2009/2/1


渦中の人物 Y.H.(千葉県市川市東大和田在住)に
抱っこされるジェリーちゃん(さび柄♀)

※トライアル開始の日(12/11)の写真
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

カール君(茶トラ♂)のお届けはそのまえの11月1日
お届けの日に、私がカール君を抱きかかえて、Y.H.は
カール君の爪を切ってくれました。 のびた爪をみて
「凶器になるんだ」と用意してあった黄色い首輪を
つけてくれて「違う色の方がいいかな」と
私が「似合いますよ」といったら嬉しそうな顔
 
その後 Y.H.からは、頻繁にメールが届き電話でも
話をしました。

「友達がきたときカールは姿を隠したけど、
しばらくしたら出てきてころっとひっくりかえって
お腹をみせてましたよ」
「ぼくが帰ってくると甘えてとびついてきて
大変なんです」と嬉しそうに話してたY.H.  
電話での明るい声

カール君に友達が必要、という話になり、
妹のジェリーちゃんを紹介しました。
12月11日はジェリーちゃんのお見合い 
そしてその日からトライアル開始

しかし、その日の夜に一本の電話

2匹がずっとすごい勢いで追いかけあいをしている
これでは近所から苦情が出そうだ
カール君がぼくのいうこと聞かなくなってしまった
カール君に悪影響を及ぼすんじゃないか
カール君はいつもぼくに甘えて、ころっところんで
お腹を見せたりしてたけど、そおゆうのがなくなると
ただ世話をしてるだけで家政婦と同じ、、
ジェリーちゃんがあまり人懐こくない、予想と違ってた

…さびしそうな、口調でした。 
酔っているのかなとも思いました。
 ↓翌日の朝にきてたメール
「早速2頭で暴れまわってて、相性は悪くない感じはします。
ただあまり暴れまわってばかりでは
私も疲れてしまいますので(苦笑)
また、我が家での過ごし方等ご案内させて頂きます」



12月13日 Y.H.からメールがきました、
ジェリーちゃんが昼夜問わずないてて睡眠がとれない、
このままでは近隣からのクレームになりかねないと考えている、
ほかの子と変えてほしい、という内容でした。
 ↓メールの一部
「ジェリーちゃんは何かを求めていて、私には残念ながら、
それに応える時間的、精神的余裕がありません。。
大変恐縮ですが至急にご対応の程宜しくお願い申し上げます。
カールは相変わらずマイペースです。」

しかしこのときに最低1週間、様子をみるという話に。
※見切りをつけて猫を返してもらえばよかったと悔やんでいます。
 
心配になり「迷惑かけるといけないから引き取りにいきます」と
いうと、仕事が忙しくて先がよめないという返事

トライアルから1週間後、ジェリーちゃんが泣かなくなったと
連絡がありましたが

Y.H.は12月下旬には船橋市より新しい猫を譲りうけていました。
すでにカール君とジェリーちゃんはいなくなってたと思います。

これまでの情報によると Y.H.に譲渡された猫はみんな行方不明
になっています。※短期間で猫が変わっています。
 
いなくなったジェリーちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

いなくなったカール君
クリックすると元のサイズで表示します

Y.H.に猫を飼いたい理由を聞いたことがありました。
その返事は

「私にとって猫との生活は欠かせないことです。
 癒し、癒され、仕事やプライベートで悩みがあったときにも、
精神的に数かぎりなく救われました。」
 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ