2006/3/3

シクラメン  

もうすぐ春だというのに、ウチのシクラメンの花がやっと咲いた。つぼみを持ったときから嬉しかったが、花が開いて嬉しい。いっぱいの花が咲いたらもっと嬉しい・・・

なぜなら、それはただのシクラメンではなく、4年前、旦那の車エブリーくんを買ったときに、おまけでもらった鉢植えなのだ。(金額的にはタダですが・・・)

はじめはたくさんの花が咲いているが、季節が変わると悲しいかな花も葉も枯れてしまうのだ。シクラメンの場合は球根なので逆に枯れなくてはいけなくて、水もあげないで眠らせてあげるのだが・・・または、ほったらかしにしておくともいう・・・

そして、9〜10月ごろになったら、再び球根に水をあげ始めるのだ。すると、葉っぱの赤ちゃんが現れ、ホントは冬につぼみが現れ、花が復活するのだ。

というわけで、佐川家に来て4度目の復活を遂げた頑張り屋のシクラメンなのである。植物は生き返ることが出来ていいなあ、と母を亡くしてから感じるようになった。

「枯れちゃったと思うでしょ?でもまた咲くからね、見ててね。」って教えてくれたのは母だった・・・
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ