●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2008/2/24

虹の子 in 真駒内養護学校  活動の様子(プログラム)について


2月24日(日)、真駒内養護学校の体育館をお借りして「虹の子」を楽しみました。
あいにくの昨日からの大雪で、体育館の玄関がすっかり雪の中に埋まってしまうほど。
皆さん足もとが悪いので、参加が難しかったのではないでしょうか。参加されたのは3組のご家族で、5名のお子さんとゆったり楽しく過ごすことができました。
体調を悪くされた参加予定のお子さんもいて、やっぱり札幌の冬は厳しいなあと思いました。さて、今回の活動を順を追って紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
タイトル画像にもあるように、今回は女の子ばかり5名の参加で、フリームーブメントではトランポリンにデコレーションボールをばら撒いて、飛び跳ねる様子や、踏んだ感触を楽しみながら、トランポリンを楽しんでみました。また、10まで数えて跳ぶなど、テンポや回数などにも意識を傾けるようにかかわってみました。

そのあとパラシュートで風を起こして楽しんだり、10数えて舞い上がらせたりして、遊びました。小さいお子さんが多かったので、大人の皆さんには背を低くしてもらって、大変だったかもしれませんが、子どもたちは大喜びでした。

クリックすると元のサイズで表示します

続いてのプログラムは、次の記事で紹介します。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ