2013/5/30

銀河英雄伝説 6月1日  銀河英雄伝説
クリックすると元のサイズで表示します
メルカッツ提督 (納谷悟朗)
Willibald Joachim von Merkatz 

*2013年5月30日 上のメルカッツ提督の写真を変えました。
最初に載せた物は色が薄かったので。(笑)

***

今まで一度もやっていませんし、これからもやらないと思いますが(少なくともここでは)、今年は特別な年になってしまいましたし、今回だけ特別に悟朗さんへの追悼も込めて載せさせて頂きます。

6月1日に星になった戦士達へ敬礼!

宇宙暦800年6月1日

クリックすると元のサイズで表示します
ヤン・ウェンリー提督(富山敬)、パトリチェフ(塩屋浩三)、ブルームハルト(難波圭一)

*クリックするともう少し大きい写真をご覧になれます。

宇宙歴801年6月1日

クリックすると元のサイズで表示します
メルカッツ提督(納谷悟朗)、シェーンコップ中将(羽佐間道夫)、マシュンゴ(中尾隆聖)

*クリックするともう少し大きい写真をご覧頂けます。

***

キャプチャを作るのに、あちこち見るのは大変だと思い、上記コラージュは、第76話「祭りの前」のED部分にあたる、同盟側の回廊の戦い前の準備中映像(?笑)を使いました。

ローゼンリッターが訓練していたり、ポプラン達が新しい腕章を検討(?)していたり、盛り上がっていました。

その中から、メルカッツ提督がご登場の部分をご紹介します。

第76話 「祭りの前」
メルカッツ提督(納谷悟朗)
セリフなし

クリックすると元のサイズで表示します
若者達が何か熱く語り合っています。(??)
単に口論?喧嘩?何か文句を言っているのでしょうか?
実はバカ話?(笑)

*写真2枚を載せていたのですが、つなぎ合わせて1枚にしました。
クリックするともう少し大きな写真をご覧になれます。
(2018年5月30日)

クリックすると元のサイズで表示します
そこへ通りかかったメルカッツ提督とシュナイダー君。
若者達、あわてて敬礼していますが・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
あれ?メルカッツ提督、ちょっと睨みを利かしていらっしゃるのでしょうか?(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
提督とシュナイダー君が通り過ぎると、シーンとしちゃった若者達。

この部分、いつ見ても、メルカッツ提督がどうしてあんな表情をなさっているんだろう??と思います。(笑)
若者達がよほど騒がしくしていたのでしょうか?
でもそれぐらいで睨む程ではないし・・・。
(アッテンボローとかポプランの騒ぎ方に比べたら、可愛いものでしょう??????笑)

同盟でのメルカッツ提督の方が、いろいろ面白い表情が拝見出来る気がします。
改めて、ありがとう、シュナイダー君!(笑)

2013/5/23

納谷悟朗さん  
悟朗さんのお別れ会がありましたので、もう少しだけ追悼を書きます。

クリックすると元のサイズで表示します
白の夾竹桃

悟朗さんが千葉へお引越しになった後で、夾竹桃は千葉市の花だと仰っていた事がありました。
毒のある花が市の花なんて面白いな・・・とその時思いました。

花言葉を調べたら、やはり毒のせいでしょうか、『用心、危険、油断大敵』等がありました。
でも良い言葉もちゃんとあって、『恵まれた人、友情』と言うのも見かけました。

恵まれた人。
才能に恵まれ、作品に恵まれた悟朗さんへ。
今日は私から夾竹桃をお贈りします。(笑)

今、そちらで咲き誇っているのは、何の花でしょう?


タグ: 納谷悟朗

2013/5/15

荒野の掟  吹き替え
「荒野の掟」
1973年6月9日(土) TBS
役名:保安官ジェフ(ジャック・ベルティエ)

リバーズ様が台本をお持ちで、キャスト詳細を教えて下さいました。
どうも有難う御座いました。

放送は1973年6月9日ですが、リハーサルが1973年5月15日、声を入れたのが翌日1973年5月16日だそうで、調度40年前になります。
本当に偶然ですが、良い記念になりました。(笑)
リバーズ様、どうも有難う御座いました。

写真をご紹介頂いています。
当時にしては珍しく(?)、綺麗にタイプしてある台本だったので驚きました。
リバーズ様によると、トランスグローバルの台本はこの頃からタイプだったそうです。
それに対して他社は、1990年代後半まで手書きだったと言う事です。

クリックすると元のサイズで表示します
表紙

クリックすると元のサイズで表示します
声のキャストのページです

クリックすると元のサイズで表示します
キャスト
「ルイス・マックジュリアン」と言う表記になっていますが、『その名前で調べても誰一人検索に出ず、しばらく途方にくれていたりしてました』とリバーズ様にコメント頂きました。
(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
キャストの部分写真
「ルイス・マツクジュリアン・・・・ジェフ」と載っていますが、こちらに載せる為に少し調べた所、そもそもこのキャストが間違っていました。(笑)
IMDb他の資料によると(複数の資料をチェックしました)悟朗さんの役の保安官ジェフはジャック・ベルティエで、アリゾナ・ロイ役がルイス・マクジュリアンです。

***

「荒野の掟」
Uno sceriffo tutto d'oro 1966年 伊
米題: Sheriff with the Gold 
別題: A Golden Sheriff

リハーサル:1973年5月15日(火)
アテレコ:1973年5月16日(水)
1973年6月9日(土) TBS 土曜ロードショー
(この「土曜ロードショー」と言う番組が、どういう枠なのか不明です。)

ジェフ(ジャック・ベルティエ):納谷悟朗 Jacques Berthier
アリゾナ・ロイ(ルイス・マクジュリアン):森川公也
ジェーン(キャスリーン・パーカー):此島愛子
バルガス(ボブ・メッセンジャー):渡部猛
ケント(エイレス・ラッキー):寺島幹夫
タイラー(アイヴァン・スクラット)、ボブ:上田忠好
フラッド、サム:田村錦人
パークス、チャド:田の中勇
ケース、ルガー、ハリス:青木正次
ピート、男1、男A:仲木隆司
タイガー、男3、ホセ:田中康郎
ジャック、グリンゴ、助手、パブロ:青野武
フランク、マクス、ルドルフ:石森達幸
ヤツク(ヤック?)、男2、バート、男B:野本礼三
おかみ、ヘレン、女1:渡辺典子

翻訳:トランスグローバル
演出:田島荘三
調整:杉原日出弥
録音:トランスグローバルスタジオ
制作・著作:トランスグローバル
TBS担当:熊谷国雄

*以前掲示板で、トランスグローバルでは、翻訳家の個人名を出さないと言う話が出た事がありました。
私は全く知らなかったのですが、本当に名前がないですね。(笑)

***

クリックすると元のサイズで表示します
ジャック・ベルティエです。
(この作品からの写真ではありません。)
Jacques Berthier
1916年2月10日〜2008年4月6日 パリ出身

***

*リバーズ様
*IMDb他資料、自称吹替評論家様


2013/5/8

西部決闘史  持ち役吹き替え
「西部決闘史」 
Return of Sabata 1972年 伊/仏/独合作
1978年6月5日(月) TBS
役名:サバタ(リー・ヴァン・クリーフ) リー・バン・クリーフ

クリックすると元のサイズで表示します
サバタ(クリーフ):納谷悟朗

「西部悪人伝」の続編、「西部決闘史」です。
まっぷ様が台本をお持ちで、写真をご紹介下さいました。
どうも有難う御座いました。

クリックすると元のサイズで表示します
台本のカバーです。

クリックすると元のサイズで表示します
キャストのページです。
キャスト詳細は下の方に載せました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
台本から。

上記台本を書いておきます。
前のページから続いている為、最初の部分のセリフが切れています。

クライド: 士があんな・・・
サバタ: 勇ましいマネしてか?
クライド: えーー・・・なんですって?
サバタ: いや もういい
おぼえてるか?
クライド: アーーッ 私の勲章でしょう
ツキを呼ぶもとだったのに。
サバタ: オレがポーカーで勝ったんだ
くやしけりゃまた挑戦しろ
クライド: 《  》  《  》  折角ですがポーカーはやめたもんで
でも3年前にお借りした5千ドルのことは忘れちゃいませんよ
夢にまで見るんです はやくかえさなきゃ申訳ないって
もう暫くのご猶予を
サバタ: まだ覚えていただけ感心だ
クライド: これからどちらへ?
サバタ: 当分ここに腰をすえる
トバク場をやってる ーーー 友達がいるんでな

***

実際のセリフをご紹介します。
仕草や間があく部分など、うまく入っています。

最初のセリフは切らずに入れました。

青野: 南軍の勇士があんな事・・・
いや、あの・・・
納谷: 勇ましいマネしてか?
青野: え?何ですって?
納谷: いや、もういい。
(勲章を取り出して)
覚えているか?
青野: あ〜〜〜私の、勲章が。
ツキを呼ぶモトだったのに。
納谷: 俺がポーカーで勝ったんだ。
悔しけりゃまた挑戦しろ。
青野: ハハ、いやあの折角ですが、ポーカーはやめたもんで。
あ、でも、三年前にお借りした5千ドルの事は忘れちゃいませんよ。
夢にまで見るんです。早く返さなきゃ申し訳ないって。
もうしばらくのご猶予を。
納谷: まだ覚えていただけ感心だ。
青野: あ〜〜 これからどちらへ?
納谷: 当分ここへ腰をすえる。
友達が、この町で賭博場をやってるんでな。

***

セリフの途中に写真を入れると紛らわしいので、別にまとめて載せます。(笑)
上記シーンからの写真です。

クリックすると元のサイズで表示します
サバタとクライド

クリックすると元のサイズで表示します
サバタ(納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
クライド(青野武)

***

悟朗さんもスゴイですが、青野さんが相変わらず何だか怪しい感じで最高です。(笑)

南北戦争では、悟朗さんのサバタが少佐で青野さんのクライドが中尉。
こんな怪しい人達が将校だったなんて、南軍負けるはずですね??(爆)

***

「西部決闘史」 
Return of Sabata 1972年 伊/仏/独合作
1978年6月5日(月) TBS

サバタ(リー・ヴァン・クリーフ):納谷悟朗
クライド(ライナー・ショーン):青野武
マッキントック(ジャンピエロ・アルベルティーニ):塩見竜介
ブロンコ(ペドロ・サンチェス):雨森雅司
マギー(アナベラ・インコントレラ):小谷野美智子
市長(ジャンニ・リッツォ):村松康雄
シェリフ():増岡弘
ジャッキー(ジャクリーヌ・アレクサンドレ):有馬瑞子
エンジェル(ニック・ジョーダン):井口成人

*エンジェル役のニック・ジョーダンと言うのは、「西部悪人伝」にも登場していたアクロバットの人です。
「西部悪人伝」ではセリフはありませんでしたが、この作品にはセリフがあって驚きました。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
サバタ(納谷悟朗)、後方はアクロバットの2人です。

右がエンジェル役のニック・ジョーダンさん。
真ん中の人は、カリス・ヴァシリ(読み方?)さん。
この人もセリフがありましたが、声のキャストは分かりません。

***

スティングレイ社さんから出た「西部決闘史」のDVDには、本編106分に対して、吹き替えが92分程入っています。
最初から長尺版を入れた様です。(?)
原語部分が14分程の計算になりますが、それでも思ったより字幕部分があった気がしました。

今度出るフォックス版の長尺版吹き替え入りの「西部悪人伝」、原語部分が長く感じられるのか短く感じられるのか、興味深いです。
(本編107分。吹き替え約95分との事です。)

***

*まっぷ様
*スティングレイ、IMDb、自称吹替評論家様他


2013/5/2

西部悪人伝 2  持ち役吹き替え
「西部悪人伝」
役名:サバタ(リー・ヴァン・クリーフ) リー・バン・クリーフ

連休なのでお茶濁し(いつもですが・・・笑)にラスト・シーンをご紹介します。
いきなりラストシーンと言うのも何ですが、最後のサバタのセリフがキマッテいるので!(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
雨森 「おーい、サバタ。おめえさん、一体何者だ?」

クリックすると元のサイズで表示します
納谷 「正義の味方だ。」

クリックすると元のサイズで表示します
雨森 「いい男。ハハハ・・・」

クリックすると元のサイズで表示します
去って行くサバタです。

***

サバタの映画は、この「西部悪人伝」も「西部決闘史」もわりと明るいので好きです。(笑)

キャスト詳細はこちらをご覧下さい。

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/715.html




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ