2008/6/30

ありがとう、三毛さん  三毛さん

 最近は子猫の世話や捕獲のことで、深夜や朝早くにばたばたしてるせいか
体のあちこちが痛くなったり、寝不足のせいか頭痛したり、ふらふらになったり。
 めったに怒らない主人も
「いま、何時だと思っているんですか。早く帰ってきなさい。」と。

でもとにかく、ちゅうりん君、早くつかまえたい。
ちゅうりん君が飼いネコになれる可能性がほんのわずかでもあるのなら、それに
賭けたいと考えてます。 キジトラの女の子も。
  そんな今日このごろですが、
 先日の夜、少し仮眠をとったあと、家を出てくときに、門柱のところに
三毛さんの姿が☆  「三毛さん、、」と手をさしのべると、くねくねして、
嬉しいことに、初めて、からだをさわらせててくれたのでした! 
そして、三毛さんは、私の手を、ぽん、とたたいたりするのでした。

 三毛さんは体をさわろうとするといつも身をかわしてたので、もしかしたら
ずっとさわらせてはくれないかもと思うときもありました。
でも、それでもかまわないと思ってました。
そんな三毛さんが、初めてさわらせてくれたのは涙が、出そうなくらい、
嬉しかったです。
疲れがふっとんだ気がしました。 「三毛さん、ありがとう」

 三毛さん
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 いつか今の暮らしとは、おさらばさせるから、もう少し待っててほしい。
 三毛さんのこと、ちゃんと考えてるから。 どんなに遅くとも
 次の冬がくるまえには、三毛さんを保護してあげたい。
 凍えるような真冬に、お外で鼻水をたらしてた三毛さんを
 暖かいお部屋で、過ごせるようにしてあげたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/29

餌やりに関して  お外の猫さん

 最近住み着くようになった白猫お母さんと子猫がいつもいた自転車置場は
居住者のかたが、いつも猫のために新鮮な水をおいてくれてます。
 猫たちにご飯を与えてくれるかたも何人かいるし、そのことについては
私自身、感謝してますが、置き餌に関しては、問題となるのでやめてほしいと
思います。 張り紙もしようと考えてますが
 ↓ 「置き餌はご遠慮ください」といったメモを残したりもしてます、
クリックすると元のサイズで表示します

 長時間、放置された食べ残しには アリやハエがたかってますし、なめくじなども
入ってることもあります。大変不衛生ですし、中には不快感を感じるかたもいると
思います。
 それと、置き餌があることで、多くの猫が集まってきます。
近くの集合住宅周辺には餌付けされてるような野良さんや、放し飼い?の猫さんたちも
多いし、狭い敷地にあまり多くの猫が集まってくると色々問題が生じます。

 私だってできればお腹すかせてる猫さんたちは、みんな満腹になってほしいと
思います。でも公共の場所で、スペースもせまいのです。あまり数が多くなると
避妊去勢さえすればだいじょうぶだといえなくなってきます。

 ↓ 最近よくいるようになった野良さん♂ 耳に赤いピアスしてます。
 クリックすると元のサイズで表示します
 夜に観察してると、通りをはさんだ反対側の敷地からやってきます。
 もともとのテリトリーや、お世話をされてたかたもいたはずと思います。
 この子は、茶トラのちゅうりん君♂を追い払っているそうで、
 そのため、おととしからいたちゅうりん君が居場所を追われています。
 
  夜にバイクの上で休むちゅうりん君 ※最近こんな姿は見れなくなりました。
 クリックすると元のサイズで表示します

 避妊手術した白猫お母さんは子連れでやってきて最近住み着くようになりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 この白さんも気が強く、ちゅうりん君たちを追い払ったとのこと。
 周辺は公団の建て替え中ですからそちらからの猫さんも漂流しており、
 この白猫さんが流れついたのは仕方ないことだといえますが、
 もともといた猫さんが居場所がなくなり、餌不足による衰弱などの心配もあります。

 子供は何とか全部保護できたので(2匹は居住者のかたが保護)なんとか
 増えずにすみました。※白猫お母さんは里親探しを検討中です。

 白い子猫は2匹、お見合いが決まりました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 エンゼルちゃんはゲージの上のみかちゃんのしっぽにいたずらして遊んでました☆


 餌やりは、対象とされてる猫さんに、適切な方法で与えてほしい、
 もし、がりがりでふらふらに歩いてる子をみかけたら、ご飯あげることは
 とても優しい行為だと思います。 私も、ご飯あげたいです。

 でも、その子があらわれたときのためにと餌をおいたままにするのは
 建物の管理人としても認めることができません。
 
 みなさんとても忙しいし、適切な餌やりというのはとても大変なことだと思います。
 わかっててお願いしています。

 

2008/6/28

天使のウインク☆  マールちゃん(白猫親子

 6月25日に保護した白い子猫ですが、とても元気で、しかもよくなきます。
   …おかげでちょっと寝不足ぎみですが(^_^;)
 最初は固まってて身動きしなかったし、見てる前ではご飯食べなかったのですが、
昨夜あたりから、動くようになったし、恐る恐るですが、目の前でご飯食べてくれる
ようになりました。時々シャ〜としますが、すごくかわいいシャ〜です☆

 仮名はエンゼルちゃん
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

 保護翌日に家に連れていきました。現在は廊下においてます。
 家の子たちともゲージ越しにですが徐々にご対面させてます。
 エンゼルちゃん自ら寄ってくることも。
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

 本当に可愛い顔してます。 まだ抱っこもできないため性別も不明ですが
 だめもとで、事情を書いて里親募集の記事を掲載したところ、数件の
 お問い合わせをいただくことができました!
 クリックすると元のサイズで表示します
 交渉をはじめますが、近々お見合いとなるかもしれません。
 まだどうなるかわからないけど、少し先が見えてきたので嬉しい気がしてます。

  ↓お母さん猫はつかまえて避妊手術に連れていきました。
 クリックすると元のサイズで表示します
 わりと人慣れしており、足もとまで寄ってきます。
 手術後、リリース前に、茶トラのちゅうりん君をつかまえたいと思ってます。

 今朝、やっと姿をみつけました…が、捕獲することはできませんでした。
 また戻ってくるのを待ちます。
 ↓ 自転車のかごの中で眠る、ちゅうりん君
 クリックすると元のサイズで表示します
 餌やりさんたちとも打ち合わせ等して、お腹すかせ作戦にしようかと
 考えてます。


 母猫が不在のため、残りの子猫1匹も急きょ秘密の保護場所に保護中ですが
 なんとか保護&里親募集できるかも、と考えています。
 とにかく全力投球!!

2008/6/26

最高に嬉しい!!!  ちゅうりん君

 昨日、子猫を1匹保護したときに、マンションに急きょ張り紙をしたのですが、

  ↓ 保健所からもらったパンフなど参考に自分なりに作った張り紙
 クリックすると元のサイズで表示します
 
  自分で考えた文面は、

 … つかまりにくい猫は、捕獲器を使うなどの方法でつかまえることも可能です。
   協力しますので、管理人まで連絡してください。
   足立区は猫の避妊去勢手術に助成金がおりますから、当方提携の病院でしたら
   めす猫は6000円  おす猫は3000円で手術できます。
   野良猫の多くは伝染病や交通事故、餌の不足による衰弱などでいきだおれます。
   飼い主のいない猫を減らすためにも力を合わせて避妊去勢を普及させましょう。

  と書いてはったところ、居住者であるSさんから連絡が。
  以前から敷地内にいる野良さん2匹を保護したいと思ってたのだが、
  なでることはできても抱こうとすると逃げるので、つかまえてもらえるなら
  お願いしたい、という電話でした!!

  1匹は茶トラのちゅうりん君♂ 未去勢
  もう1匹はキジトラの子♀   避妊、耳カット済み

  この2匹は仲がよく、いつも2匹でいるのですが、最近、別な猫さんと
  テリトリー争いで、隠れてばかりになってしまい、心配してくださって
  いるというお話でした。


  電話で話をしてたとき、涙が出そうでした!! 最高に嬉しい!!!

  ただ、Sさんちは先住猫が1匹いるので、念のため、ウイルスチェックを
  したほうがいいという話になり、つかまり次第、病院に連れてくことに。

  ちゅうりん君たちが飼い猫になれるかもしれない…胸がいっぱいです。。


  今回張り紙を張ったのは、やはり、一人でも多くのかたに
  問題意識をもっていただけたら、、という願いでした。
  どっかのHPを引用して、地域猫に関する文面も張りました。
  少しずつでも良い方向に進めばと願っています。
  
  茶トラのちゅうりん君♂ おととしから自転車置き場に住みついてた野良さん
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 1匹でも多くの猫が過酷なお外での暮らしから救われてほしい

2008/6/25


 管理物件の敷地内に生まれたという子猫4匹のうち、残された2匹の様子を見に
何度か足を運びました。 2匹ともお母さんと同じで真っ白☆
観察してるうちに、1匹の子猫はすぐ姿を隠すけど、もう1匹はわりと近づいても
逃げないでいることがわかりました。
  クリックすると元のサイズで表示します
子猫はお母さんに似て、すごく美形。 「まるで天使みたい」
こんな子がずっとしんどい野良生活を?? 人になつきさえすれば、ひくてあまたに
なるはずなのに。
子猫を見ているうちに 「まだなんとかなるかもしれない」 という思いが
ふつふつとわきあがってきました。
「せめて、1匹だけでも保護できれば」 

唐揚げをいれた捕獲器をしかけて、少し離れたところでみていました。
母猫が入ろうとするので、そのたび唐揚げを投げて、母猫をけん制。
すると、10分もたたないうちに、子猫が中に入り、つかまえることができました。

すぐ病院に連れてき、ゲージ越しにですが、ワクチン接種。
その後、予備のゲージをひっぱりだして、とりあえず仕事場の台所におくことに。
何とか、なつかせてみようと考えています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

母猫は避妊手術のため近々捕獲チャレンジする予定です。


2008/6/24


 先日、仕事で管理をしているマンションのごみ置き場の中を片付けていたとき、
居住者のKさんがきて、最近、敷地内で猫が子供を産んだよ、というので、「え!?」
 よくきくと、ときたま敷地内に姿を見せていた白い猫が、いついたと思ったら
すでに4匹の子供を産んでたという話でした。
 …全然、知らなかった。。

 ニューフェイスの白猫さん すばらしく美形
クリックすると元のサイズで表示します
 すぐそばには初めて見る猫さんが。右耳に赤いピアスをしてます。通常は
 右=男の子 左=女の子 だから、男の子のようです。地域猫さんなのでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

このマンションはペット可マンションで、全体の4分の1が猫を飼ってるし、
猫が好きな人も多く、餌をあげてる人が数名いると聞いてます。
子猫4匹のうち、2匹は、居住者の Tさんというかたが保護してくれたと知り、
Tさんから写真をみせてもらいましたが、かなりかわいい顔した子猫でした。
まだシャーシャーはするそうですが(^_^;)
残りの子猫は姿を隠してることが多いらしく、私はまだみたことがないのですが
今からなつかせるにはかなり手をかけないとだめだと思うので、保護は難しいと
考えています。 ある程度大きくなったら避妊去勢してあげようと思います。
※母猫は近々避妊手術のために病院に連れていこうと思います。

Tさんが保護した子猫の写真  かりかりも食べれるそうです☆
 クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/21

甘い香り  よりちゃん

 夏日となった数日前、気合をいれて よりちゃんのこと初シャン☆しました。

 暴れると予想し、ネットにいれて洗いました。 シャンプー後のよりちゃん
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 体がにおってたので、ずっと洗ってあげたいと思ってったけど、風邪をぶりかえし
そうでなかなか洗えずにいました。 やっと実現。
 今まで使ってた敷物などはみんな処分。保護部屋もきれいにお掃除をしたし、
よりちゃんも甘い香りのする、身ぎれいな女の子に変身★しました。

 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します
 きれいになったね、よりちゃん  毛並みもよくなってきたね、
 クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/20

驚いたこと×2  分類なし

 休日に地元の大手ペットショップに足を運びました。最近ではペットショップでの
犬猫の展示販売を邪道だと思っていますが、保護猫よりちゃんのお気に入りの
アボキャットというフードが手に入るので、それと、低刺激性の猫用シャンプーが
ほしかったので。

驚いたのは、店内にあったわんちゃんの服、服、服、、ですが、なんと浴衣まで!?
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 浴衣を着て犬が喜ぶかどうかわからないけど、この服を着て飼い主に可愛がられる
わんちゃんたちはすごく幸せだ、と心底思いました。
ちょうど月刊デイズジャパンで殺処分されたあとの犬の姿を見た直後だったせいか
よけいにそう感じました。  


 そのあと、雑用である場所にいったとき、やはりちょっと驚いた光景が。
 ↓ ブロック塀や、建物に張られていたのですが…
クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

 犬のふんを処理せよ、毒をくわせるぞ、といった内容の張り紙が周辺に3枚
 はられていました。張り紙のちかくには、うん○がありました。
 大きさからして、小型犬のもののようでしたが。

 これを書いて張った人は相当頭にきて張ったのだろうと感じました。
 飼い犬のふんの後始末をしないのはマナー違反ですが、このような内容の
 張り紙はなにか殺伐とした現代の風潮を象徴してるようにも感じました。

2008/6/18

デイズジャパン特集  動物愛護問題

 月刊 DAYS JAPAN(平成20年6月号)に「処分されゆくペットたち」という記事が
カラーで10ページにわたり掲載されています。
 動物愛護センター内で、炭酸ガスを注入される直前の犬たちのモニター映像や、
炭酸ガスによる殺処分完了後の犬や猫たちの姿がのっています。処分後、焼却炉で
骨と灰になった写真もあります。

 処分施設の職員6名がメッセージボードを持ち、訴えている写真もあります。
メッセージボードにかかれてあることは

 「衝動より熟慮 飼いたい犬と飼える犬は違います」

 「 終生飼育!」

 「この命 灰になるためだけに生まれてきたわけじゃない」

 「税金を 命の処分に使うより 命を生かす社会に使おう」

 「自分の犬を 他人に殺させる人 最低だと思う」

 「殺処分 あなたが見捨てた家族の命!」

  ↓この写真をとった大石成通(おおいし しげみち)氏のHP
 セブンデイズ http://d.hatena.ne.jp/society89/

                  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
 ※テレビ番組の日テレスッキリ!!で特集された放送内容(動物センタールポ)も
  クリックすれば再生になり みることができます。
  part2では数日間の家族旅行のために、親と子供が飼い猫を処分施設に
  持ち込む姿もでてきます。
  親子は涙を流していますが、私には 許すことができません。
  憤りを感じます。

  数日間の旅行 → 連れてけないし、食事などの世話ができない → 手放す

  この親子にとって、猫は、おもちゃ同然にすぎなかったのか?
 誰かにバイト代なり払って餌やりなどを頼むとか、
 ペットホテルや 預けることのできる病院など探して預ける、とか、すれば
 いいのに。 もちろんそれなりに費用がかかるわけですが。

 ある人はどうしても2〜3日不在にするときはいつも餌をどばっとまとめて
 たくさんおいていく といってました。
 戻ってくると、餌は全部食べてて元気にしてるということです、
 できれば誰かに世話を頼むのが理想だと思いますが、誰にも頼めない場合は、
 そうしてもいいと私は思います(処分されるよりも全然いいから)
 とにかく頭を使って、なんらかの手段を考えるべきだと思う。

 しかも、いつかまた猫を飼うときはここでもらえたら、とか言ってるけど 
 かわいがるときだけ可愛がって、またどこか旅行いくときとかになったら
 いともたやすく処分施設に持ち込む気がします。

 もしかしたらどんなふうに殺処分されるのか事実を知らないのでは?とか
 あるいは、センターで、あらたなもらい手が見つかるだろうと思っているのか?と
 思いましたが、
(管理センターや、愛護センターというような名称は、誤解を招くので変えるべき
 だと思います)
 やっぱりどうしても許すことができないです。
 そして面と向かって 「もう二度と猫を飼うな!!」と言ってやりたいです。

 
ある夫婦が離婚により引っ越したあと、誰もいない家の敷地内に置き去りにされた猫 
 クリックすると元のサイズで表示します
 近所のかたが世話をしています。家の中に入れようとしてもまだ怖いらしく
 入ってこれずにいるそうです。
 老犬もいたそうですが、もと飼い主が処分施設に持ち込みしたとか。
 皮膚病を患っていたそうです。 手当されることなく、最後はガスにより
 窒息死となり、もがき苦しんで死んだのです。

2008/6/17

よりちゃんのお気に入り  よりちゃん

 昨夜は、よりちゃんの保護部屋をぴっかぴかにお掃除しました☆
 床が汚れやすいので、部分的にですがコルクマットをしきました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 食欲旺盛な、よりちゃん             
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 ↓ よりちゃんのお気に入りの座椅子      いつもここで寝ています。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 耳の中を掃除したり、からだをふいてあげてると、気持ちよさそうにしてくれて
その表情とか、しぐさがとてもかわいいです。
 保護部屋の中に、蚊がいたので見たときになんだか腹がたって
「よりちゃんの血を吸うな!」とつぶしてしまいました。 
 
 …でも、あとから思った、
   蚊 だって、一生けん命生きているんだよね、ごめんなさい。
 


2008/6/15

三毛さんの近況  三毛さん

 三毛さんは毎日元気で、家のほうにも、仕事場のほうにもちょくちょく顔を出して
くれています☆
 最近は朝夕問わず、自宅の屋根の手すりのところで、リラックスしてることが
多くなりました。

  ↓ 手すりでくつろぐ三毛さん
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 みかちゃんや、みさきちゃんも 「三毛さん、きた、きた」
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 みみちゃんとクロのお部屋のベランダにも姿を見せるようになりました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 このベランダは全然使ってないのですが、きれいにお掃除とかして、三毛さんが
くつろげるようにしたいと考えています。

 仕事場にも日に2〜3回、多いときはもっと顔を出してくれます。
雨の降ってる日は、こないときもありますが、姿を見せたときは中に入れてあげると
何時間もくつろいでいることもあります。
 
 椅子の上でくつろぐ三毛さん
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/13

チワワちゃんの正式譲渡決定  犬の里親募集

 お試し飼育中だったチワワちゃんは、正式譲渡が決定となりました☆

 目黒区のご夫妻から送られてきた写真   
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
梅雨の時期なのでお散歩用のレインコートを買ってもらったそうです(右上の写真)

お届け後、奥様にはすぐになついたけど、旦那さんを見ると吠えると聞いてて
少し心配でした。 今では吠えなくなったそうです。でも、やはり男性が苦手らしく
お散歩中に近所のかたと出会うと、相手が男性のかただと怖がるそうです。
 おうちの中では活発に走り回ったり、目を離したすきにいたずらしたりと、
おてんばぶりを発揮してるとか☆

 以下、奥さまからのメール
「 好奇心の強さや活発さには楽しませてもらっています。
 ココちゃんが毎日ルンルン♪で生きていけるよう可愛がります。」

 奥様は、早速、畜犬登録もすませて鑑札もつけてくださいました。
 余談ですが、お散歩中にロケ中のソフトバンクのCMのお父さん役のわんちゃんと
対面したそうです☆
  ↓ お父さんは写真集も出るとか☆         
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

以前飼われてたプードルちゃんは初めて飼ったワンちゃんで、最初にペットショップで購入した際、避妊手術の件について尋ねると「自然なままのほうがいい」と言われ、
そのままずっと避妊手術しなかったそうですが12才のときに子宮蓄膿症という病気になり、子宮を摘出したそうです。 
このチワワちゃんは避妊手術がまだすんでおりませんが、時期をみて手術することについては 快く承諾していただきました。


2008/6/12

よりちゃんの検査  よりちゃん

 保護からちょうど2ヶ月となり、太ってだいぶ元気になったよりちゃんは、
ウイルス検査のために病院へいきました。

 クリックすると元のサイズで表示します
 クリックすると元のサイズで表示します

 保護当初の体重 →  2.6kg
保護から1ヶ月後  →   3.2kg
保護から2ヶ月後  →  3.65kg     保護から1.05kg増えてます。

 今はやせすぎでもなく、太ってもなく、標準くらいのように思えます。
 
 採血をして、ウイルス検査をしました。
 結果は、猫白血病ウイルス(Felv)  陽性(+)
     猫免疫不全ウイルス(FIV) 陰性(−) でした。

白血病ウイルスが陽性反応だったので1ヶ月後に再検査をすることになりました。

再検査で陰転する場合もあるというし、キャリアでも発症するとはかぎらないし。
たとえ発症しても治療などにより症状をおさえて、延命できると聞いています。
とりあえず、よりちゃんは引き続き隔離の上、抗生物質を服用し続けることに。

眼球のことについては白血病ウイルスの再検査のあとで、再度検討しようということになりました。 

気になるのは、先生がよりちゃんの口のまわりをふいてたときに、突然 歯茎から
血がたくさん出たことです。 量が多かったので先生も私も少し驚きました。
私は一瞬、よりちゃんが自分の舌をかんでしまったのかと思い、おろおろしました、
先生は「免疫力の低下して粘膜が弱くなってるせいかも」と。

保護当初、よりちゃんの顔をふいてたときに、歯茎が少し出血してたことがあります。
そのときは微量だったし、特に気にしてませんでしたが。。

あと、最初のひどい鼻づまりはおさまったものの、ときおり鼻をぐずつかせ、軽い
くしゃみをすることが。この症状については、おさまったたり、また出たりと。
軽い鼻炎のように思ってましたが。

昨日、いろいろ考えて不安になってしまいましたが
でも、私が 不安がってどうするんだ、と自分自身を叱咤しました。
なるべくよりちゃんと一緒にいる時間を増やして、栄養のあるものを食べさせて
のんびり安心に過ごしてもらい、よりちゃんのこと励ましたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
検査を受けるため採血するよりちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/10

のびびちゃんの近況  のびびちゃん

 少しまえに、のびびちゃんの里親様から近況報告メールをいただきました。
こびびちゃんのワクチン接種の際に、
のびびちゃんも健康診断に連れていってくださったとのことでした。
 
 里子にでた、のびびちゃん  ※我が家で保護中のときの写真
 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 のびびちゃんは、歯茎が赤くなってて、左右、上の奥歯まわりが歯肉炎になってる
とのことですが、
(以下、里親様のメールより)
「でも先生曰く、食べづらそうなそぶりがあると気になるけれど
 そうでなければ心配はないでしょうとの事です。
 どうも歯の生え方が、ちょっと歯肉にあたるような向きになっているようです。
 それも理由かも。
 触っても痛がらないし、食欲もすごく旺盛なので安心はしていますが
 こまめにチェックするように気を付けます。
 ドライフードの割合を多めに、今はそれにプラスして
 歯肉炎予防のための、水に混ぜるタイプの薬を入れて飲ませています」

  ありがとうございます! 
  歯のケアしていただきまして、、、感謝の思いで一杯です。

  それと、4コマ漫画風の写真を送ってくださいました。
  のびびちゃんのマイペースでのびのびした暮らしぶり、幸せそうです。
   ↓   ※ファイル形式になっています。
 
  が、、しかし、、
  ファイルをうまく添付できず、、、 (>_<)<(_ _)>(^_^;) 
 すみません。。ちょっと待っててください☆


  奥さまがほぼ毎日こびびちゃん&のびびちゃんの写メールを、お仕事中の
 だんな様に送られており、仕事の合間の楽しみとなってるそうです。
  私もよく仕事の合間の息抜きに にゃんこたちの写真を眺めていますから、、
 お気持ちわかるような気がしております(^^)

幸せなんだね、のびびちゃん、
 クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/8

20年前の写真  真藍ちゃん

 昨日、地元ボランティアのちゅうさんが、真藍ちゃんのためにお花をもってきて
くださいました。 人前では涙をみせないつもりでしたが、お花をみて思わず
涙があふれてしまい、ちゅうさんまで泣かせてしまいました☆  
 おそらく、生まれてから、母猫やきょうだいとふれあった短い時間以外は、
いいことがなかったであろう真藍ちゃんのことがかわいそうでなりませんでした。
そんな真藍ちゃんのためにお花をいただいて、嬉しかったです。
仏壇に飾らせていただきました。

 昨日、2年半ぶりくらいに、あるポラロイド写真をひっぱりだしてながめました。
もう20年以上前に、父と父の知り合いのかたと一緒に、横浜の外人墓地にいったとき
父が「これ、写真にとってよ」と頼み、知り合いのかたがとった石碑の写真ですが、
そのなかに

 … 現世のはかなさを嘆く魂も 今は安らかにここに憩う 

 と書かれてあります。

  20年以上もまえにとった写真
 クリックすると元のサイズで表示します

 当時、私は石碑をみても特に何も感じなかったと思います。
 この写真はどこかにしまいこんで、ずっと目にすることがなかったのでした。

 2年半前に父がなくなったあとは、しばらくの間、毎日泣き暮らしていました。
 ある日、父の写真を整理しようとして、この写真を見つけ出しました。
 写真をみて涙があふれましたが、何か気持が軽くなったような気がしました。
 父はもう苦しむことなく、安らかに眠っているのだ、と思えたので。

 その後、あるかたと、なにかのきっかけで、
(人間が死ぬと)土にかえる、とよくいわれることについて話をしあったときに
 塵(ちり)の話がでたのですが、後日そのかたがくれた聖書の解説に
 塵を指す最も一般的な言葉は、ヘブライ語のアーファールで、
 「乾いた土」や「粘土モルタル」を意味するということを知りました。
 
 塵は、生命あるものの必然性を象徴しています。
 人間は死ぬと、「その塵に戻って行く」から、だそうです。
 人間だけでなく、犬や猫、植物などもそうであるといえます。
 (以下、引用文)
 一般的に、無機質な塵を生じさせるのは、火山の噴火、火事、農業活動など
 植物質は、花粉、カビ、植物繊維、種子 など
 動物も乾燥した糞、細かい毛、バクテリアなどによって間接的な塵を生じさせます。

 塵は生物の生存と慰安に不可欠な、神様からの備えで、
 塵は大気中の水分が凝縮して、植物の生長に欠くことのできない、雨、霧、あるいは
 もやになるための重要な要素となっています。
 それだけでなく、大気中の塵が光を散乱させてくれなければ、地球上の生き物は
 目に耐えられないほどのまぶしい直射日光にさらされますし、たそがれや美しい
 夕焼けという見慣れた現象は生じなくなります。

  … これらのことを考えていると、土にかえるということは、何か目にみえない
   大きいエネルギーとなり、生命体が永続していく源であると思えます。

 なんでこんなことを考えているのか、自分でもよくわかりませんが、
 真藍ちゃんの遺灰を土にかえしたことで、真藍ちゃんの命はめぐりめぐって
 生命体(一部でも)として生まれ変わってくるような気がします。
 自分にとっての 慰め、といえば慰めなのかもしれませんが。

 
 真藍ちゃんのように、お外で風邪をひき、苦しむ猫ちゃんが
 いなくなってほしいと思います。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
 最後にこの場をかりて、真藍ちゃんの冥福を祈ってくださった皆様に
 厚くお礼申し上げます。 ありがとうございました。   猫の樹



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ