2019/9/14

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ  DVD・ビデオ
<お知らせ>

都合により今月の更新はこれが最後になります。
次回は10月に更新します。
宜しくお願い致します。

***

「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(1990年作品)のビデオ版吹き替えです。
ウィキにキャストが載っていました。
映画があった事自体知らなかったのですが、吹き替え版のビデオがあって驚きました。

悟朗さんは「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の舞台にもご出演になった事があります。
舞台のキャストは次回ご紹介します。(10月になりますが。笑)

この作品はシェークスピアの「ハムレット」に登場するマイナーキャラのローゼンクランツとギルデンスターンを主役にした作品です。(喜劇)
1966年に最初に舞台上演されたそうです。
舞台の戯曲を書いたトム・ストッパードさんが、自ら映画の監督を務めています。

ローゼンクランツとギルデンスターンの声を芸人の太平サブローさんと故太平シローさんが吹き替えています。
カメオではなく主役の吹き替えなので、全体がどういう感じになっているのかとても興味が沸きました。

悟朗さんの役はイアン・リチャードソンさん扮するポローニアスです。
イアン・リチャードソンさんはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの正統派俳優です。
近年ではテレビドラマの「ハウス・オブ・カード 野望の階段」が有名でした。(保守党の院内総務長フランシス役)

悟朗さんは舞台では別の役を演じていらっしゃいました。(座長役)

***

クリックすると元のサイズで表示します
「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」 ビデオの表紙
これは字幕版の表紙です。

クリックすると元のサイズで表示します
「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」 北米版、25周年記念ブルーレイの表紙 (2016年1月12日発売)
日本ではブルーレイはない様です。
ブルーレイに吹き替えを入れて出して欲しいです。

クリックすると元のサイズで表示します
ローゼンクランツ役のゲイリー・オールドマンさん(太平シロー)とギルデンスターンのティム・ロスさん(大平サブロー)

クリックすると元のサイズで表示します
座長役のリチャード・ドレイファスさん(青野武)

クリックすると元のサイズで表示します
オフィーリアの父ポローニア役のイアン・リチャードソンさん(納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
ハムレット役のイアン・グレンさん(田中秀幸)

クリックすると元のサイズで表示します
クローディアス王のドナルド・サンプターさん(寺島幹夫)

*悟朗さんは「ブラック・ハンター」でサンプターさんを吹き替えられた事があります。

https://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/1017.html

***

「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
Rosencrantz & Guildenstern Are Dead 英、米 1990年
監督、脚色:トム・ストッパード
原作(戯曲):トム・ストッパード
ベネチア映画祭グランプリ受賞
1992年2月21日発売(?) ポニーキャニオン ビデオ版吹き替え
*発売日の確証はありません。ご了承下さい。

ローゼンクランツ(ゲイリー・オールドマン):大平シロー
ギルデンスターン(ティム・ロス):大平サブロー
座長(リチャード・ドレイファス):青野武
ハムレット(イアン・グレン):田中秀幸
オフィーリア(ジョアンナ・ロス):吉田美保
クローディアス王(ドナルド・サンプター):寺島幹夫
ガートルード王妃(ジョアンナ・マイルズ):藤波京子
ポローニアス(イアン・リチャードソン):納谷悟朗
イングランド大使(ジョン・バージェス):藤本譲

***

<オマケ>

「ハウス・オブ・カード 野望の階段」のイアン・リチャードソンさんです。

クリックすると元のサイズで表示します

Ian Richardson (1934年4月7日〜2007年2月9日) スコットランド、エジンバラ出身

イアン・リチャードソンさんは1968年作の「真夏の夜の夢」でオベロン王を演じていらっしゃいました。
お若いリチャードソンさんです。(真ん中へんにあります)

https://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/844.html

***

*ウィキぺディア
*IMDb他
タグ: 納谷悟朗

2019/9/6

ドク・ホリデイ  吹き替え
ステイシー・キーチさん主演の「ドク・ホリデイ」(1971年作品)です。
2018年11月にアトリエうたまる様の資料を載せさせて頂きました。

dick-dastardly様が台本をお持ちだそうで、配役詳細を教えて頂きましたので、再度載せたいと思います。
dick-dastardly様、本当にどうも有難う御座いました。

「ドク・ホリデイ」は96分の作品です。
台本に吹き替え版のトータルが載っていました。
吹き替え版は94分26秒でほぼ完全版でした。

また台本の表紙に収録日の情報が載っていました。
『A/R 昭和52年10月29日(土) 10:00〜20:00』
収録予定が10時間。大変ですね。
皆さん本当にお疲れ様でした。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「ドク・ホリデイ」 ドイツ版ブルーレイの表紙
北米版のブルーレイは見つかりませんでした。
日本ではビデオが出ていた事がありますが、DVDもブルーレイもない様です。

クリックすると元のサイズで表示します
ドク・ホリデイ役のステーシー・キーチさん(納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
ケイトのフェイ・ダナウェイさん(平井道子)、ステイシー・キーチさん(納谷悟朗)

***

「ドク・ホリデイ」
Doc 1971年 米
放送 1977年11月14日(月) TBS 月曜ロードショー
収録 1977年10月29日(土) 10:00〜20:00 
配給 ユナイテッド・アーチスツ・テレビジョン
製作 東京放送

ドク・ホリデイ(ステイシー・キーチ):納谷悟朗 ステーシー・キーチ
ワイアット・アープ(ハリス・ユーリン):内海賢二
ケイト・エルダー(フェイ・ダナウェイ):平井道子
アイク・クラントン(マイク・ウィットニー):田中信夫
キッド(デンヴァー・ジョン・コリンズ):古川登志夫

バージル():阪脩
クラム(ダン・グリーンバーグ):安原義人
モーガン():黒部鉄
ビーハン():岸野一彦
コンチマ?():中島喜美栄
ビリー():松田重治
バートレット():加藤正之
ワン():叶年央
リンゴー():叶年央
バーテン 1():黒部鉄
バーテン 2():阪脩
フロント():岸野一彦
若者():安原義人
?():牛山茂
ジェームス():松田重治
マライ?():鈴木れい子
男 1():黒部鉄
男 2():牛山茂
少年():鈴木れい子
父():叶年央
声 1():加藤正之
声 2():牛山茂
男():松田重治
女 1():種谷アツ子
女 2():鈴木れい子
男客():牛山茂
牧師?():加藤正之
カウボーイ 1():松田重治
カウボーイ 2():牛山茂
アレイ():種谷アツ子
町民():叶年央
フランク():牛山茂
馬丁():松田重治
写真屋():叶年央

<日本語版制作スタッフ>

プロデューサー:熊谷国雄(TBS)
台本:飯嶋永昭
効果:芦田公雄
調整:山下欽也
録音:TFCスタジオ
ディレクター:中野寛次
TFC担当:国正明

***

以前載せた記事です。

https://sun.ap.teacup.com/nayagorofan/1014.html

***

ドクホリデイ ドク・ホリデー ドクホリデー ドク・ホリディ ドクホリディ

***

*dick-dastardly様
*アトリエうたまる様
*自称吹替評論家様
*月曜ロードショーをお調べ下さった方
*IMDb他
タグ: 納谷悟朗


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ