2018/8/30

アパッチ  吹き替え
バート・ランカスターさん主演の「アパッチ」(1954年作品)です。
バート・ランカスターさんがアパッチ族の勇者マサイに扮しています。

映画はジェロニモが騎兵隊に降伏するシーンから始まります。
アパッチ族は完全降伏しましたが、バート・ランカスターさんのマサイは戦い続けます。
悟朗さんの役はマサイ達を護送するウェドルです。
チャールズ・ブロンソンさんもマサイ族の役で登場していました。(チャールズ・ブチンスキー名義)

土曜映画劇場で放送された様ですが詳細は分かりません。
キャストがお分かりの方はご教示お願い致します。

<2018年9月1日 追記>

自称吹替評論家様に追加のキャストを教えて頂きました。
どうも有難う御座いました。

写真を一枚追加しました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「アパッチ」 北米版DVDの表紙

クリックすると元のサイズで表示します
マサイ役のバート・ランカスターさん(久松保夫)

クリックすると元のサイズで表示します
ナリンリのジーン・ピータースさん(増山江威子)

クリックすると元のサイズで表示します
ジーン・ピータースさん(増山江威子)とバート・ランカスターさん(久松保夫)

クリックすると元のサイズで表示します
ジョン・デナーさん扮するウェドル(納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
ジョン・デナーさん(納谷悟朗)とバート・ランカスターさん(久松保夫)

クリックすると元のサイズで表示します
左から 不明、ナリンリのジーン・ピータースさん(増山江威子)、シーバー役のジョン・マッキンタイアさん(塩見竜介)、ウェドル役のジョン・デナーさん(納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
左から チャールズ・ブロンソンさん(声不明)、ジョン・マッキンタイアさん(塩見竜介)、ジーン・ピータースさん(増山江威子)、バート・ランカスターさん(久松保夫)

*写真を追加しました。
*クリックするともう少し大きな写真をご覧になれます。

***

「アパッチ」
(別題 「アパッチ族の復讐」)
Apache 1954年 米
1970年4月18日(土) NET 土曜映画劇場

マサイ(バート・ランカスター):久松保夫
ナリンリ(ジーン・ピータース):増山江威子
アル・シーバー(ジョン・マッキンタイア):塩見竜介
ホンド(チャールズ・ブロンソン):
ウェドル(ジョン・デナー):納谷悟朗
サントス酋長(ポール・ギルフォイル):

***

*自称吹替評論家様
*allcinema、IMDb他
タグ: 納谷悟朗

2018/8/24

ミネソタ大強盗団  吹き替え
クリフ・ロバートソンさん、ロバート・デュバルさん主演の「ミネソタ大強盗団」(1972年作品)です。
悟朗さんはロバート・デュヴァルさんの声を吹き替えていらっしゃったそうです。
(残念ながら私は未見です。)

2018年11月にDVDが出るそうなのですが、吹き替えが入る様です。(??)
ずっと前にキャストを載せた事がありますが、発売記念に写真を少し載せます。

西部開拓時代の有名な強盗団、ジェシー・ジェイムズとコール・ヤンガー達のストーリーです。
クリフ・ロバートソンさんがコール・ヤンガー、ロバート・デュヴァルさんがジェシー・ジェイムズ役です。

*キャスト詳細をご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。

<追記>

自称吹替評論家様に追加のキャストを教えて頂きました。
どうも有難う御座いました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「ミネソタ大強盗団」 日本版DVDの表紙(2018年11月7日発売)

クリックすると元のサイズで表示します
クリフ・ロバートソンさん演じるコール・ヤンガー(富田耕生)

クリックすると元のサイズで表示します
ロバート・デュバルさんのジェシー・ジェームズです。(納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
ジェシー・ジェームズ(納谷悟朗)と兄のフランク・ジェームズ(ジョン・ピアース/寺島幹夫)

クリックすると元のサイズで表示します
真ん中がロバート・デュヴァルさんです。

*クリックするともう少し大きな写真をご覧頂けます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリフ・ロバートソンさん

***

「ミネソタ大強盗団」
The Great Northfield Minnesota Raid 1972年 米
1976年10月16日(土) NET 土曜映画劇場

コール・ヤンガー(クリフ・ロバートソン):富田耕生
ジェシー・ジェームズ(ロバート・デュヴァル):納谷悟朗 ロバート・デュバル

ジム・ヤンガー(ルーク・アスキュー):
クレル・ミラー(R.G.アームストロング):
アレン(ダナ・エルカー):雨森雅司
マニング(ドナルド・モファット):嶋俊介
ボブ・ヤンガー(マット・クラーク):
フランク・ジェームズ(ジョン・ピアース):寺島幹夫
チャーリー・ピッツ(ウェイン・サザーリン):
バンカー(エリシャ・クック JR):
ガスタブソン(ロイヤル・ダーノ):

***

*自称吹替評論家様
*荒野の流れ者様
*allcinema、IMDb他
タグ: 納谷悟朗

2018/8/16

冒険ファミリー ここは惑星0番地  特撮
「冒険ファミリー ここは惑星0番地」
1977年9月6日(火)〜1978年1月24日(火)(全20話) テレビ朝日
役名:惑星人の声

クリックすると元のサイズで表示します
「冒険ファミリー ここは惑星0番地」 DVDボックスの表紙 (2017年7月12日発売)

ある日突然レバン星人の宇宙船に、ごく普通の日本人3家族(全部で11人)が誘拐されます。
彼らはレバン星へ連れて行かれる前に宇宙船の事故に合い、未知の惑星に不時着しました。
見知らぬ星での彼らのサバイバルを描いた物語です。
普通の家族と言っても、主人公のお父さんは国際線のパイロットでしたが。

設定が「宇宙家族ロビンソン」と似た感じでした。(笑)
ちゃんとロボットまでいました。

悟朗さんは宇宙人の声です。
きっと怖い声(?)なのだろうと思っていたのですが、高い声でエコーがかかっていました。
感情が入らない機械的な声の演技ですが、むしろ優しい感じがしました。
ウィキの資料によれば、レバン星人は、地球人を調査するのが目的で、地球人に危害を加える事は全くなかったそうです。

ナレーションは太田淑子さん。

***

「冒険ファミリー ここは惑星0番地」
1977年9月6日(火)〜1978年1月24日(全20話) テレビ朝日

島崎敬太郎<国際線パイロット>:原口剛
島崎節子:小沢弘子
島崎礼子:伊豆田依子
島崎孝一郎:薄田拓巳
島崎淳子:石川貴子

山田大造<大工>:潮建志
山田春子:西川ひかる
山田三平:長谷川誉
山田ふとし:池田誠二

大井田五郎<医者のタマゴ>:今村広則
大井田まさみ:伊藤つかさ

ダブロン<ロボット>:加藤修
惑星人の声:納谷悟朗
ビブロン<ロボット>:太田淑子
ナレーション:太田淑子

***

*ウィキペディア
*アニメの森様
タグ: 納谷悟朗

2018/8/10

銀河鉄道999  アニメ
残暑お見舞い申し上げます。

クリックすると元のサイズで表示します
「交響詩 銀河鉄道999」(LP)の表紙

涼しそうなので載せました。(笑)

***

「投げるのだメーテル」のシーンから、光るペンダントのお父様です。

クリックすると元のサイズで表示します
鉄郎(野沢雅子)、ドクター・バン(納谷悟朗)、メーテル(池田昌子)

クリックすると元のサイズで表示します
納谷悟朗、池田昌子

***

以前このシーンを詳しくご紹介した事があります。
興味のある方はこちらをご覧下さい。

http://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/752.html

「銀河鉄道999」(映画) 1979年8月4日劇場公開

来年で40年になるんですね。
何だか夢の様です。(笑)

タグ: 納谷悟朗

2018/8/3

チャーリーズ・エンジェル 第4、5シーズン ゲスト  TV吹き替え
荒野の流れ者様に「チャーリーズ・エンジェル」 第4シーズンと第5シーズンの悟朗さんのゲスト作を教えて頂きました。
どうも有難う御座いました。

残念ながら私は未見で、役柄等が詳しく分かりません。
拝見する機会があった時には情報を追加したいと思っています。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「チャーリーズ・エンジェル」 第4シーズンのエンジェル達です。
ティファニー(シェリー・ハック/清水石あけみ)、ケリー(ジャックリーン・スミス/上田みゆき)、クリス(シェリル・ラッド/小山まみ)、

第4シーズン 23話 「詐欺師!色と欲にご用心」
4-22 Three for the Money (1980年3月12日 本国放送) 

津嘉山正種、納谷悟朗、平井道子、麦人、斎藤真、島美弥子、郷里大輔、叶年央

*悟朗さんはシンジケートのボス役だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
「詐欺師!色と欲にご用心」より

*クリックするともう少し大きな写真をご覧頂けます。

***

<2018年8月6日追記>

情報を少しだけ整理しました。

クリックすると元のサイズで表示します
「チャーリーズ・エンジェル」 第5シーズンのエンジェル
ジュリー(タニア・ロバーツ/戸田恵子)、ケリー(ジャックリーン・スミス/上田みゆき)、クリス(シェリル・ラッド/小山まみ)

第5シーズン 11話 「催眠術で美女改造!秘書は殺人サイボーグ」
5-13 Attack Angels (1981年6月3日 本国放送)

ジョン(エリック・ブレーデン)
ロバート(デビッド・シュライナー)
スティーブ・ブリッグス(ブレット・ハルゼイ):納谷悟朗

寺島幹夫、榊原良子、上田敏也、増岡弘、鳳芳野 
島香裕、巴菁子、谷口孝司、吉川なが子

*悟朗さんは依頼人の社長役だそうです。

ゲストに「ラットパトロール」のエリック・ブレーデンさんがご出演でした。
悟朗さんはブレーデンさんの役ではなかった様です。

クリックすると元のサイズで表示します
ジョン役のエリック・ブレーデンさん(悪役)

クリックすると元のサイズで表示します
こちらもTVで良くお見かけするデビッド・シュライナーさん
(ブレーデンさん扮するジョンの部下ロバート役)

クリックすると元のサイズで表示します
スティーブ・ブリッグス役のブレット・ハルゼイさん(納谷悟朗)

悟朗さんはハルゼイさんを「野獣暁に死す」で吹き替えられた事がありました。
(「野獣暁に死す」ではハルゼイさんは別名のモンゴメリー・フォード名義でクレジットされています。)

***

<オマケ>

その他のゲストも少し教えて頂きました。
有難う御座いました。

第4シーズン24話 「エンジェルを守れ!」
4-23 Toni's Boys (1980年4月2日 本国放送)
マイケル(ロバート・ロッジア):小林勝彦

***

第5シーズン6話 「掠奪された花嫁!ビーチボーイの狂宴」
5-5 Waikiki Angels (1981年1月4日 本国放送)
サム・ナイト(リチャード・アンダーソン):家弓家正

第5シーズン7話 「今夜はトロピカル!フラダンスに恋の炎」
5-6 Hula Angels (1981年1月11日 本国放送)
スティーブ・モス(ジーン・バリー):小林勝彦

*第5シーズンには数話ハワイのエピソードがあります。
その中の2話です。

***

ジーン・バリーさんはもう1作ゲスト作があるそうです。

第2シーズン12話 「転落!呪われたスタジオ」
2-10 Angels in the Wings (1977年11月23日 本国放送)
フランク・ジェイスン(ジーン・バリー):若山弦蔵

***

「チャーリーズ・エンジェル」のゲストの声はフィックスの方も多く、かなり凝っているんですね。
荒野の流れ者様、いろいろ教えて頂きどうも有難う御座いました。

***

*荒野の流れ者様
*IMDb他


タグ: 納谷悟朗


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ