●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2007/12/27

今年最後の虹の子 in りんくる  活動の様子(プログラム)について

12月26日水曜日、午前10時から11時半まで、石狩市の総合保健福祉センターりんくるの活動室をお借りして、今年最後の虹の子を楽しみました。

参加者は1歳から6年生まで、約30名ほどの子どもたちと、保護者の皆さんでした。
りんくるの子ども発達支援センターの先生方の協力を得て、今回も賑やかに楽しく活動することができました。

簡単にプログラムを紹介します。

フリームーブメントでは、大きなポリエチレンの袋が数枚あったので、切り開いて自由に遊んでみました。
そり遊びが人気で、会場のフローリングの上をすいすいと滑って遊びました。
次は・・・

続きを読む
0