2008/12/29

舞台 2008  舞台
2008年の舞台ご出演です。

「ルームサービス」神奈川公演
海老名市文化会館 3/14、15
鎌倉芸術館 4/1、2
湘南台・市民センター 4/3、4
茅ヶ崎市民文化会館 4/5
平塚市民センター 4/6
厚木市文化会館 4/7
宮前市民館 4/10
幸市民館 4/11、12
多摩市民館 4/13
エポック中原 4/14、15

「ルームサービス」 (Room Service)
作:ジョン・マレー/アレン・ボレッツ
訳・演出:酒井洋子

<キャスト>
ゴードン・ミラー(プロデューサー):安原義人
ジョー・グリブル(ホテル支配人):永井寛孝
ハリー・ビニオン(演出家):溝口敦
フェーカー・イングランド(役者):入江崇史
サーシャ・スミルノフ(ウエイター):沖恂一郎
グレゴリー・ワグナー(ホテル重役):沢りつお
クリスティン・マーロウ(女優・タイピスト):きっかわ佳代
レオ・ディビス(劇作家):浜野基彦
ヒルダ・マニー(秘書):石津彩
サイモン・ジェンキンズ(投資家の代理):多田野曜平
ドクター・ダグラス(医師):納谷悟朗
ティモシー・ホガース(集金人):山下啓介
銀行からのメッセンジャー:古尾道秋
ブレーク上院議員:熊倉一雄

4月29日(火)
フルートシアター パート57
心象風景第4章 「ゆきおんな」 
作:小泉八雲 
脚本:納谷悟朗、仙場なおみ
スタジオK

朗読 :納谷悟朗 
フルート・パーカッション:山本俊自 
 
11月21日(金)
「ゆきおんな」
作:小泉八雲 
脚本:納谷悟朗、仙場なおみ
飛騨公演

朗読 :納谷悟朗
フルート・パーカッション:山本俊自 

12月12日(金)
山本俊自フルートシアター パート58
心象風景第5章 「ゆきおんな」
作:小泉八雲 
脚本:納谷悟朗、仙場なおみ
大倉山記念館

朗読 :納谷悟朗 
フルート・パーカッション:山本俊自 
舞:十世(とよ)

2008/12/22

十戒  ヘストン
クリスマスに写真を・・・と思ったんですが、結局無難な所でまたまた「十戒」です。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
モーゼ(納谷悟朗)

「十戒」をチェックしていて偶々見かけたんですが、赤ちゃんのモーゼ役を担当したのは、ヘストンのご子息のフレーザー・クラーク・ヘストン氏だったそうです。
全然知りませんでした。(笑)
(資料:IMDb)

メリー・クリスマス!!

2008/12/20

大地震  ヘストン
「大地震」
役名:スチュワート(チャールトン・ヘストン)

調度、ユニバーサル思い出の復刻版DVDが発売なので、ご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
DVD写真(これは北米版のカバーです。)
どうしてエヴァ・ガードナーが載っていないんでしょう?(笑)

「大地震」(Earthquake 1974年・米)
1981年10月5日(TBS)
スチュワート・グラフ(チャールトン・ヘストン):納谷悟朗
レミー・グラフ(エヴァ・ガードナー):翠準子
ルー・スレード(ジョージ・ケネディ):大宮悌二
サム・ロイス(ローン・グリーン):高塔正康
デニス・マーシャル(ジョヌビエーブ・ビジョルド):柴田清子

*自称吹替評論家様資料

別バージョンの吹き替えがありますが、これしか拝見した事がありません。
大宮さんのジョージ・ケネディは結構好きです。
テレビ「ボナンザ」でローン・グリーンを担当されていた高塔さんもちゃんとご出演でした。

***

12月20日で日誌は4周年になりました。
皆様、お付き合い下さり、本当に有難うございます。
これからも、ユックリですが、いろいろご紹介させて頂きますので、どうぞヨロシクお願いします。

なお、来年になりましたら、日誌を引っ越します。
(未だ何もやっていないのですが・・・爆)
AOLのブログがなくなる1月31日までに何とかするつもりですので、お待ち下さい。

2008/12/19

地球の静止する日  吹き替え
「地球の静止する日」
役名:クラトゥ(マイケル・レニー)

クリックすると元のサイズで表示します
マイケル・レニー(納谷悟朗)

キアヌ・リーブスの映画が上映になりますが、これは1951年のオリジナルです。
キャストをご紹介します。(自称吹替評論家様資料)

「地球の静止する日」
(The day the earth stood still 1951年・米)
1971年1月30日(NET/テレビ朝日)
マイケル・レニー:納谷悟朗
パトリシア・ニール:寺島信子
ヒュー・マーロー:山内雅人
サム・ジャッフェ:上田忠好
ビリー・グレイ:太田淑子

2007年7月に二枚組みDVDが発売されましたが、残念ながら吹き替え版は入っていません。
最初メーカーさんのサイトに誤記があり、「日本語」と書いてあったので、つい盛り上がってしまいました。(苦笑)
もし日本語版が存在しているのなら、ぜひ入れて欲しいです。

2008/12/15

ウィリアム・テル  TV吹き替え
「ウィリアム・テル」(The Adventures of William Tell)1958年 イギリス
(日本放送は1959年)
役名:ウィリアム・テル(コンラッド・フィリップス)

悟朗さんの最初の主役(TVシリーズ)「ウィリアム・テル」です。
この作品、あまり資料がないと思っていたのですが、何とDVDが出ていて驚きました。
(2008年8月19日発売 北米版。英語のみです。)

DVD写真
クリックすると元のサイズで表示します

洋画の吹き替えで最初に資料があるのは、1961年の「どん底」のルイ・ジューべです。
この作品は、ジャン・ギャバンが主役の様です。
ジューべ(男爵役)は二番手でしょうか?
その次の主役はヘストンの「テキサスの白いバラ」です。(1962年放送)
(自称吹替評論家様資料)

TVシリーズでは、この「ウィリアム・テル」が最初の主役。
また、ニセのテルでこの作品で六朗さんが吹き替えデビューされたのも、有名な話です。(詳細は一番下をご覧下さい)

ウィリアム・テルに関して、昔のインタビューから少しご紹介します。

「・・・59年の『ウィリアム・テル』で僕は初めての主役をやったすね。この番組で思い出す事はね、「絶対にトチラない」って事を念頭においてやったんで、連続25回、全然トチリなしで通したですよ。遂に26回目に一発トチっちゃいましたがね、そんな事でこの『ウィリアム・テル』覚えてますね。」
(テレビジョンエイジ 1972年12月号)

吹き替え版が残っているのでしょうか。
日本でも吹き替え付きでDVDを出して欲しいです!!!

***

2012年1月11日追記

六朗さんの「ウィリアム・テル」に関するお話をこちらに載せました。
ニセのテルではなく、脇役を演じられたとの事です。

http://blogs.yahoo.co.jp/nayagorofan/30096909.html

タグ: 納谷悟朗

2008/12/13

十戒  ヘストン
「十戒」(The Ten Commandments 1956年・米) 
役名:モーゼ(チャールトン・ヘストン)

「十戒」からの写真です!
クリックすると元のサイズで表示します
モーゼ(納谷悟朗)、ネフレテリ(?)

1991年にテレビ初放送として登場した「十戒」です。
その時のキャスト(一部)です。

モーゼ(チャールトン・ヘストン):納谷悟朗
ラメセス(ユル・ブリナー):磯部勉
ネフレテリ(アン・バクスター):勝生真沙子

「初放送」と言う事なのですが、悟朗さんが、以前に吹き替えた事がある様なお話をされていた事があります。
膨大な資料(評論家様資料)を探しても、残念ながら確認出来ていません。
おそらく機内上映版だったのではないかと思われます。

悟朗さんのご記憶が正しければ、この幻のバージョンのキャストは、

モーゼ(チャールトン・ヘストン):納谷悟朗
ラメセス(ユル・ブリナー):小林修

だそうです。

もし万一ご覧になった事がある方、又は何か資料をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご連絡頂ければ幸いです。

もしこのバージョンが存在するとしたら、ネフレテリは何方が担当されたのでしょう?
興味深い所です。

2008/12/10

ドクター・バン  アニメ
「銀河鉄道999」劇場版 (1979年8月4日公開)
役名:ドクター・バン

クリックすると元のサイズで表示します
ドクター・バン (メーテルの胸元にご注目下さい。笑)

2007年に発売された「C.D.S Leiji No.03 EX メーテル 1979 劇場ver.」
東映アニメーション50周年アニバーサリー記念
100体限定のお人形だそうです。(価格は2万5千円ぐらい)
*著作権侵害の意図はありません。
不都合な点がある場合は、メールにてご連絡頂ければ、即刻対処させて頂きます。

「投げるのだ、メーテル」が拝聴したくて、時々DVDを拝見します。(笑)
優しくて強くて、素敵な「お父様」、ペンダントのお姿しか知りませんが、きっときっと実物(?)も、竜崎理事長の様な素敵な方だったのだろう・・・とずっと信じていました。
でも、実際は、トチローの様な風貌らしいとの事です。(爆)
(荒野の流れ者様情報)

昔の悟朗さんのインタビューから少しご紹介します。

『・・・メーテルに語りかけるシーンでは、やさしく見守る父親のあたたかい口調にして、威厳をもたせましたが、後半のメーテル星で、メーテルや哲郎に“投げるのだ!”と命令するシーンは、すさまじいはげしさで表現しました。』
(「ロードショー特別編集 銀河鉄道999」集英社 1979年)
*お礼:捨吉様。心よりお礼申し上げます。

「投げるのだ!」が本当に印象に残っています。
悟朗さんの意図された通りの結果になっていると思いました。

それにしてもこの作品、今拝見すると、あまりにも凄いキャストなので感動します。
劇場で拝見出来て、本当に良かったです!!!

2008/12/6

ニック・アダムス  特撮
東宝の特撮映画で声を担当されたニック・アダムスです。

クリックすると元のサイズで表示します
「フランケンシュタイン対地底怪獣」より

「フランケンシュタイン対地底怪獣」(1965年8月8日公開)
東宝 本多猪四郎監督
役名:ボーエン先生(ニック・アダムス)の声

悟朗さんは、外人さん風の変なアクセントを使わず、綺麗な日本語で話していらっしゃいますが、「グッドモーニング」「サンキュー」等、英語を少しはさみ、また所々てにをはを抜いたセンテンスで、外人さんが日本語を話している様に聴こえる名吹き替えです。
本当にニック・アダムスが日本語を話している様に聴こえて、サスガ!!と思います。

「怪獣大戦争」(1965年12月19日公開)東宝
本多猪四郎監督
役名:グレン(ニック・アダムス)の声

この作品では、グレンは全く普通に話していますが、やはり回りが全員日本人でも、全く違和感のない吹き替えです。
悟朗さん、最高です!(笑)

***

*悟朗さんは、「緯度0大作戦」のコメンタリーで、本多監督にお世話になりました、と何回も仰っていました。
*ニック・アダムス氏は残念ながら若くして他界されています。
(1931年7月10日〜1968年2月7日)
*お礼:荒野の流れ者様

2008/12/5

ルート66  TV吹き替え
AOLダイアリー閉鎖の件ですが、とにかく年内はこの日誌をこのまま続行する事にしました。
来年になりましたら、多分ここにある分は移転して、また新たにスタートしたいと思いますので、宜しくお願いします。

と言う訳で、あとちょっと(?)、写真をどんどん載せたいと思います。(笑)

「ルート66」(Route 66)
クリックすると元のサイズで表示します
トッド(ジョージ・マハリス):納谷悟朗 バズ(マーティン・ミルナー):愛川欽也 

米国放送:1961年10月7日〜1964年9月18日 CBS
日本では1962年から放送されています。
最初NHKで放送されましたが、途中でフジに変わりその時にキャストが変更になっています。
悟朗さんは、フジ版のキャストです。
(NHKでは木下秀雄、近藤洋介さんが担当)

*自称吹替評論家様


タグ: 納谷悟朗

2008/12/3

お知らせ  
1月末をもって、AOLダイアリーがなくなる事になりました。
どこへ移転するか検討中です。
まだ2ヶ月あるので、その間もこちらを更新するか、新しい所を開いて書き始めるか考えていますので、少しお待ち下さい。

どうせなくなっちゃうなら、しばらく写真を載せまくろうか・・・とか、ちょっと思っているんですが。(笑)

早速写真です!!(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
ピラト総督から、月桂冠を授かるベン・ハー。
ベン・ハー(納谷悟朗)、ピラト総督(家弓家正)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ