2005/11/28

意欲的な子供たち  

日曜日、「21世紀の森公園」に行って来た
公園にしては遊具がいっぱいあって結構楽しめる無料で遊べる場所だ
もちろんおとーさん抜きである

秋晴れの暖かい日曜日も最後であろうことからか、公園は芋洗い状態だった
長い滑り台もいろんな子供達がつながって滑ってしまうぐらい・・・
トランポリンのお山も人気で「おしくらまんじゅう」をするようにひしめきあっていた
息子と娘も、水を得た魚のように駆け寄って行き、周りの子をものともせず生き生きと遊んでいた

大人は周りの状況とかで総合的に判断して自分のやりたいことをあきらめたり、変えたりしてしまうけど、子供は目の前にある自分のやりたいことにまっしぐらでとても微笑ましく感じた

さて問題です
ウチのおとーさんは大人?子供?お兄さん?
0

2005/11/25

笑うしかない・・・  

おとーさんが子供たちに、ちょっと気になる質問をしていた
「お母さんの作るご飯で一番何が好き?」ときたもんだ

娘:「チーズー!」(自信満々に大きな声で・・)
おとーさん:「それって料理じゃないじゃん。」
息子:「卵でグルグル巻いたやつ・・・」(しばらく考えて、小さい声で・・)
おとーさん:「気を遣っていいやつだな。」(ニヤニヤこっちを見ながら・・)

全くもってヤル気をなくす・・・が今日も帰りが遅かったので
出来合いのパックを開けるおかーさんでした
ごめんよー
0

2005/11/21

ままごとなんだけど・・・  

娘(5歳)は、メルちゃんというお風呂に入ると髪の毛がピンク色に変わるお人形のお世話を優しくしている

オムツも取り替えている
お着替えもさせてあげている
ミルクも飲ませている
お風呂にも入れてあげている
抱っこして愛しそうにみている

そんな娘がご飯を食べないでいたら、おとーさんが・・・
「自分のことちゃんと出来ないんでは、お母さんになれないんだかんね!朝日はまだ子供なんだから!」と真面目に言っていた
0

2005/11/18

手あれと共に生きる  

手あれのひどくなる季節がやってきた
私は少々アレルギー体質のため「手あれ」と一年中付き合っている
空気が乾燥してくるとよく切れる
指だとばんそうこうでガードできるが手のひらだとガードができなく厄介だ

手あれの敵は、台所用洗剤、水、砂・・・すべてのものらしい
触らないで生きていけるわけが無いのであきらめているが
一回塗って治る薬があったら禁酒してもいい・・・

と思ったが、やっぱり「手あれ」と共に生きていこうと決意致します
だから、もう一本・・・プシュッ!
0

2005/11/16

焼いもにマーガリン  

私はマーガリンをパン以外の物につけることがある

焼きいもにマーガリンをつけるとおいしさが増す
はじめはそのまま食べて、途中からつけると「一度に二度おいしい」ということになる

子供の頃、よく使った技は・・・
あったかいご飯にマーガリンを混ぜて味塩をかける(基本形)
あったかいご飯+マーガリン+「ごはんですよ!」(ステップ1)
あったかいご飯+マーガリン+納豆(ステップ2)
という感じで、結構何にでも合うのである

私が編み出したとっておきの技なので、子供達には教えない・・・

運良くブログを見て、試してみておいしかったとしても、ニヤッと笑って心の中でかみしめてください


0

2005/11/14

アウトドア  

秋といえば「芋煮会」・・・
児童クラブで子供達と一緒に豚汁を作った
皮むきと切り方で約一時間、子供に覆い被さった状態で包丁に手を添えていた
気が張っていたので疲労は感じなかった
皆様のおかげで出来上がって、青空の下で頂いた豚汁の味は格別だった
今まで食べた豚汁の中で一番おいしかった
子供たちも次々におかわりをし、一人3杯ぐらい食べていた
大成功で良かった・・・

「人生楽ありゃ苦もあるさ」で楽しかったあとの代償は、次の日の腰痛と、その次の日の肩痛だった・・・
夫婦でサロンパスを貼り合うこととなる
「私は大丈夫」と思っていたが、とうとう無理がきかない体になってしまったようだ・・・若干35歳
0

2005/11/10

嘘、なのか?  

児童クラブで物がなくなる事件があった

人はなぜ嘘をつくのだろうか
嘘をついても別にかまわない
でも人に迷惑をかけたり、悲しませたりしてはいけない
いつでも訂正していいはず・・・
訂正する勇気をもって欲しい
ちょっとカッコ悪くても、人との信頼関係を考えたらそれでいいと思う
なぜ嘘をついておいてうやむやにしておけるのだろうか・・・

子供の嘘はすぐばれるが、警察のように取り締まらなければならないのか・・・わからないことだらけである
0

2005/11/9

動揺  

自分の中で処理できないことを聞いてしまったりすると
動揺し、判断力が低下する
判断力が低下すると、何もできなくなる
そこで、“適当に動いてしまう私”と“何もできなくなる私”
どっちの私が本当の私なのだろうか?
0

2005/11/5

秋の恵に感謝  

秋の行事は盛りだくさんで、「芋掘り」をしてきた
久しぶりに味わった、土の感触・・・
爪に入ろうが、手あれに染みようが、お構いなしの自分がいた
楽しかった〜・・・
もちろん子供たちも大きいのがとれると「先生、見て〜!」とあっちもこっちも大はしゃぎだった

保育園に戻って主任の先生に伝えた
「只今、戻りました。とっても楽しかったです!」
「誰が?」
「私が。」
はっはっはっはっはーーーー
0

2005/11/4

優しい義母と脳天気な嫁  

実家に久しぶりに遊びに行き、義母とわかり合えた
お互いの考えすぎによる誤解なので、話せばわかることだった
変な感情はなかったのに、期間をおいたため義母には心配をかけたようだった
怒ったり、笑ったり、泣いたりすることは、一生懸命に考えてくれているからできることだと感じる
息子と娘は、義母の化粧品で自分の顔をぬり描くなど、相変わらずのいたずらぶりだった
かえってホッとしたような・・・困ってしまうような・・・複雑な心境だった
なにはともあれ、良かった良かった、自然体がいいよね!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ