●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2008/10/18

虹の子 in 余市町  『虹の子』について


●本日10月18日(土)余市町総合体育館にて、ムーブメント遊びを楽しみました。この活動は教育委員会のウィークエンドサークルという事業の一つで、余市町内の小中学校特別支援学級、余市養護学校の子どもたちと高校生のボランティア部員が交流する企画でした。
●参加者は約60名で・・・・・
続きを読む
0

2008/10/6

飛び出せポップコーン  活動の様子(プログラム)について


●10月4日のプログラムで、いつもの「飛び出せポップコーン」を楽しみました。このプログラムでは、視覚的にファンタスティックを楽しむポイントがあります。経験者は思わずうなずいているでしょうが、大人も子どももカラーボールが舞い上がる様子に・・・

続きを読む
0

2008/10/5

虹の子 in 北海道クリスチャンセンター  『虹の子』について


●10月4日(土)、JR札幌駅西側の北海道大学生協お向かいに位置する、北海道クリスチャンセンターhttp://www3.ocn.ne.jp/~soudann/link03.htmへ虹の子スタッフの千葉と二人でお邪魔しました。一度拝見したいと思っていたところ、家庭福祉相談室での療育活動を担当されているF先生のお誘いで実現しました。今回は、毎年行われているご家族でのレクリエーション行事でムーブメント遊びを楽しんでみたい…
続きを読む
0

2008/10/1

虹の子(9月27日のつづき)  活動の様子(プログラム)について


●虹の子ではこれも定番の歌遊び「とんとんとんとん、ハイどうぞ」を楽しみました。このプログラムは、輪になって座り、リズムに合わせ遊具を操作して、指定された方向の相手に「ハイどうぞ」と遊具を手渡す遊びです。
●とても簡単なルールですが、
続きを読む
0

2008/10/1

あるお母さんの感想  ムーブメント教育について

クリックすると元のサイズで表示します
●先日、真駒内養護学校での虹の子に参加されたH君のお母さんから、丁寧な感想メールをいただきました。なかなかじっくりと感想をお聞きする時間のないまま、虹の子は回を重ねてきました。顔が赤くなりそうなお褒めの言葉もあり、かなり恥ずかしい思いもあるのですが、紹介させていただくことにしました。
●お名前などは控えさせていただきますが、こころよりお礼申し上げます。ありがとうございました。以下がいただいた感想メールです。^-^;

●こんにちは、Aです。先生、先日の真駒内でのムーブメントお世話になりました。楽しかったです。ありがとうございます。幼稚園ではほとんど参加しない、(私が知ってる限り見たことないです)T君が楽しそうに「ひげじいさん」の小袋回しをしているの<★ビーンズバッグのうた遊び「ハイどうぞ」>を見てびっくりしました。サマーセミナーで参加出来ずに途中帰ってしまわれ、残念そうにしていたお母さん。でも、必ず参加出来るから大丈夫って言ってたよと伝えて励ましていました。嬉しそうに回してる姿を見て涙が出てきました。本当に良かったな〜と思いました。こんなに早く効果が出るのは、ムーブメントだからでしょうか。凄いですね。びっくりです

●我が家も今回は家族で参加させて頂きました。普段、幼稚園でも父親が参加出来るものは、運動会ぐらいですから私があれこれ伝えなくても、子供たちの様子を理解する事が出来てこういう機会に恵まれ、とても有り難いです。会場を借りる事や、内容を決めたり、後片付けなど、休みをつぶして毎回開催して頂き有り難うございます。本当に頭が下がります。
先日から先生のHPのアーカイブを古い順から一つ一つ読んでいます。とても、ためになります。先生って凄いんだな〜とまるで私も小学生になって感心しました…ピアノもさりげなく上手で 先生という仕事が素敵に見えました。

●今日キタラで幼稚園の行事「ベルコンサート」がありました。Hたちは3つのベルを演奏しました。動きがぎこちなく1音遅れますが遅れる事をわかっていて次の音のベルを素早く用意して合わせて演奏してました。身体がついていかない不自由さがわかっているのか、なんとかしてあげたいです。動きが遅いHにとって音楽と運動って良いのかもしれないな〜と思いました。前回の真駒内での動きも、苦手な動きや情緒など、よく観察出来ました。そうやって、身体のどの部分を使うか見るのは、とても奥が深いですね。今月は開催が難しいとか〜次回楽しみにしてます。金子先生にもT君の事伝えて下さい。よろしくお伝え願えればと思います。有り難うございました長くなり、すみません。では〜 また次回まで〜さようなら。m(_ _)m
1