2013/1/31

暴力・・・  
 柔道で暴力・・・それも日本代表チーム・・・。自殺者が出た前回の高校の話しといい・・これは氷山の一角に過ぎないはずだ。これからまだまだ出てくるだろう。
 合併して入った和○連で一番腹が立ったのが幹部達の恐喝するような怒鳴り声だった。まるで暴力団である。何度もむかむかした気分になった。情け無いと思った。手こそ出してはいないが言葉の暴力である。子供達を威圧して何が得られるのか・・・はっきり言って能力の無さを脅して誤魔化しているに過ぎない。アホな連中だった。
 『俺が教えてやった・・・』『俺が育ててやった・・・』そう思う指導者は三流である。一流の人格のある指導者はそんなことは一言も言わない。プレーをするのは本人である。プレーヤーの持っている能力と努力である。コーチはそれを引き出すアドバイザーなのである。主役はあくまでもプレーヤーでありコーチは縁の下の力持ちに過ぎない。そのコーチが恫喝し暴力をふるって主役を育てられるだろうか。
 注意したり叱っても直らないのであるならば・・・みんなの和を乱すのであるのならば・・・出て行ってもらうしかない。それ以上は・・・それこそ暴力となってしまう。このチームはみんなが笑顔で楽しんで活動するのである。それを邪魔する者は排除していくしかない。例え怨まれても・・・である。
 人が集まり上手く力を合わせたならそれはとてつもないことが出来る。しかし、人が集まることはそれだけ多くの考えもあるということである。それぞれが我を出してしまったなら・・・人が集まる利点は何も無くなってしまうのである。
 『自分の子だけは新しい衣装にしてほしい・・・』古めかしい衣装を着せていた頃だったが、そんなことを言った親がいた。・・・『自分の子だけ・・・』ビックリした。・・・それも暴力に近い。
0

2013/1/30

コレクター・・・  
 見本のバチをみんなに手渡し一人一人の希望を聞いた。手に合わせた溝付けは一人一人ばらばらとなり大変な作業となる。これだけは遠慮することにした。しかし・・・お姉さんはこれを狙っている。
 低学年には『短いサイズにお願いするよ。』言ったのだが彼らは『みんなと一緒・・・』と思っているようだ。二人が軽いヒバ材をチョイスした。その一人はバチのコレクターなのである。6年生になるのだが1年生に与えたバチを今でも持っている。そのバチはコクタンか?と思う位に黒光りしている。それを少し前まで練習に使っていた。それを見て『もうお前の身体に合わないよ。新しいバチを使いなさい。折れたら補充してやるから。』そう言ってやっと長いバチを練習に使い出した。毎年補充するバチ全てを大切にしている。彼の狙いは今持っている物と違う物・・・コレクターの狙いか?
 今日の練習は5人が休んだ。土曜日の練習で休んだメンバー達の希望を聞いておじいちゃんに連絡したい。・・・私も一本・・・。
 寧○は休んだが、6年生になる二人に今年の運動会の準備をしていくことを告げた。雄○はすごい張り切りようである。何年前からだろうか?・・毎年の運動会で6年生のメンバーがグランドのど真ん中で5・6年生のよさこい踊りの前に演奏するのである・・・それはまさしく晴れ舞台である・・・格好いいのである。今年は3人、この時期から準備をして自信を持たせたい。小学生最後の思い出となる大イベントである。・・・いい目標である。
 寒いこの時期だが、一番大切な時期なのである。新学期に入るとそれぞれが新しい生活に替わる。部活も活発となり太鼓どころではない。そんな時期に負担となることは出来ない。新学期までに曲を覚え技術を上げておく。運動会の演奏も準備しておけば彼らの負担はずっと少なくなり余裕である。・・・章○が『6年生になったら俺はやるよ・・・』・・・頼もしい。後輩達の目標となっている。
 
0

2013/1/29

話に花が咲いた・・・  
 宿題の新年の抱負・・・『今年は入賞したい!』『ソロ曲をマスターしたい!』『少しでも多く曲を覚えたい!』・・・みんな前向きな抱負だった。新年会のビンゴゲームはジュニア役員が進行を務めた。カードのチェックは念入りだった。
 J○ストアーに頼んだ料理は殆ど空となった。調度いい量だったが何人かが休んでいる。出費は去年より少し増えた程度であった。・・・様子が解り来年の参考になった。
 後片付けは子供達・父兄達・・・全員であっという間に終わった。そして大人達の二次会・・・話に花が咲き愉快な夜となった。その話題は『あの子が、どの子が・・・』と子供達の成長したことが多かった。それだけ子供達のことを親身に思っているのである。まだまだ発展途上のコーチ達だが、その気持ちは一級品の指導者である。・・・そんな彼らを批判することは決して許さない。
 総会の前に、寧○・ぜ○のおじいちゃんがバチを贈ってくれる話しを、先日いただいたメールを紹介しながら報告した。孫がお世話になっている・・・それだけでなく同じ様な活動をしている仲間であるということを知らせたかった。
 何をしてくれたから・・・何を寄付したから・・・それで分け隔てをする様なことはしない。どの子も、どんな環境であろうと同じ気持ちで彼らと付き合っていく。良いことは誉め、ずるする事は叱る・・・励まし、力を寄せ合ってみんなで成長・進化していく。
 私が言うのもなんだが・・・うちのスタッフは大好きである。そして素敵で頼もしい・・・。
0

2013/1/28

成長すること・・・  
 生き生きと伸び伸びと・・・いつも笑顔が絶えない・・・そういうチーム作りが目標である。もちろん大好きな太鼓を通じてである。練習が楽しみでそして安心して行ける場所に・・・その中心に難しい顔をして、威張っている人間がいたならば・・・そんなチームは作れない。
 会長は・・・そんな人間だった。いつも笑顔で見守り、いつも褒めてくれた。裏が一つもなく、彼がいるだけでみんなが安心できた。・・・ただし、いい加減さも一杯あったが・・・それもいつしか愛嬌にもなった。彼がいなくてもチームの運営には支障はない。しかし、その存在感は別物である。
 去年のコンクール・・・一番成長したのはコーチ達である。その成長が子供達を成長させたのである。これが一番大切なことなのである。もちろん・・・私も成長していると思うのである。それはチーム全体が成長したといえる。
 チームの大人達は本当に優しい人間達である。チームの子供達はそんな大人達に見守られて活動しているのである。その気持ちは必ず子供達に伝わっているはずである。しかし、そうならないケースもある。子供達にとって一番影響されるのはその子の親である。我々の役割はあくまでも他人のおせっかいかもしれない。しかし、そのおせっかいが彼らを育てることにも一役かっているはずである。 新年会は盛り上がった。みんな楽しんでいた。それは大人達も・・・。新たな意欲を作れたセレモニーとなった。
 目標を持ちモチベーションを作る・・・。それはチームではない。個人それぞれが持ってそしてチームとなる。そういうチーム作りが大切だと思っている。去年のキャンビーへというチームの目標は個人の目標へとはならなかった。逆にそれが原因で去った子がいたかもしれない。・・・それも一つの・・・成長である。
 
 
0

2013/1/27

総会が終わったが・・・  
 本人や家族がインフルエンザや風邪を罹患・・・5人が欠席した総会・新年会となった。
 役員改選では会長のダダが・・・意思がいつになく硬く・・・私の肩書きについている代理という文字を無くさざるを得なくなった。・・・といってもやることは今まで通りなのだ。お姉さんが『何て呼べばいいの?』・・・それも『今まで通りでいい・・・』
 肩書きで活動をしている訳ではない。今更肩肘を張って・・・とんでもない。責任・・・それもきっちりとやってきた。挨拶回りや他団体との付き合いも同じである。メンバーにも、もちろん替わらない。『のぶちゃん!』「たか○たさん!』と呼んでくれればいい。
 ・・・ただ上にワンクッションがあったことは非常に心強かった。そして・・全面の信頼を得ていた。それは・・・思い切ったことをやれた源である。
 栗沢太鼓には、この会でしか作れない独特の暖かさがある。ギスギスした所がまるでない愛情にあふれたチームなのである。それはそういった人間が集まった集団だからである。・・・いや、そういう人間しかいられないのかも知れない。不平不満の持った者、我の強い者はこの会には似合わないのである・・・。
 3月で高校に進学する子が『この3月で太鼓をやめます・・』とみんなの前で伝えた。彼には『農業祭に遊びに来い・・・』そしてみんなには『いつかはみんなにもそういう時期が来ます。喧嘩別れする様なことをせず卒業していってください。』と伝えた。
 来る者は拒まないそして去る者は追わない。・・・しかし、発つ鳥あとを濁さない・・・そんな子が少ない。一緒に太鼓をやってきたのである。どこかで再会したならば・・・笑顔で挨拶できる。そういう関係でありたいのだが・・・。
0

2013/1/25

明日は総会・・・  
 いよいよ明日は総会である。天気もこの近辺はそんなに荒れそうに無さそうだ。
 市長が出席してくれたり、バチの寄付の報告、子供達には宿題の新年の抱負を一人一人発表してもらう。その後の新年会は景品を持ち寄ってのビンゴゲームである。この進行はジュニア委員に担当してもらう。・・・今年は和気あいあいの楽しい新年会であってほしい。
 ジュニアの委員は今の3人の中学生の他に4月から中1になる5人から二人、そして小学生からは6年生になる3人から二人を選出してほしいと前回の練習で話してある。役員を選出しても今まで彼らに仕事を与えたことは余りない。下の子達に太鼓を教えてやってほしい・・・という位だった。・・・毎回の練習後にモップがけがある。その順番でも決めてもらうか・・・。
 堅苦しい活動にはしたくない・・・ルールで縛られない活動にしたい。その方針は変えたくない。信頼を前提にして彼らと付き合いたい。しかし、その自由を・・自分勝手でも・・・そういう行動をした連中がいた。その子達にはやめてもらった。そういう行動を黙認したならば、彼らの後輩達も同じことをするだろう。それよりも、すでに彼らには意欲は失っていたということである。彼らは上級生なのである。・・・その影響は大きいのである。思春期という難しい時期・・・束縛されることを嫌い自己主張をしたがる。自由ならば・・・そういう方針を逆手に取る・・・注意し叱ったなら・・・反抗心となる。これでは手に負えない。
 しかし・・・大変身する子もいる。そんな影響する子がいなくなった途端、彼は別人となった。明るく積極的にそして後輩達にも目を配る・・・ビックリする様な変身だった。
 クビを継げたその子・・・今だ会費も・・・衣装も持ってこない・・・。
0

2013/1/24

新市長・・・  
 総会に新市長が出席するという連絡を会長から受ける。監査は総会の3時間前に行うことになった。オードブル等の発注を確認する。その他の必要な買い物は監査の間にお姉さん達がやってくれる。・・・準備万端なのだが、新年初打ちと同じ様に天気は大荒れという予報である。・・・『のぶちゃんが何とかしてくれるでしょう。』・・おいおい、それは偶然だよ。
 新市長との接点はまるでない。どんな人物なのかもわからない。総会で品定めである。・・・前市長は合併の年に総会に現れた。合併してから会場費の負担にあえいでいた。その事を嘆願した。『安く使えるようにします。』とメンバー達や父兄・来賓の前で確約した。・・・ところがギッチョン・・・何も出来ない大風呂敷を広げていったのである。そのバカ市長は・・今では国会議員である。世も末である・・・。
 あれ依頼、この市への信頼感はまるでない。そして市を網羅する和○連がまたいい加減な団体だった。これにも驚いた。・・・どいつもこいつも上辺だけの格好ばかり、信頼する人間がまるで見えてこなかった。それは今も変わらない。信頼をもてるのは町内の人脈である。新市長とはこの総会を契機に繋がりを持ちたい。どんな形でもいいから・・・。
 行政を利用して・・・美味しいことを得ようとは思ってはいない。しかし、我々の活動は理解してほしい。どこかのチームの様な見栄や張ったりなどではない。地道にコツコツと活動すること・・それが地域の活力となりメンバー達を育てていくことになる・・・そういうチームであることを・・・。
 天気が心配だ・・・。 
0

2013/1/23

心が豊かに・・・  
 見本に作ってくれたバチを兄弟のお父さんが持ってきてくれた。2種類の材質と滑り止めの溝を入れてくれているもの・・・材質も上質である。プロが作った本物のバチである。メンバー達の技量にはもったいない・・・代物である。
 過去には、1年生で入ってきた子達には100円ショップで麺棒を2本買って与えた。それでも喜んでいた。・・・この代物はそれこそ大切な出番に使わなくては・・・。
 コーチのお姉さんはオリジナルの細工を・・・と目論んでいる。・・おいおい・・あんまり甘えるなよ・・・。
 軽いヒバ材は平台の胴太鼓にはウエイトが無く打ち返されて負けてしまうだろう。しかし、少し太くして小学生達が打つ2尺の大締太鼓の横打ちに向いている・・・ひとりごと・・・。
 バチは打つ太鼓に合わせるのが基本である。そしてプレーヤーの好みや力量で選択される。小さな小締太鼓は細いバチでなければその太鼓を壊してしまう。大きな大締太鼓はそれなりの太さが必要だ。しかし、プレーヤーのパワーがなければバチに・・太鼓に・・負けてしまう。自分の力量に合ったバチの選択である。しかし・・・バチは高価なものである。子供達が自分の小遣いで買えれるものではない。太鼓に合い、そして彼らに合ったバチを選択し提供する・・・大切な判断なのである。
 今週の土曜日に総会がある。その場で、この見本のバチを見せて今回の経緯を伝える。会長や来賓や父兄達にもお伝えしたい。
 おじいちゃんの好意は遠慮なく甘えさせてもらう。・・・心が豊かになれる・・・そんな出来事だと思う。・・・感謝したい。
0

2013/1/22

総会近づく・・・  
 先週の練習にお姉さんが現れず、今週末となった新年会のオードブルなどの準備を相談できなかった。上級生の女子組が離脱し自前でオードブル作り・・・その意味が薄れた。安く上げる意義はほんの僅かなのである。彼女達の勉強でありコミュニケーション作りが大きな狙いだったのである。
 JAのストアーにオードブルを仮予約した。二・三日前に人数を言うようにしておいた。あと飲み物やコップ類等の足りない分はその日でも何とかまかなえる。お姉さん達の負担も少なくした。その分、来年の会議費の予算を少し膨らました。
 総会は組織活動の中で一番重要な会合なのである。会員の総意でこの組織は運営される。総会が無ければ何も事は起こせないのである。役員の選出、事業・財政の執行・・・会員の殆どが子供であろうと、児童会や生徒会と同じ様に彼らと一緒にこの会は運営されるのである。
 我々の会は習い事ではない・・・それがこの組織運営にある。我々は彼らの先生ではない。歴史の中で少し前に生まれ、太鼓を習い極めた・・・彼らの先輩であり先駆者なのである。後輩達を育て一緒に成長していく。ただ太鼓を教え伝えるだけでなく、社会の中での道理や常識も伝えていかなければならないのである。・・・それが我々の会なのである。一方的な習い事とはまるで違うのである。
 太鼓集団の中には師という絶対の存在となる人を中心の組織もある。組織活動はその成り立ちで様々な形で存在するのである。それを一色単にしてしまってはならない。他の団体を批判することはご法度である。彼らは彼らなりの運営をしているのである。そして我々はあくまでも会員の集まった組織ということである。
 総会は我々の会の事始である。一番大切なのである・・・去年の様な・・・事を起こされては許せない。
 
0

2013/1/21

バチの見本が・・・  
 寒波がようやく去って家やガレージ・納屋の屋根に積もった雪が落ちた。市内で屋根の雪下ろしで雪と一緒に落下・・・一人亡くなっている。ここ3年の大雪で・・・何人もの犠牲が・・・屋根には上がりたくない・・・少し安心した。でもその雪の片づけが・・・。
 バチをプレゼントしてくれるおじいちゃんからお母さんに『見本を送る・・・』というメールが・・・それが転送されて来た。数日中に届くようである。メーれにはその見本が写真撮影され・・・詳しく説明も・・・その一本には滑り止めの溝が彫られた物も・・・丁寧な仕上げのバチである。・・・これはみんな喜ぶ・・・。

 クリックすると元のサイズで表示します
 今週末の総会でみんなに見てもらう。溝つきを見て贅沢な注文をするやからがいるかも・・大切な一品になりそうだ。・・・ありがたい。 
0

2013/1/19

本当の醍醐味・快感を・・・  
 短パン・・・半そで・・・裸足・・・こいつらどうなってるの?・・ブルル・・・
 小6以上のメンバーはそれぞれのソロ演奏を習得中である。今日は全員で『雄飛』を演奏出来るまでになった。見違えるような進歩をしている者もいる。・・・意識が変わりだしているのである。
 新人達が全員休みの小5以下の『豊穣』チームも、女子と男子の二組に分けてソロ演奏の練習に切り替えた。・・・張り切っている。みんなニコニコ顔である。春に小6となるのが○大・○華・○音の三人・・・恒例となった運動会の太鼓演奏を今年も彼ら三人でやってほしい。この冬からその準備を・・・まだ入会して半年の○音も一緒に最後の運動会に花を添えてほしいのである。・・・それはまたその下の後輩達にも影響を与える。・・・我々もと。
 コーチのアドバイスに耳を貸す・・・去年の今頃はうっとうしい顔で反抗丸出しだった。今の練習風景にそれが見えない。みんな笑顔で太鼓を楽しんでいる。ちょっと前までやる気の見せない者もいた。その同級生が変わってくる姿に触発されたか・・・練習する姿が変わってきている。
 今の練習はコンクールの時とは違い管理された練習ではない。あくまでも本人次第なのである。個人のソロの集まりのこの曲は、本人の実力次第となるのである。グループの演奏に紛れ込む今までとはまるで違うのである。彼らの本当の姿をさらけ出すのである。それは真剣にならざるを得ないということなのである。『適当』ではすまされないのである。
 それぞれの性格で・・・望む者もいれば、戦う者もいる・・・出来れば全員が負けないで・・・本当の太鼓の醍醐味・快感を味わってほしいものである・・・。
0

2013/1/17

決算・・・  
 口座の記帳を終えた会計から残高の連絡を受けた。大人の会員数名の会費がまだ未納なのだが帳簿を締めた。未納分は来年度の帳簿で処理する。毎年大人達は総会間際や総会で会費が納められる。去年はお金が無くなって義援金は総会の後で処理せざるを得なかった。仕方なく未納分も入れて決算書を作った。今年は何とかお金があるので総会までの練習の費用を加えて決算書を作った。会費を払ってくれるだろうなあ。・・・総会の費用ぐらいしか残金は無いのである。
 練習の会場費はその都度支払う。出演や保険・関係の負担金や衣装・修理・・そして会費の徴収と一年中お金は動き続けている。・・・いつもいる人間がお金を管理しないと会の運営がストップしてしまうのである。本当は会計にやってほしいのだが、事実上無理と判断して任せてもらっている。会計には口座の管理をお願いしている。
 30周年の記念演奏会を行って積み立てを崩さなければならないかと思っていた。空○太鼓連盟の協賛をお願いし無償で10団体が集まってくれた。その中にお祝いを包んでくれたチームが何チームもあった。お陰で崩さないで済んだ。・・・そのお返しはまたしなければならないのだが。ありがたかった。キャンビーがあったなら当然積立金にも手をつけていたのだろうが・・・。
 決して余裕があるわけではないが健全な財政状態である。保険となる積み立てもある。太鼓が破損したり・・いやコンクールで優勝・・・そんな時に蓄えがきっと生きてくる。合併の頃の自転車操業みたいな活動には戻りたくない・・・。市に支払ったあの会場費があったら・・・キャンビーへ行けたかも・・・?
 30周年が終わって目標を失っては何もならない。メンバー達が意欲を持てる活動を続けなければ・・・。
 
0

2013/1/16

戻りつつあるチーム  
 ミーティングで・・・二人の兄弟のおじいちゃんがみんなにバチをプレゼントしてくれる・・・そのことを報告した。みんなニコッとした顔・・・そして、一番うれしそうだったのは・・その兄弟二人だった。・・・『じいちゃんにみんな喜んでいると言っておいてくれなあ・・・』・・・また笑顔である。・・・じいちゃんが誇らしい。渡したビデオはすぐに送られるだろう・・・。
 メンバーのおじいちゃん・おばあちゃん達は栗沢太鼓の大応援団である。出演やコンクールにいつも駆けつけてくれる。・・・そしてその成長に目を細める。ビデオ撮影を頼んでも快く引き受けてくれる。そして今度はメンバー達のバチを作りたいと・・・うれしいサポーター達である。
 今日の練習で覚えられないと泣きべそをかいた者が・・・上級生二人が『○○が泣き出した。』と報告・・・『あいつか・・・あいつはすぐ泣くんだ。俺は二回泣かした。』・・・その上級生達は少し安心したようだった。帰り際に『お前今度何年生になるのよ?』・『四年生・・』・『何・・四年になるのに泣きべそか・・妹もいたよな?』・『いる・・』・『兄貴がそんなんでどうするのよ、しっかりせい・・・』・『でも仕方ない・・』・・・何とも情け無い兄貴である。この泣きべそ・・まだしばらくはありそうだ。
 お姉さんが風邪でダウン。『雄飛』組の上級生達が手持ちぶたさで何もせず・・・練習方法を指示する。太○と雅○が中心になってその方法で熱が入った練習となる。・・・これはみんなものになるいい兆候だ。上の者が下の者を育てる・・・みんな先生になっていくのである。・・・教えることは頭を使うこと・・それは自分自身の成長になっていく。一方的な教わるだけではチームワークは育たない。互いが助け合い、互いが競い合う。そういうチームに戻ってきている・・・。
0

2013/1/15

新年会・・・  
 天気はいいのだが昼間でも−7℃・・今日も寒い。午後からユン○の湯へ・・・背中は楽になりつつあるがまだ凝っている。半身浴中心で湯船で身体を温めそして脱衣所で冷ましながらストレッチ・・・それを数度、のぶちゃん式緊張緩和術である。・・・ここのお湯はよく温まる。床に就いても身体は温まっている。先日行った隣町のお湯とはまるで違うのである。・・・この方式で今年の冬を乗り越える。
 合併の頃から財政の状況が悪くなり、新年会のオードブルは、女の子を総動員してショッピングセンターで惣菜を買い込み手作りしていた。これは安く上げることも狙いだったのだが、彼女達の勉強とも思ってのことだった。しかし、そんな女子達が離脱してしまった。その下の女の子はまだ小学生である・・・まだ幼いか。今年はどうしようか・・・コーチ達に判断を任せているが・・多少費用が増えても・・・とも思っている。
 過去の総会はいくらかの会費を集めたが飲食店で行ったこともあった。新年会のビンゴゲームの景品も会費用で用意した。合併後はそれどころではない。以下に費用を抑えて・・・であった。ゲームの景品も各自一個を出してもらって経費を浮かしたのである。・・・これは逆に『何を出す・・・』ということにもなってよかったかもしれない。毎年・・・盛り上がる。
 総会まで10日余り・・・その準備もしておかなければ・・・明日の練習時に対策を・・・。
0

2013/1/14

迷惑な話・・・  
 毎日寒いので、外仕事は休み。税金や太鼓の年度替わりの帳簿の整理や総会資料・来年の会費の領収書(事務局・会計のお手伝い)など・・・パソコン作業を連日行っている。・・といってもあっという間に済んでしまう。だいたい目途がついた。今週末は町会の新年会・・・来週はチームの総会・新年会となる。
 コンクールのビデオがやっと届いた。本番はメンバーに付き添い、舞台の袖から見ているのである。観客や審査員がどういう風に見ていたのかをようやく確認できた。
 中学生が二人・・・後は小学3年生を入れた小学生達なのである。あの短期間でよくまとまったいいチームになったと思っている。特に・・後半の全員での演奏は夕○太鼓を髣髴するような同調感と迫力があった演奏だった。幼いメンバー達でも、練習方法や構成そしてチームワークでこんな生き生きとしたチームが作れたのである。・・・何よりも出演したメンバー達が目を輝かせた。そして応援に来た家族達が驚いた・・・。あらためてコーチ達に感謝したい。
 この一年で学んだことは一杯あった。・・・チームを導いていくには抱擁な気持ちだけでは出来ないことがあったということである。一般常識でことがすまない・・・そういうことがあるということをあらためて知らされたのである。これはとても心が痛んだことである。しかし・・・人の心を信じようとしても、それを裏切られたならば・・・それは決断をしなければならないということなのである。・・・それは本位ではないが・・・そうしなければならなかった。そうしなければ求めているチームとかけ離れていくのである。
 本人達がどう考えているか・・・これが一番大切なのである。父兄が望んでも彼らに意欲がなければ・・・お荷物なのである。場合によってはチーム自体を壊してしまうことにもなる・・・。
 預ければ・・・何とかしてくれる。それではこまる・・我が子を育てる責任は・・・親の役目である。それを転化されては迷惑な話だ・・・。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ