●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2005/4/27

4月のプログラムについて  ムーブメント教育について

わにくんさん、かるのさん、コメントありがとうございました。
今年度もどうぞよろしくお願いしますね。
毎月楽しみにしてもらえるようなプログラムにするよう心がけます。


では、4月23日のプログラムについて、詳しい説明や当日の様子を
お伝えしたいと思います。

今回のプログラムでは、課題に『3原色(赤、青、黄色)』意識しました。


プログラムC『カラーボール集め』は、いつものように
カラーボールとカラースカーフを使った課題ムーブメントにしました。
散らばったカラーボールを子どもたちが袋から取り出すムーブメントスカーフの色と
マッチングさせて集める活動でした。
ムーブメントスカーフの色とカラーボールの色は若干発色が違いますが、
赤、青、黄色は子どもたちに身近で分かりやすい色です。
スカーフを袋から引き出す係りになりたい子どもの方が多かったりと、
興味関心の対象は個別に色々ですが、今回は素手で拾うようにしたので、
年齢に関係なく、一人一人のスピードで活動できていたようです。


プログラムD『カラーリングめぐり』は、聴覚刺激を合図に、
カラーリングとムーブメントスカーフを使った課題ムーブメントにしました。
約束事を一つずつ増やしていく展開方法で、進めました。

最初の約束は「曲のリズムに合わせて、カラーフープを踏まずに歩く」で、聴覚、視覚と運動の組み合わせでした。この段階では人と違うコースを歩くということが難しいようです。
自然に誰かの後を追って歩くことになるので、「他の人と違うところを歩いてみましょう」などと声をかけると、子どもたちは嬉々として探検を始めます。

2番目の約束は「白い線から外へ出ない」で、位置を意識することをねらいました。
床の線を意識しながらぶつからずに歩くことは、視野の狭い子どもには難しくなり、顔が真剣になる子もいます。

3番目の約束は「曲が止まったらその場に座る」で、聴覚刺激を意識することをねらいました。
不安の大きい子どもは行動そのものがゆっくりとなったり、いつ止まるのか気になって立ち止まる場合もあります。聴くことと歩くことを両立させるのは、意外と難しいことのようですね。

4番目の約束は「曲が止まったら動作を止める(ポーズする)」で、動作の調整(静止する)をねらいました。
本来の目的は曲が止まった瞬間に動作を停止することなのですが、余裕のある子どもは周りにアピールするポーズを作ります。そこには自己表現力や創造性も加わってくるので、おもしろいですね。

5番目の約束は「曲が止まったら、提示されたスカーフの色と同じ色のカラーリングに入る」で色を意識することをねらいました。
スカーフの色を見ても、自分の好きな色に入ったり、自分は入らずに他の人に入るように勧める子どもも少なくありません。集団行動の中では、その子どもの特性や考えが特に見えてきますね。

最後は「どの色でもよいからカラーリングに入る」と言うことで、3色のカラーリングのどれかに入り、次のプログラムのチーム分けにつなげました。

後半のプログラムについては、後日引き続き掲載します。

1

2005/4/24

2005年の虹の子がスタートしました。  活動の様子(プログラム)について

2005年の虹の子がスタートしました。
申し込みの段階で20組の親子が参加希望ということで、
嬉しいスタートでした。
今回から私自身が会場の北海道札幌養護学校もなみ学園分校の部外者となったことで、
色々と周りの方々に協力していただき、心から感謝、感謝、です。


23日当日、体育館には約60名ほどの参加者、協力者があり、
にぎやかに、楽しく活動することができました。
事故なく終了できましたことに、重ねて感謝いたします。


では、4月23日虹の子のプログラムを紹介します。

プログラム@ぐるぐる目玉焼き
パラシュートを使ったファンタジームーブメント

プログラムA飛んでけパラシュート
パラシュートを使ったファンタジームーブメント

プログラムB飛び出せポップコーン
パラシュートとカラーボールを使ったファンタジームーブメント

プログラムCカラーボール集め
カラーボールとカラースカーフを使った課題ムーブメント

プログラムDカラーリングめぐり
カラーリングと音楽とカラースカーフを使った課題ムーブメント

プログラムEカラーリングはこび
カラースカーフとカラーリングを使った課題ムーブメント

プログラムFポッポー貨物列車
カラーロープとビーンズバッグとシンボルマークを使った課題ムーブメント

プログラムGわっしょいパラシュート
パラシュートを使ったファンタジームーブメント

各プログラムの詳細は、後日掲載します。

0

2005/4/2

4月の活動案内です  『虹の子』について

ムーブメント遊び集団『虹の子』4月のご案内
私事ですが、この4月より職場が異動になりました。特殊学級の担任として北広島市へ赴任いたしました。これまで同様、北海道札幌養護学校もなみ学園分校の協力をいただき、虹の子の活動を続けます。どうぞよろしくお願いいたします。
<活動日時> 4月23日(土)13:30〜15:30です。
 (午後のみの活動としますので、時間にゆとりを持ってご参加ください。)
<会場> 北海道札幌養護学校もなみ学園分校 体育館で行います。
 (札幌市南区石山東3丁目4番1号)
<内容>親子でのムーブメント遊び
 (保護者代行の方、ガイドヘルパーさんなどを利用されての参加も可能です。) 
<申し込み・お問い合わせ先>
 参加者全員のお名前、緊急連絡先(連絡方法)をメールかファックスでお申し込みください。
 (メール)m21forest@aol.com
 (ファックス)011−695−0648 
 北広島市立大曲東小学校 教諭  森 正人 宛て
 (日本ムーブメント教育・療法協会【JAMET】認定ムーブメント療法士) 

★飛び込み参加でも大丈夫ですが、事前に確認できる場合は前日までにお申し込みください。
★活動スタッフを募集しています。ムーブメント教育に興味のある方、連絡お待ちしています。
★虹の子への参加費はいただいていません。お気軽にご参加ください。
★安全面の配慮はいたしますが、不慮の事態については保護者の責任で対応をお願いいたします。

<今後の活動予定>
★毎月20日前後の土曜日に活動する予定です。

0