2020/10/23

シャイン  DVD・ビデオ
ジェフリー・ラッシュさん主演の「シャイン」(1996年作品)です。
オーストラリアのピアニスト、デイヴィッド・ヘルフゴッドさんの半生を描いた作品です。
ジェフリー・ラッシュさんはこの映画で、第69回アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

悟朗さんは、デイヴィッドが留学したイギリスの王立音楽院の恩師の役です。
演じているのはイギリスの名優、サー・ジョン・ギールグッドさん。
デイヴィッド(ジェフリー・ラッシュ)はセシル・パークス(ジョン・ギールグッド)の指導の下、コンクールで難曲のラフマニノフ、ピアノ協奏曲第3番を弾くが、その後精神を病んでしまう。
その彼が長い年月を経て、再びピアノ演奏で注目される様を描いた作品です。

デイヴィッドは子供の頃から父親の厳格な英才教育を受けていましたが、このお父さんの精神的な暴力が凄かったです。
但しヘルフゴッドさんのご家族によると、実際のお父さんは映画の様な人物ではなかったそうです。

映画のピアノの場面は実際にデイヴィッド・ヘルフゴッドさんが演奏なさっています。
役を演じたジェフリー・ラッシュさんも子供の時にピアノを習っていたそうで、映画の為に練習なさったそうです。

ウィキに主要キャストが載っています。
またアトリエうたまる様がキャスト詳細を載せて下さっていました。
有難う御座いました。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「シャイン」 吹替え版ビデオ(パイオニア)の表紙 (1997年8月22日発売)

クリックすると元のサイズで表示します
「シャイン」 ブルーレイ イタリア版の表紙 (2010年12月2日発売)

日本版(角川書店)は2011年6月24日発売 (ブルーレイには吹き替えは入っていません)
北米版のブルーレイは見つけられませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します
デイヴィッド・ヘルフゴッド(ジェフリー・ラッシュ/山寺宏一)

クリックすると元のサイズで表示します
デイヴィッドの父ピーター(アーミン・ミューラー=スタール/有川博)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
セシル・パークス(ジョン・ギールグッド/納谷悟朗)と青年のデイビッド(アレックス・ラファロウィッツ/三浦斗夢)

ジョン・ギールグッドさんはこの時92歳だったそうです。
(ギールグッドさんは2000年に96歳で他界なさいました。)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
もう一枚

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
ギリアン(リン・レッドグレーブ/小宮和枝)とデイヴィッド(ジェフリー・ラッシュ/山寺宏一)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
少年時代のデイビッド(ノア・テイラー/家中宏)

クリックすると元のサイズで表示します
ジェフリー・ラッシュさん

*クリックすると拡大します

***

「シャイン」
Shine 1996年 オーストラリア
ビデオ、DVD吹替え (パイオニアLDC 1997年8月22日発売)

デイヴィッド(ジェフリー・ラッシュ):山寺宏一
ピーター(アーミン・ミューラー=スタール):有川博
パークス(ジョン・ギールグッド):納谷悟朗
ギリアン(リン・レッドグレーヴ):小宮和枝
デイヴィッド(少年時代)(アレックス・ラファロウィッツ):三浦斗夢
デイヴィッド(青年時代)(ノア・テイラー):家中宏

稲葉実、宮寺智子、磯辺万沙子、鈴木愛、菊池いづみ
岩田安生、安井邦彦、水野龍司、深水由美、星野充昭

<日本語版制作スタッフ>

日本語版制作:ACクリエイト株式会社

***

クリックすると元のサイズで表示します
第69回アカデミー賞主演男優賞を受賞したジェフリー・ラッシュさん

クリックすると元のサイズで表示します
アカデミー賞で熊蜂の飛行を演奏したデイヴィッド・ヘルフゴッドさん
この時の事を良く覚えています。

***

*アトリエうたまる様
*ウィキペディア、IMDb他


タグ: 納谷悟朗

2020/10/12

楊貴妃外伝  吹き替え
中国のTVドラマ「楊貴妃外伝」(全4話)です。
悟朗さんは玄宗皇帝の声を吹き替えられたそうです。

1991年にNHKで放送された記録が、NHK 番組タイムマシーン(NHK公式)のサイトに載っていました。
このドラマのDVD(中国版)が1994年に発売された様なのですが、番組の製作年は分かりませんでした。

声のキャストは数名しか分かりません。
キャスト詳細がお分かりの方は、宜しくお願い致します。
悟朗さんと家弓さんが共演なさっているので、ぜひ拝見してみたいです。

楊貴妃役の周 潔(ジエ・チョウ)さんは、1992年の映画「楊貴妃」でも楊貴妃を演じていらっしゃいました。
(楊貴妃以外は別キャスト)

***

クリックすると元のサイズで表示します
「楊貴妃外伝」 

クリックすると元のサイズで表示します
楊貴妃役の周 潔さん(土井美加)

*クリックすると少し拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
玄宗皇帝(周 志宇/納谷悟朗)

*クリックすると拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
玄宗皇帝と楊貴妃

*クリックすると少し拡大します

クリックすると元のサイズで表示します
玄宗皇帝の腹心、高力士(翁 国鈞/家弓家正)

***

「楊貴妃外伝」
楊貴妃外伝
別題:楊貴妃秘史 中国 全4話
鮑 芝芳監督

NHK アナログ衛星第2
第1話 1991年8月26日(月) 午後8:00〜午後8:45
第2話 1991年8月27日(火) 午後8:00〜午後8:47
第3話 1991年8月28日(水) 午後8:00〜午後8:43
第4話 1991年8月29日(木) 午後8:00〜午後8:57

再放送
NHK アナログ衛星第2
第1話 1993年6月24日(木) 午前0:40〜午前1:25
第2話 1993年6月24日(木) 午前1:25〜午前2:12
第3話 1993年6月25日(金) 午前1:15〜午前1:58
第4話 1993年6月25日(金) 午前1:58〜午前2:55

楊貴妃(周 潔 ジエ・チョウ):土井美加
玄宗皇帝(周 志宇):納谷悟朗
高力士(翁 国鈞):家弓家正

楊國忠(張 忠傑):声不明
謝阿蛮(李 冰):声不明

***

*NHK 番組タイムマシーン様
*ウィキペディア他

2020/10/4

大脱出  吹き替え
クリストファー・ジョージさん主演の「大脱出」(1971年作品)と言うTVムービーです。
ウィキペディアの悟朗さんの吹き替えリストで見かけました。
(他の声のキャストや放送年月日、放送局等不明)

ウィキの資料の出典が不明で、悟朗さんが本当に吹き替えていらっしゃったのか確認出来ていません。
詳細がお分かりの方はご教示お願い致します。
ウィキの資料が正しければ 悟朗さんのクリストファー・ジョージさんの吹き替えは4作になります。

<2020年10月17日追記>

自称吹替評論家様に追加のキャストを教えて頂きました。
どうも有難う御座いました。

<2020年11月19日追記>

マイマイ様が視聴時のメモをお持ちで、詳しいキャストを教えて下さいました。
どうも有難う御座いました。

***

元脱出マジックの魔術師で私立探偵のキャメロン・スティールの話です。
この映画はパイロット版ですが、キャメロン・スティールはシリーズ化されなかったそうです。

ヘンリー・ウォルディング博士とチャールズ・ウォルディング博士の兄弟が研究していた細菌。
チャールズ・ウォルディング博士はこれを悪用して世界征服を目論んだ。
探偵スティールは世界を救えるのか?
作品中、キャメロン・スティールの脱出の手際も見る事が出来ます。(笑)

同名(「大脱出」 2013年作品)のシルベスター・スタローンさん、アーノルド・シュワルツェネッガーさんの映画がありますが、全く無関係です。

***

クリックすると元のサイズで表示します
私立探偵キャメロン・スティール役のクリストファー・ジョージさん(納谷悟朗)

クリックすると元のサイズで表示します
マッドサイエンティストのチャールズ・ウォルディング博士(ジョン・ヴァーノン/声不明 仁内建之)

悟朗さんは「殺しの分け前 ポイント・ブランク」でバーノンさんを吹き替えられた事があります。

クリックすると元のサイズで表示します
ヘンリー・ウォルディング博士(ウィリアム・ウィンダム/声不明 勝田久)、博士の娘スーザン(マーリン・メイソン/声不明 池田和歌子)、探偵スティールのパートナー、ニコラス(エイブリー・シュレイバー/声不明 神山卓三)

***

「大脱出」
Escape 1971年 米 テレビムービー
放送年月日、放送局不明

キャメロン・スティール(クリストファー・ジョージ):納谷悟朗
チャールズ・ウォルディング博士(ジョン・ヴァーノン):嶋俊介 仁内建之
ニコラス・スライ<スティールのパートナー>(エイブリー・シュレイバー):声不明 神山卓三
スーザン・ウォルディング(マーリン・メイソン):池田和歌子 マーリン・メイスン
ヘンリー・ウォルディング博士(ウィリアム・ウィンダム:声不明 勝田久
エブリン・ハリソン(グロリア・グレアム):近藤高子 グロリア・グラハム
ルイス・ハリソン上院議員(ウィリアム・シャラート):声不明 嶋俊介
ギルバート(ハンツ・ホール):声不明藤本譲

村越伊知郎、加藤修、若本紀昭

***

クリックすると元のサイズで表示します
クリストファー・ジョージさん
TV「不死身の男」(1970年本国放映)より

マイナーな作品ですが、私は何故か「不死身の男」を良く覚えています。
私が拝見したのは再放送でしたが。(声は家弓家正さん)

クリストファー・ジョージ
Christopher George
1931年2月25日〜1983年11月28日 ミシガン州出身

***

*自称吹替評論家様
*マイマイ様
*ウィキペディア、IMDb
*Daily DEAD様
タグ: 納谷悟朗


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ