2022/5/21

魔神バンダー  ナレーション
goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/4e45a8e1a112bd11a07cc12e00399c15

***

「魔神バンダー」(1969年作品)と言う特撮です。
手塚治虫さんの漫画「魔神ガロン」のパイロット版(実写)を制作したが使われなかった為、それを参考に新たに作られた番組だそうです。
悟朗さんはナレーションです。

元々は26話の予定だったそうですが、結局全13話が放送されました。
ビデオ等も出ていません。
かなりマイナーな印象ですが、私は拝見した事がある様です。(何故か主題歌を覚えていました。)

第一話から、悟朗さんのナレーションをご紹介します。
少しお話の設定が分かると思います。
悟朗さんお得意の、ほぼ全てに句読点が付くナレーションです。

「地球より、10万5千キロの宇宙に、謎の彗星と伝えられる、パロン彗星がある。
そこには、ボランと呼ばれる、恐るべき、宇宙のエネルギーがあった。
だが、そのエネルギーは、何者かによって、地球へと持ち去られた。
もし爆発をしたら、地球は一瞬のうちに全滅する。
人類の危機が、刻一刻と切迫していた。
調度その頃、宇宙から、地球へ向かう3つの物体があった。」

地球から「10万5千キロ」と言うのは、多分「10万5千光年」のつもりだったのだと思います。(??)
台本が間違っていた模様です。(??)

地球へ向かう3つの物体とは、ボランを取り戻すためにやって来たパロン星の王子、王子の護衛と魔神バンダーです。

***

クリックすると元のサイズで表示します
魔神バンダー
スーツアクターは菊池英一さんだそうです。(帰って来たウルトラマンの人)

クリックすると元のサイズで表示します
これも魔神バンダーです。
バンダーは普段はこういう顔で、怒ると上記の姿になるそうです。
カワイイですね。

***

「魔神バンダー」
1969年1月5日(日)〜1969年3月30日(日)
夜6時〜6時30分 フジテレビ
全13話

ナレーション:納谷悟朗

パロン彗星の王子:角本秀夫
X-1号(王子の護衛):平松慎吾
立花博士:湊俊一
犬山五郎(立花博士の助手):浅香春彦
映子(立花博士の助手):加川淳子

バーンズ(記者):フレッド・マイケル・ボサート
エミー原田(特派員):吉野妙子

イヨン・ゴーダー
ローズ(ゴーダーの秘書)

魔神バンダー:菊池英一

***

*ウィキペディア他
タグ: 納谷悟朗

2022/5/11

熱き血のイレブン  ナレーション
goo の記事はこちらです。

https://blog.goo.ne.jp/nayagorofan/e/65aa14a7805b2e1764295b8cbccd8687

***

梶原一騎さん原作のアニメ「赤き血のイレブン」(1970年作品)です。
新生高校のサッカー部を描いた作品です。
悟朗さんはナレーションです。

私は残念ながらあまりサッカーに興味がなく、このアニメはほとんど拝見していません。
第一話の冒頭にナレが入っているのですが、他のエピソードにもナレーションがあったのか不明です。
また悟朗さんは予告ナレーションを2話〜19話まで演っていらっしゃいました。
(1話の終わりに第2話の予告〜18話の終わりに第19話の予告)
20話の予告から、山本嘉子さんが役の明日香守として予告していらっしゃいます。

***

クリックすると元のサイズで表示します
「赤き血のイレブン」(第13巻)DVDの表紙 (2006年9月20日発売)

クリックすると元のサイズで表示します
悟朗さんのクレジットです。
すごいキャストですね。

***

「赤き血のイレブン」
1970年4月13日(月)〜1971年4月5日(月)
夜7時〜7時30分 日本テレビ
全52話(悟朗さんは18話まで?)

ナレーション:納谷悟朗

玉井真吾:田中亮一
松木天平(監督):村越伊知郎
大平洋介:兼本新吾
青田光:森功至
青田衛吾作(光の父、PTA会長):雨森雅司
森山校長:村瀬正彦
駒野次郎:肝付兼太
玉井輪吉(真吾の父):大木民夫
永田真(真吾の実父):永井一郎

市川治、池田秀一、納谷六朗、仲村秀生、神谷明、青野武、山本嘉子
白石冬美、林玲子、堀鞠子、中田浩二、小林清志、野沢雅子、宮内幸平 他

***

*ウィキペディア他
タグ: 納谷悟朗


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ