●虹の子は、JAMET(NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会)北海道支部としてムーブメント教育・療法を紹介しながら、子どもたちの発達支援、ご家族の子育て支援を目指した療育活動や余暇活動を提供しています。 ●これまでの活動では、北海道真駒内養護学校相談支援部、石狩市こども発達支援センター、北広島市手をつなぐ障がい児者親の会「りんごクラブ」、北広島市子育てサークル「ムーブメント・レインボー」、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」、北海道クリスチャンセンター福祉家庭相談室、岩内町障がい児親の会「ぶどうの会」、余市町教育委員会ウィークエンドサークル事業、北海道室蘭養護学校PTA親子レクリエーション活動などとのコラボレーションで、ムーブメント教育・療法活動を計画実施して参りました。その他各地での出前活動、研修会の開催などもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

2013/11/3

嬉しい感想いただきました!  『虹の子』について

クリックすると元のサイズで表示します


虹10月27日(日)、えべつ子ども支援サークル「にじのこ」の皆さんとムーブメント遊びを楽しみました。その様子をFacebookのアルバムで紹介したのですが、初参加された男の子お二人のお母様から、大変うれしい感想をいただきました。
 
 虹の子のHPで紹介させてほしいとリクエストしたところ快諾くださったので、ご紹介します。素敵な感想を本当にありがとうございました。これからも、ゆったり楽しく、ムーブメント遊び集団「虹の子」を続けていきます。

 では、いただいた感想メールです。\(◎o◎)/!

虹ありがとうございました

HP見ました。
素敵ですね♪
そして…ほぼ毎週末どこかで活動されていて…ただただすごい!の一言です。

子どもたちに聞いたら「また行きたい♪」と言っていたので、おことばに甘えてまた参加させてください。

最初は初めての場、知らない人ばかりで緊張気味でしたが、何か楽しそうだな〜というのは感じたようで、うちの子にしては早く場になじんでいました。
自己紹介では、お手本のSちゃんの次に次男!
できる?と森先生に聞かれ、泣くか?固まるか?と思ったら、力強くこくんとうなずき、母びっくり。
お返事して、手パチンしながら「こんにちは!」って言えてて、さらにびっくり。
続いて長男。
表情は硬いものの、無難に返事&手パチンして戻りかけ、森先生に「はい、こんにちは」って言われて、は!僕、言うの忘れた!という心の声が聞こえてきそうな顔になっていました。
じゃあ、あとから言うかというと、それは難しくてそのまま座る。
でも他の子もこんにちはと言うのを忘れている&別に言わなくても何もおこらないし、他の子も楽しそうだし、気にならなくなったようで、自己紹介が進むにつれ表情が和らいでいきました。

森先生のことばや動きを見ながら、おしぼりを使って体を動かす場面では、とても楽しそうに、むつかしいな…ってつぶやきながら頑張ってました。
バルーンで飛ばすのは、よだれが出そうなくらい大きな口を開けて喜んでいました。

森先生が「何秒で次は落とせる?」との問いに、それはないでしょ、という答えを言ったり、20秒と言えば無理と返したりしていたので、どうするんだろう?と思ったら、1秒!と度肝を抜くことを森先生が言ったことで、ちゃんと妥当な秒数が子どもから出ていて、さすがだなー、と思いました。
また途中でおしぼりを追加し、なくなったはずなのにいっぱいになった時には「17秒ね」みたいに、入れる前の秒数を言い、静かに「はい、おしまい」とするするすると片付け次の活動に入っていき、いなし方かわし方も勉強になりました。

自分ともう一人にざぶとん渡し、それでもない人にざぶとんを渡すって、ちゃんと周りを見て気づかないとできないから、しかも渡して喜ばれるし、いいなって思いました。
うちの子たちは、まわりも見ず、座りっぱなしでしたけど。
でも、お兄ちゃんたちがざぶとんを渡している姿を見ていたから、目で学習してくれたかな?

全員で行う活動のほかに、みんなで一人がやっているのを見る場面もあり、また、端から順番に出番ということではなく、やりたい人から順番に、一人じゃ恥ずかしかったら二人で、
やらないで見ているだけでもいいよ、というあったかい感じが素敵でした。

サーキットでは、いつも並んだ時には一番後ろかブービーの長男が、前から二番目にいてびっくりしました!
たくさん説明していたのに、ちゃんと森先生の話を聞いてロープではくるりんとしていてえらかったです。
また最後の同じ色のフェルトの上を飛んで動く場面では、また青色を選んでいて、大ジャンプして、さっきみんなから「おー!」って言われたのが嬉しくって、また青にしたのかな?と思いました。
次男は最初長男の後ろからついて行ったのですが、間に一人入られ、気づけば後ろから二番目に動いていて、泣かずに並びなおしたんだなー、と成長を感じました。
二人とも汗だくになって楽しんでいました。
母として子どもの成長を感じることができ、またあったかい支援の仕方を学ぶことができました。
感謝の気持ちを感想にしてみました。
本当にありがとうございました。
4