと仰っていましたが、一番のお気に入りが何なのかは、インタビュー等で拝見した事はない様に思います。
何か思いつかれる方は、ご教示下さい!(笑)
(このコメンタリーは、以前にご紹介しています。興味のある方は、日誌内の検索で「緯度0大作戦」をご覧下さい。)

*ヘストン・インタビュー資料:SNAM-SNAM Blog様
*「ボウリング・フォー・コロンバイン」お礼:荒野の流れ者様



2008/11/17

お誕生日  その他
クリックすると元のサイズで表示します
チャールトン・ヘストン
以前にご紹介した写真の別バージョンです。
(同じ時に撮影された物と思われます。)

納谷悟朗さんの79歳のお誕生日です。
おめでとう御座います。

悟朗さんのデビューは、昭和27年ごろのNHKラジオ「青少年の時間」と聞いた事があります。
それから数えると今年で芸歴56年になられますが、別の資料に、19歳の時に東童に参加されたとあります。
劇団参加から数えると、芸歴60年になられます。
本当に長く演ってこられました。

悟朗さんの芸歴に比べたら、私のファン歴などゼロに等しいですが、私もいつの間にかファン歴35年になりました。

昔の、最高にカッコ良かった声から、今のとても深みのある声まで、どれも本当に素敵です。
そして、いつの声を拝聴しても、やっぱり悟朗さんは悟朗さん・・・と思います。

ファンになったその日から、感動のしっぱなしでした。
今も感動継続中です。(笑)

本当にオメデトウ御座います。
どうぞお体お大事に、ずっとずっと演って下さいネ!!!

***

*昭和27年(1952年)頃「青少年の時間」でデビューとの資料があります。
(出典:「ルパン三世名場面集 PARTII」(1978年11月25日発行)、飛行鬼様)
*東童に参加されたのは、19歳の時との事です。
(資料:テレビジョンエイジ)


2008/11/12

沈黙の艦隊  オーディオ・ドラマ
「ヴァーチャルサウンドムービー 沈黙の艦隊」
(1993年3月19日)CD二枚組
役名:海原大悟(うなばらたいご、聴き取りの為当て字です。)

<キャスト>
小冊子に役名が載っていたのは4名のみでした。

海江田四郎<やまと(シーバット)艦長>:風間杜夫
深町洋<たつなみ艦長>:原康義
天津航一郎<外務官僚>:佐々木勝彦
海原渉<官房長官>:屋良有作

以下、私に分かった方のみ

竹上総理:宮川洋一
赤垣三郎海上自衛隊幕僚長:家弓家正
曽根崎防衛庁長官:大塚周夫
海原大悟:納谷悟朗
ダラス艦長:小林修
セルゲイビッチ大佐:仁内達之
西日本電力野中取締役:村越伊知郎
川島重工の人:沢りつお
安全保障会議に出席していた人:八代駿
ヤマト・ソナー:大塚明夫
ナレーション:矢島正明

***
他にクレジットされていた方達

樋浦勉、木下秀雄、林一夫、川洋康彦 
沖恂一郎、関輝雄、水城下裕、世古陽丸、家中宏
羽藤雄次、勝部演之、池水道洋、佐々木敏、真山章志
小川隆市、坂元貞美、小野武彦、小野了 松井範雄
福田勝、山崎哲也、緑川光、横沢祐一、入江嵩史
石黒久也、峰恵研、堀川亮、松熊信義、黒内信夫
田中秀行 小野坂光
(以下はニッポン放送アナウンサー)
上柳昌彦、山本剛士、森田耕次、増山小綾香、村上真由子

***

米軍所属の原子力潜水艦「シーバット」は、米軍と日本政府が極秘で建造した原潜だった。
艦長の海江田四郎は、シーバットを「やまと」と改名し、独立国家として独立を宣言した。

悟朗さんの役は、「影の総理」と呼ばれる海原大悟ですが、セリフは一言のみでした。
悟朗さんは、CD1のトラック5の防衛庁での会議のシーンにご登場になっていました。
大塚さん、家弓さん、村越さんらもこのシーンにご出演でした。

黒幕の様な役もお得意の一つですが、海軍の話なので、やはり何か艦長の様な役を演って頂きたかったです。(笑)
何たって「ヤマト」いや「やまと」だし・・・。(笑)

大塚さん、家弓さんは、結構セリフがありました。
あとは、CD1の最後からCD2でご登場が多かった、宮川洋一さんの総理がとても良かったです。
矢島さんはナレーションの為、最初から最後までご出演でした。

***

制作、原作:かわぐちかいじ
脚本:菊池豊
演出:神山勇吉
音楽:ボブ佐久間

***

Special Thanks:松村様

2008/11/6

吹き替え作品追加  吹き替え
吹き替え作品、キャストの追加です。

<ヘストン作品>

キャスト追加

「アラスカ 小さな冒険者たち」(Alaska  1996年・米)
ビデオ(1998年)
ジェシー・バーンズ(ソーラ・バーチ):萩原恵美子
ショーン・バーンズ(ビンセント・カーシーザー):坂口大助
ジェイク・バーンズ(ダーク・ベネディクト):田中秀幸
コリン・ペリー(チャールトン・へストン):納谷悟朗
クーンツ(ダンカン・フレイザー):田村勝彦
仁内建之、藤本譲、星野充昭、沼田裕介 他

*ヘストンの出番が結構多かったです。
悟朗さんは貫禄ありすぎで最高!!(笑)

<ビデオ、DVD>

作品追加

「海の上のピアニスト」
(The Legend of 1900 1998年・伊)
ビデオ(2000年)
ナインティーン・ハンドレッド(ティム・ロス):三木眞一郎
マックス(ブルート・テイラー・ヴィンス):玄田哲章
少女(メラニー・ティエリー):樋浦茜子
ジェリー(クラレンス・ウィリアムズ三世):土師孝也
ダニー・ブートマン(ビル・ナン):長島雄一
楽器店主:納谷悟朗

キャスト追加

「ターミネーター2 特別編」(T2 Special Edition)
(Terminator 2 Judgement Day 1991年・米)
ビデオ、LD(1993年12月21日)

副音声の解説部分の吹き替えです。
映画の吹き替えは入っていません。
(特別編は、カットシーンを含んだ作品で、劇場版とは異なります。)

スタン・ウィンストン:納谷悟朗
ヴァン・リン:納谷六朗
スティーヴ・ウィリアムス:藤原啓治
マリ・フィン:谷育子
ジョー・モートン:小山武宏
ブラッド・フィーテル:牛山茂
ロバート・パトリック:宮本充
ジーン・ウォーレン:大木民夫
アーノルド・シュワルツェネッガー:大塚明夫
リンダ・ハミルトン:沢海陽子
エドワード・ファーロング:石田彰
ステファニー・オースチン:弥永和子
ゲイリー・ライトストローム:中田和宏
ジェームズ・キャメロン:金尾哲夫
マーク・ゴールドブラッド:北村弘一

*悟朗さんが最初にクレジットされていますが、出番はそれほどありません。
六朗さんは、案内役の声を担当しているので、最初から最後まで喋りっぱなしです。
北村さんは聴き取り追加。

映画製作の話ですが、面白かったです。

タグ: 納谷悟朗


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ