2008/1/21

息子はやっぱり小さかった  

昨日は、息子(小2)のサッカーの練習試合を見に行きました。

相手は「古河電池」というチョッと有名?なところでした。

でも練習試合なので、勝ち負けよりは、練習になったかどうか、精一杯頑張ったかどうか、が大事なところだと思うところであります。

だいたい、学年別で対戦していきました。
息子は、2年生の試合ではいつも通りによく走り、得点も何点か入れて生き生きと動いていました。得点が入る喜びも仲間と味わっていました。

午後からコーチのいたずらか(笑)、4年生のチームに2年生から3人だけ加えられて、パス廻しなど本格的な指導を一緒に受け、4年生同士の試合に息子も混じって出たのでした。

それは、彼にとっては、ノミのような心臓が張り裂けてしまいそうなぐらい辛い状況だったのかも知れませんが、親としては、なんで、そこでいつものように動けないのか?なんで、気持ちが切り替えられないのか?もどかしく、ビデオを撮りながら、エールやイライラをテレパシーで送ったのですが、最後まで届くことはありませんでした。

私が感じたところですが、3年生までは「好きなようにボールを追いかけてサッカーを楽しくやりましょう」的で、4年生からは、「スピードも出てくるし、役割を考えてパスをつなげサッカーらしくなっていく」傾向があるように思いました。

なので、息子は思うようにも動けず、迫力にも圧倒され、「狼の群れに迷い込んだ1ぴきの子猫」状態だったのでした。

他の2年生の2人は、しっかりした気持ちで精一杯動けていました。

息子のサッカー人生の第一関門は、精神的なこと、技術的なことを学び始める「4年生」なのか否か・・・

いずれにしても、寒い中、どんな形であれ、頑張り続けたのでえらかったと思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ