●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2010/12/12

虹の子 in 共和町(12/11)  活動の様子(プログラム)について

クリックすると元のサイズで表示します

虹12月11日(土)、後志管内共和町にある「ほくでん体育館」で虹の子を開催しました。この活動は、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」の依頼で毎年行っているものです。

 会場は、北海道電力泊原子力発電所の環境センターなどが建ち並ぶ一角にある、とっても素晴らしい体育館です。

 久しぶりに再会した子どもたちは、すっかり青年になっていたり、伸び盛りの小学生は私と同じくらいの背丈になっていたりして、驚くばかり。保護者の皆さんや岩内高等学校のボランティアさんと先生たちにご協力いただき、楽しくゆったりと活動することができました。

 今回は私と妻のスタッフ2名でうかがいましたが、20数年前に毎日見ていた景色を久しぶりに懐かしく眺めてくることもできました。

 では、詳しい活動の様子は右下の「続き」をクリックしてご覧ください。↓
続きを読む
2